FF

脊椎・脊髄、股関節、膝関節、手の外科、リウマチ等の諸分野で、指折りの整形外科医をそろえて診療にあたります、藤田保健衛生大学整形外科です。

治療内容のご案内 手外科班 ▼手外科班概要 ▼担当する疾患 ▼治療内容について  

 手外科班 概要 ▼手外科とは ▼外来担当医師

 手外科とは肩の下から手の指先までの全てを扱う分野です。これらの組織は骨,関節の周囲に筋肉,腱,靭帯,神経,血管が複雑なバランスを保って存在し上肢の繊細な機能を維持しております。手はヒトが進化する際に人間として生活する上で最も大切な臓器といっても過言ではありません。手の機能をいかに温存するか,あるいは失った機能をどのように再建するかが問われる分野です。そのため治療には専門知識や経験が必要とされます。当院は日本手外科学会専門医施設に認定されており, 手外科に関して経験を積んだ医師が診療させて頂きます。

 手外科で扱う疾患は大きく外傷(骨折,脱臼,筋・腱・靭帯損傷,切断等)と慢性疾患に分けられます。高齢者に多い手首の骨折では十分な固定性を獲得し,かつ早期からのリハビリテーションが可能な手術を行っております。外傷に伴う上肢の切断に対し,再接着や移植といった高度な機能再建も積極的に行っており,顕微鏡を用いたマイクロサージャリー(肉眼では操作困難な直径0.5~3mm前後の血管や神経などを顕微鏡下に操作し修復する技術)で対応しています。

 慢性疾患では野球肘に代表されるスポーツ障害,マレット指, 神経障害(手根管症候群,肘部管症候群,神経麻痺等),腱鞘炎(ばね指,ドケルバン病等),加齢変性疾患(変形性関節症等),手や肘の拘縮,腫瘍に至るまで手外科領域の全般を取り扱っています。また関節リウマチによる関節の変形(ボタン穴変形,スワンネック変形,尺側偏位,腱断裂)に対しても関節形成術,腱移行術,手や肘の人工関節によって機能的にも美容的にも機能を獲得することができます。

 手外科の治療の選択肢は様々で, 手術だけではなく,薬,注射,装具やリハビリテーションといった保存的治療も幅広く行っております。特にリハビリテーションは手術と同じくらい大切であります。そのため手のリハビリテーションを専門に行う経験豊富なハンドセラピストと協力して患者様のニーズに合わせたリハビリ指導を行い,手の機能獲得に努めています。 上肢の手術は翌日から歩行が可能で, 入院も短期間です。手や肘のしびれや痛み,変形,機能障害などでお悩みの方,症状が治らないと思って諦めていた方,遠慮なく,一度手外科外来に足を運んでご相談ください。


外来担当医師

火曜日:志津香苗, 辻村俊造, 鈴木拓
水曜日:鈴木克侍
木曜日:鈴木克侍 (午後), 辻村俊造
金曜日:志津香苗, 鈴木拓


担当する疾患

骨折, 脱臼, 腱, 靭帯断裂, 神経血管損傷(切断指), コンパーメント症候群等
野球肘 (離断性骨軟骨炎, 側副靭帯損傷, 肘頭骨端線閉鎖不全症等)
陳旧性マレット指 (骨性, 腱性)
関節リウマチ (伸筋腱断裂, リウマチ肘, 尺側偏位, ボタン穴変形, スワンネック変形等)
骨折後変形治癒, 関節拘縮
偽関節, 骨壊死 (舟状骨偽関節, 月状骨壊死(キーンベック病)等)
小児外傷, 先天性疾患 (陳旧性モンテジア骨折, 母指多指症等)
CM関節症, STT関節症
変形性関節症 (手指, 肘)
テニス肘 (上腕骨外側上顆炎)
末梢神経疾患 (手根管症候群, 肘部管症候群, 前後骨間神経麻痺, 腕神経叢麻痺)
狭窄性腱鞘炎 (ばね指, ドケルバン病)



治療内容について

野球肘 (離断性骨軟骨炎, 側副靭帯損傷, 肘頭骨端線閉鎖不全症等)

 野球肘とは野球を行うことで起こる肘の障害を総称したものです。野球だけでなく,他のスポーツでも起こります。離断性骨軟骨炎, 側副靭帯損傷, 肘頭骨端線癒合不全等が有名ですが, その中でも代表的なものは離断性骨軟骨炎といった肘(上腕骨)の関節面が壊死してしまう病気です。剥がれかけた軟骨を接合したり,軟骨面を覆うために自分の膝や肋骨から軟骨を採取して関節を作る手術を行うのが一般的です。当院では肋骨肋軟骨を移植するため,膝の軟骨を犠牲にせずに解剖学的に関節面の形成を行うことが可能です。


術前:軟骨の一部が壊死しています。

写真 写真

術後:壊死した軟骨面の一部を肋軟骨を形成して置換しました。

写真 写真 写真 写真


陳旧性マレット指 (骨性, 腱性)

 マレット指とは指の第1関節が骨折 (骨性マレット) や腱断裂 (腱性マレット) によって指が伸ばせない病態のことです。打撲や突き指と思って医療機関を受診せずに,後に指が伸びないことに気付かれるケースもあります。新鮮例では手術もしくは装具療法によって治療が可能ですが,陳旧例になると治療が非常に困難となります。当院では陳旧例に対してもオリジナルの術式によって良好な成績を収めております。

陳旧性腱性マレット

術前:
第1関節を伸ばすことができません
術後:
第1関節の完全伸展が可能になりました
写真 写真
       

関節リウマチ (伸筋腱断裂, リウマチ肘, 尺側偏位, ボタン穴変形, スワンネック変形等)

 関節リウマチとは自分の体の免疫の異常によって自分自身の体の関節を破壊する病気です。滑膜という関節を取り囲んでいる膜が増生する滑膜炎こそが,リウマチという病気の本態です。 関節リウマチの治療は生物学的製剤という注射薬剤の登場によって従来の薬よりリウマチの活動性がコントロールできるようになり,関節破壊の強力な抑制効果が認められています。 薬物治療を行っても関節の変形や破壊を来たし,痛みや機能の面で日常生活に支障を来している患者様に対して手術加療を行います。特に手指の変形(ボタン穴変形,スワンネック変形,尺側偏位など)は日常,人の目に触れることも多いため,機能的な改善だけでなく,美容的な改善を目的に手術を行うこともあります。以下の様な病態が手術の対象となります。


伸筋腱断裂

 滑膜が腱に浸潤したり,手関節が変形することによる機械的な摩擦で指を伸ばす腱が切れてしまうことがあります。一般的には小指側から順々に切れるため,放置すると他の指の腱が切れてしまい,治療が困難になるので早期の診断が大切です。小指1本だけ伸ばしてみて,指を伸ばすこと(指切りげんまんのポーズ)ができなければ小指の伸筋腱が断裂している可能性があります。原因となっている手関節の手術を同時に行うことが多いです。当院では従来の方法と比べ複数の力源を使用することによって良好な伸展力が得られております。

術前:
環小指の伸筋腱が断裂しています。
腱移行術後:
環小指の良好な伸展が得られています
写真 写真
         

ボタン穴変形,スワンネック変形,尺側偏位

 滑膜炎によって指の腱のバランスが崩れ,指の関節の変形を来たす病態です。軽度なものでは装具や軟部組織(腱,靭帯,関節包)を再建することで関節の変形を修復します。関節の変形が高度な症例に対しては人工関節を挿入することで変形を矯正することもあります。

術前:母指ボタン穴変形 術後:
軟部組織再建+人工関節にて変形が矯正されています
写真 写真

また具体的には関節リウマチに対して以下のような手術を行っています。

人工関節(肩・肘・手指関節)

 関節破壊が進行し,関節機能が障害されてしまった関節に対して人工関節を挿入する手術です。特に除痛に優れているため,患者様の満足度が高い手術です。肘の人工関節においては慶應大学で開始された上腕三頭筋を温存する最小侵襲手術で行うことも可能で患者様へのご負担は少ないです。手や指の変形を矯正する際にも用いることがあります。

人工肘関節置換術:
術前:肘の屈曲が制限されています。関節も破壊され,痛みも伴っています。

写真 写真
  

術後:人工関節が挿入され,肘の屈曲は改善し,痛みも改善しています

写真 写真


人工指関節置換術:

術前:指関節の破壊,脱臼を認めます。 術後:
人工関節に置換され,アライメントも改善しています。
写真 写真


人工肩関節置換術:

術前:
肩関節の関節裂隙の狭小化,骨頭の上方化が見られます。
術後:人工肩関節に置換されています。
写真 写真


関節形成術

 関節変形が起こった関節に対して,症状軽減,進行予防,機能改善のために行う手術です。また伸筋腱断裂の原因となっている手関節を形成する棚形成術,部分固定術等も行います 術前: 尺骨の変性(突き上げ,背側脱臼を認めます)

術前: 尺骨の変性(突き上げ,背側脱臼を認めます

  写真 写真

術後: 棚形成術 尺骨の位置が良好に整復され,骨癒合も良好です。

  写真 写真

関節固定術

 関節の破壊が高度であり,関節が不安定性を認める場合に罹患した関節を固定する手術です。日常生活に困らない機能的な角度で関節を固定するため,手術をすることでより使いやすい関節を作る手術です。関節を固定することによって痛みもとることもできる治療です。

術前:母指が曲がって変形しているため,物をつまむ(ピンチ)動作が困難です。

  写真 写真

術後:関節を固定したため, 物をつまむ動作が容易になりました。

  写真 写真

骨折後変形治癒, 関節拘縮

 骨折, 脱臼によって関節の軟骨が変形,変性してしまうことは, 外傷においてしばしば見られます。一度変性してしまった軟骨は元に戻ることはなく,指の動きの制限を来すこともあります。高齢の方では壊れてしまった関節を人工関節に置換することもありますが,比較的若い方には肋骨肋軟骨を移植することで生理的に軟骨を形成する手術を行っております。また外傷後で指や手関節が変形して治癒してしまった患者様も変形を矯正することで機能を回復することができます

肋骨肋軟骨移植前 (指関節軟骨が欠損し,指の可動域制限が見られます)

  写真 写真

肋骨肋軟骨移植手術後 (指の可動域制限が著明に改善しています)

  写真 写真 写真

偽関節, 骨壊死 (舟状骨偽関節, 月状骨壊死(キーンベック病)等)

 骨折後に骨が癒合しなかったり(偽関節),外傷等を契機にして骨が壊死してしまう病態があります。特に舟状骨や月状骨(キーンベック病)といった手関節の骨に起こることが多いです。治療は病態によって様々ですが,骨移植(遊離骨移植,血管柄付き骨移植)が行われることが多いです。また月状骨壊死に対して当院で開発した人工月状骨は長期成績も良好であることが示されております。


キーンベック病

術前:
月状骨が圧壊しています
当院で開発した人工月状骨 術後:
月状骨が人工関節にて置換されています
写真 写真 写真
      

小児外傷, 先天性疾患 (陳旧性モンテジア骨折, 母指多指症等)

 小児の外傷は治療もさることながら,時に診断に難渋したり, 見逃されてしまうことも多く,手外科の中でも特に専門的知識や経験が必要とされる分野です。小児の外傷は将来的にも変形を許容できない疾患です。特に肘や手首の外傷においては早期であればあるほど変形の整復も容易で後遺症も少なくなってきます。将来のあるお子様の上肢機能を保つために早急に対応させて頂くことも可能です。また一度変形が起こってしまった疾患 (モンテジア骨折, 上腕骨顆上骨折後変形治癒) に対しても矯正骨切り等で対応することも可能です。母指多指症や浮遊母指などの先天性疾患にも対応しています。


陳旧性モンテジア骨折

術前:
橈骨頭が前方に脱臼しています
術後:
尺骨を矯正骨切することで橈骨頭は整復されています
写真 写真
        

浮遊母指

術前:浮遊母指を認めます。 術後:示指の母指化術を施行しました。
写真 写真
        

CM関節症, STT関節症

 親指の付け根の関節が変形し,物をつまむ (ピンチ) 時に親指の付け根に痛みを生じる病気です。装具や注射等の保存的加療を行いますが,症状が軽快しない時には手術療法を行うことがあります。手術は患者様のご年齢,ご職業,症状によって術式(関節固定術,関節形成術,人工関節形成術等)を選択します


術前:
関節の隙間がなくなり,物をつまむ時に母指の付け根に痛みを生じます。
術後:
人工関節が挿入され,疼痛も改善し,ピンチ動作もしやすくなりました。
写真 写真

             

変形性関節症 (手指, 肘)

 外傷や炎症によって関節破壊が進行したり,加齢によって骨棘が形成され,関節に痛みや可動域制限が生じる病態です。注射や装具等の保存加療も行いますが, 年齢や症状によって人工関節置換術や授動術(関節の動きを改善する手術)を施行することがあります。


術前:肘関節の可動域制限を認めます。 授動術術後:可動域の改善を認めます。
写真 写真
         

テニス肘 (上腕骨外側上顆炎)

 手関節を伸ばす筋の付着部の炎症によって肘の外側に痛みを生じる病態です。注射や装具,ストレッチ等の保存療法が主に行われますが症状が軽快しない時には手術療法を行うことがあります。直視下で筋の付着部のデブリドマンを行う事もありますが,難治性のテニス肘は関節内の滑膜ヒダが原因であることも多く,内視鏡を用いて手術を行うこともあります。


末梢神経疾患 (手根管症候群, 肘部管症候群, 前後骨間神経麻痺, 腕神経叢麻痺)

 末梢神経が身体のどこかで圧迫されたり,神経の炎症が起こったりして手指のしびれや麻痺が出現する病態です。代表的なものは手関節で圧迫されるのが手根管症候群,肘関節で圧迫されるのが肘部管症候群です。関節鏡を使って神経を剥離する最小侵襲手術も行っています。麻痺が重症の場合には腱移行術を行って機能的な回復を得ることも可能です。


術前:肘部管症候群(尺骨神経麻痺)による環小指の鉤爪変形を認めます。 術後:腱移行によって鉤爪変形の改善を認めます。
写真 写真
     

狭窄性腱鞘炎 (ばね指, ドケルバン病)

 手外科の疾患の中で最も頻度の多い疾患の1つです。指を曲げる際に指の付け根に痛みやひっかかりを感じたり,硬結を触れる事もあります。多くの場合は注射等の保存的加療で改善しますが, 改善しない場合は小切開で手術を行うことがあります。当院では手の指紋に応じた切開を行うことで, より創をきれいに治す治療を行っております。

示指ばね指術後: 手術創がわからないくらいきれいに治っています。

  写真