教室概要

診療、研究、教育の基本方針
・ 病気の治療のみでなく、病む人を癒す医療を実践する
・ 基礎研究に基づく臨床と、臨床に立脚した基礎研究の融合を目指す
・ 臨床能力の高い良き神経内科医の育成に努める

 

 以上の基本方針のもと、「最新の研究成果を診察室へ」をスローガンに、最新の医療知識、技術を駆使し、全ての患者様に、常に迅速、安全、確実な医療を提供すべく、スタッフ一丸となって日々研鑽に励んでおります。病態、治療法が確立していない、いわゆる「難病」に対する高度先端医療を追求する大学病院としての役割のみならず、地域の中核病院として脳血管障害や神経感染症などの救急医療に携わり、入院症例数が多いこと、その治療成績が極めて良好で当該地域(名古屋東部から広く尾張・三河地区)の最後の砦となっていることが当教室の特徴であり、地域の期待に応えつつ、真の臨床的実力を身につける研修の場となっています。また関連諸科、他大学との連携や共同研究、米・仏・伊などの海外研究機関との国際共同研究も積極的に進めており、神経科学分野特に神経糖鎖生物学研究の国際的研究拠点の一つになっております。