診療案内

 

1, 神経内科とは


 身体の動きや感覚、知的能力、内臓の働きなどをつかさどる神経のシステムの病気を診る内科です。神経のシステムは中枢神経系(脳および脊髄)、末梢神経系(運動神経、感覚神経、自律神経)に分けられます。これらのシステムのどこかで、梗塞(血管が詰まる)、炎症(感染やアレルギーによる)、変性(早すぎる老化)や腫瘍などが起こると、身体に力が入らなくなる、上手に歩けなくなる、痛みや暑さ冷たさなどの感覚が鈍くなる、体の一部がしびれる、言葉が出なくなる、意識がもうろうとする,物忘れや性格変化を生じる、頭痛、めまい、立ちくらみやけいれんが起こる、などの症状が出現します。これらの異常が起こったら、すぐに神経内科を受診してください。くわしく全身の診察と精密検査を行って診断し、治療に入ります。


2, 神経内科で扱う主な疾患


血管障害:脳梗塞、脊髄梗塞、上矢状静脈洞血栓症
変性疾患:パーキンソン病、パーキンソン症候群(脳血管性、薬剤性など)、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、筋萎縮性側索硬化症、球脊髄性筋萎縮症、アルツハイマー型認知症、前頭側頭葉型認知症、ピック病、副腎白質ジストロフィー
神経免疫疾患:多発性硬化症、視神経脊髄炎、重症筋無力症
筋疾患:多発性筋炎、皮膚筋炎、ミトコンドリア脳筋症、筋強直性ジストロフィー
発作性疾患:てんかん、頭痛(片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛)、神経痛、眼瞼痙攣、本態性振戦
神経感染症:脳炎、髄膜炎、HAM(HTLV-I associated myelopathy)、クロイツフェルト・ヤコブ病、脳膿瘍
末梢神経障害:ギラン・バレー症候群、慢性脱随性多発神経炎、代謝性ニューロパチー
その他:正常圧水頭症、脳脊髄液減少症

 

3,診療に当たり知っておいていただきたいこと


 すでに他の医療機関を受診されている患者様で、当院への受診を希望される場合は、必ず受診中の担当医の診療情報提供書と、これまでに施行された画像資料(フィルム、CD-ROM)、検査結果のコピーを御持参頂くと、スムーズに検査や治療を進めることができます。受診中の医療機関を介して地域医療連携室にお申し込み下さい。
 神経のシステムの病気は、しばしば診断が難しく、診察に1時間以上を要したり、MRIやSPECT (脳血流の検査)、血液・脳脊髄液検査、脳波、筋電図や末梢神経伝導検査などを数日間にわたり集中的に行わなければならない場合があります。このような場合、検査のための短期間の入院をお勧めすることがあります。?
 心の病気を扱う科ではありません。ストレスや心配事が原因で、眠れなくなったり、動悸などの身体症状を生じたり、気持ちが落ち込んだりする症状については、診断の手助けはできますが、カウンセリングや専門的な投薬などの治療を行うことは致しません。このような症状の方は、当院もしくは近隣の精神・神経科、心療内科などに御紹介いたします。

 

4,外来医師担当表


 ここをクリック(当該ページへリンクします)