教授挨拶

 脳神経内科学教授 武藤多津郎

 

 来たれ!夢多き若人よ!神経学の最前線に

 神経内科の診療においては、徹底的な問診と、伝統的な神経症候学に基づく注意深い診察という、現代の医学で忘れられがちな基本が特に重要です。一方で最新の神経科学の進歩を積極的に取り入れ、既成概念にとらわれず、常にフレッシュな視点で、より正確な診断、有効な治療法を開拓する挑戦的精神も必要です。当科では、神経難病である脊髄小脳変性症やアルツハイマー病などの疾患で新規治療法を開発し、これら難病に苦しむ患者さんの治療に新たな治療法の可能性を提供してきております。また、ギランバレー症候群やEncephalo myelo radiculo neuropathy (EMRN)などの神経免疫疾患の新たなバイオマーカーの発見に取り組んでおり、これまでに幾つかのマーカーを世界に先駆け発見・報告してきました。
 また、本格的な少子高齢化社会に突入し、脳血管障害やアルツハイマー型認知症、パーキンソン病などが増加している中、最前線での診療の担い手となる神経内科医がますます求められています。さらに脊髄小脳変性症や筋萎縮性側索硬化症に代表されるいわゆる神経難病の治療に、最新の研究成果を導入するリーダーとなる研究者の育成も不可欠です。
 このように活動的な分野においては、次代を担う若い力が特に求められています。当教室は20代、30代の若い医師が、積極的に情報・見解を出し合いながら、互いに切磋琢磨するオープンな雰囲気を大切にしております。また、学閥にとらわれない雰囲気も特徴で、これまで九州大学、大阪市立大学など全国の大学出身の先生が当科で研修あるいは研究を行ってきました。
 私はこれまで常にベッドサイドでの徹底した観察を心がけ、難解な神経疾患の診断・治療を行い、いくつかの新たな病態・病因の発見をしてきました。一方、我が国の神経内科領域に於ける神経糖鎖生物学を一貫して研究し、最近ギラン・バレー症候群やEMRNなどの病態における抗糖脂質抗体の決定的な重要性を明らかにしつつあります。
 「最新の研究成果を診察室へ」が私のモットーです。種々の難治性神経疾患の新たな治療法開発をめざして、糖鎖生物学を基盤に21世紀の新たな診療・研究を展開して参ります。是非1人でも多くの力が、当教室に結集し、一丸となって神経疾患の克服に邁進されんことを願っております。