TOPページお知らせ> 現ページ(お知らせ)

お知らせ

皮膚科を受診される患者様へ

 応用細胞再生医学講座では、皮膚科学講座と協力して皮膚の幹細胞研究を進めております。
 新しい治療法の開発や、新薬の探索などのために患者様の検体の一部(手術・皮膚生検で摘出した組織など)を使用させて頂くことをお願いすることがございます。また、既に保管されている検体についても同様に使用させて頂く場合がございます。
 このような疫学・臨床研究を進めるに当たっては、その必要性や実施方法などについて本大学の疫学・臨床研究倫理倫理審査委員会において慎重に審査され、承認を受けてから研究を進めます。
 現在までに、以下の研究が承認され随時研究が進行しております。

   (1)承認番号11-172 「国内におけるヒト正常細胞分譲システム網の確立」
   (2)承認番号11-073 「病理学的手法を用いた皮膚疾患における幹細胞の動態解析」
   (3)承認番号13-151 「皮膚及び皮下脂肪組織由来幹細胞を用いた再生医療技術の開発」
   (4)承認番号13-150 「病理学的手法を用いた皮膚疾患における幹細胞の動態解析」

  なお、承認番号13-151に関しては、疫学・臨床研究のための検体の使用に際し、担当医師より患者様へ直接にご説明し、ご同意を得たうえで、ご協力頂いております。また、承認番号11-073、13-150の研究では、過去に摘出され既に保管されている検体を活用させて頂きます。いずれも、藤田保健衛生大学医学部皮膚科にて診察を受け方が対象となります。なお、承認番号11-073、13-150の詳細に関しては、皮膚科でも掲示しております。

  詳しくは、こちらをご覧下さい。 →クリック





Site Menu

Copyright Department of Applied Cell and Regenerative Medicine All Rights Reserved.