TOPページ教授挨拶> 現ページ(教授挨拶)
教授挨拶


「幹細胞」の秘めた力を
応用活用することで、難病を治したい

 私たちの身体は、約200種類の細胞が60兆個も集まって構成されています。これらの細胞一つ一つは、私たちが健康を維持できるよう、自分に与えられた役割を日々果たしています。近年の研究から、これらの細胞の起源がわかってきました。その細胞は「幹細胞」と呼ばれ、私たちの身体を再生する能力を秘めていると考えられています。つまり「幹細胞」は、病気や事故などでダメージを受けて、細胞が本来すべき役割を果たせなくなった時、代役を務める新しい細胞を生み出す能力を持っていると考えられています。そして現在、この「幹細胞」の再生能力を応用した夢の医療として「再生医療」が世界中で注目されています。「幹細胞」の研究が進歩し、「再生医療」が確立されれば、今まで治療が難しかった疾病にも対応できる可能性があり、次世代の医療として期待されています。私たち応用細胞再生医学講座では、「幹細胞」の持つ秘めた能力について研究を進めており、次世代の医療である「再生医療」の確立の一端を担うことで、社会貢献していきたいと考えています。


研究概要 → Clik

Site Menu

Copyright Department of Applied Cell and Regenerative Medicine All Rights Reserved.