発表論文

論文



・癌の臨床(0021-4949)63巻4号 Page297-303(2017.10)

著者:

松尾 一勲(藤田保健衛生大学 総合消化器外科), 柴崎 晋, 中内 雅也, 中村 哲也, 角谷 慎一, 菊地 健司, 稲葉 一樹, 花井 恒一, 杉岡 篤, 宇山 一朗

タイトル:

【ロボット手術はパラダイムシフトになりえるか?】 困難症例に対するロボット支援下内視鏡手術の経験

論文種類:

解説/特集

・外科(0016-593X)79巻10号 Page965-967(2017.10)

著者:

中村 謙一(藤田保健衛生大学 総合消化器外科), 加藤 悠太郎, 花井 恒一, 宇山 一朗

タイトル:

外科医を育てる![第9回] 藤田保健衛生大学における外科医育成システム

論文種類:

解説

DOI:

10.15106/J00393.2017380364

・ライフライン21がんの先進医療26巻 Page37-41(2017.07)

著者:

中内 雅也(藤田保健衛生大学 総合消化器外科), 宇山 一朗

タイトル:

【先進医療 胃がん】 内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下胃切除術

論文種類:

解説/特集

・消化器外科(0387-2645)40巻5号 Page537-543(2017.04)

著者:

後藤 愛(藤田保健衛生大学 医学部医学科総合消化器外科学), 柴崎 晋, 菊地 健司, 角谷 慎一, 稲葉 一樹, 宇山 一朗

タイトル:

【膜と層を意識した消化器外科解剖】 食道の手術 食道再建術Kocher授動を付加した腹腔鏡補助下胃管作成術

論文種類:

解説/特集

・消化器外科(0387-2645)40巻4号 Page385-392(2017.04)

著者:

菊地 健司(藤田保健衛生大学病院 総合消化器外科), 石田 善敬, 中村 謙一, 柴崎 晋, 中村 哲也, 角谷 慎一, 稲葉 一樹, 宇山 一朗

タイトル:

【合併症の少ない手術のコツ】 胸腔鏡下食道切除術

論文種類:

解説/特集

・Pharma Medica(0289-5803)35巻5号 Page33-37(2017.05)

著者:

中内 雅也(藤田保健衛生大学 総合消化器外科), 稲葉 一樹, 石田 善敬, 須田 康一, 宇山 一朗

タイトル:

【胃癌:低侵襲治療と集学的治療の個別化へ向けて】 胃癌に対する腹腔鏡手術とロボット支援手術

論文種類:

解説/特集

・手術(0037-4423)71巻4号 Page459-464(2017.03)

著者:

菊地 健司(藤田保健衛生大学病院 総合消化器外科), 石田 善敬, 柴崎 晋, 角谷 慎一, 稲葉 一樹, 宇山 一朗

タイトル:

【消化器癌手術に必要な拡大視による局所微細解剖アトラス】 Gastric Surgery 脾門部微細解剖と脾温存脾門部リンパ節郭清のコツ

論文種類:

図説/特集

・臨床外科(0386-9857)72巻4号 Page429-431(2017.04)

著者:

砂堀 さやか(藤田保健衛生大学 総合消化器外科), 石田 善敬, 中内 雅也, 中村 哲也, 柴崎 晋, 角谷 慎一, 菊地 健司, 稲葉 一樹, 宇山 一朗

タイトル:

【消化管吻合アラカルト-あなたの選択は?】胃外科 幽門側胃切除術後Billroth I法再建 Linear stapler(デルタ吻合)

論文種類:

解説/特集

DOI:

10.11477/mf.1407211576

・手術(0037-4423)71巻1号 Page1-11(2017.01)

著者:

中村 謙一(藤田保健衛生大学 医学部総合消化器外科), 須田 康一, 石田 善敬, 稲葉 一樹, 宇山 一朗

タイトル:

【機能温存術式の最新情報】 食道間膜面状展開法による左反回神経周囲リンパ節郭清

論文種類:

解説/特集

・消化器外科(0387-2645)40巻1号 Page75-81(2017.01)

著者:

須田 康一(慶応義塾大学 医学部腫瘍センター), 宇山 一朗, 北川 雄光

タイトル:

【胃癌・食道癌のリンパ節郭清のすべて】 胃癌に対する幽門下リンパ節郭清 "V-V式アプローチ"と"デルタ地帯"を用いた効率的な腹腔鏡下幽門下リンパ節郭清

論文種類:

解説/特集

・Asian J Endosc Surg. 2017 Nov;10(4):354-363.

著者:

Nakauchi M, Uyama I, Suda K, Mahran M, Nakamura T, Shibasaki S, Kikuchi K, Kadoya S, Inaba K.

タイトル:

Robotic surgery for the upper gastrointestinal tract: Current status and future perspectives.

DOI:

10.1111/ases.12437

・Surg Endosc. 2017 Nov;31(11):4631-4640.

著者:

Nakauchi M, Suda K, Nakamura K, Shibasaki S, Kikuchi K, Nakamura T, Kadoya S, Ishida Y, Inaba K, Taniguchi K, Uyama I.

タイトル:

Laparoscopic subtotal gastrectomy for advanced gastric cancer: technical aspects and surgical, nutritional and oncological outcomes.

DOI:

10.1007/s00464-017-5526-9

・Ann Surg Oncol. 2017 Jul;24(7):1755-1757.

著者:

Suda K, Uyama I, Kitagawa Y.

タイトル:

Technology Beats the Current Standard: Is Robotic Gastrectomy Becoming the Standard Treatment Option for Gastric Cancer? : "Surgical Outcomes After Open, Laparoscopic, and Robotic Gastrectomy for Gastric Cancer," by Kim, Hyuong-Il, et al.

DOI:

10.1245/s10434-017-5852-0

・Annals of Laparoscopic and Endoscopic Surgery 2017 Jan (オンライン)

著者:

Kazuki Inaba, Shinichi Kadoya, Yoshinori Ishida, Koichi Suda, Ichiro Uyama.

タイトル:

Robotic technology could contribute to performing precise gastrectomy with D2 lymphadenectomy for gastric cancer while decreasing the risk of local complications

DOI:

10.21037/ales.2016.12.05

・Surgical Endoscopy 2017 Mar (オンライン)

著者:

Shibasaki S, Suda K, Nakauchi M, Kikuchi K, Kadoya S, Ishida Y, Inaba K, Uyama I.

タイトル:

Robotic valvuloplastic esophagogastrostomy using double flap technique following proximal gastrectomy: technical aspects and short-term outcomes.

DOI:

10.1007/s00464-017-5489-x

・Surg Endosc. 2017 Jan;31(1):359-367

著者:

Tanaka T, Suda K, Satoh S, Kawamura Y, Inaba K, Ishida Y, Uyama I.

タイトル:

Effectiveness of laparoscopic stomach-partitioning gastrojejunostomy for patients with gastric outlet obstruction caused by advanced gastric cancer.


このページのトップへ

交通アクセス外来医師担当表サイトマップ