藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院 消化器外科

診療部門紹介

主要疾患別入院患者数

2010年
胆道膵臓疾患
  • ・膵癌ほか          89例
  • ・胆道癌(十二指腸乳頭部癌) 36例
  • ・胆嚢結石          110例

235例

 

急性腹症などその他の疾患
  • ・鼠径ヘルニア        80例
  • ・急性虫垂炎         20例
  • ・癒着性イレウス       20例
  • ・消化管穿孔         10例

130例

 

主要検査数(内視鏡、血管造影、超音波など)

2010年
胆道造影          40件
胆道鏡           10件
(うち、総胆管結石破砕術4件)

手術件数(主な疾患別手術数)
 胆道膵臓手術

2012年
膵切除術 
  • ・膵頭十二指腸切除術        29例
  • ・膵全摘術             1例
  • ・脾合併膵体尾部切除術       8例
  • ・脾温存膵体尾部切除術       2例
  • ・腹腔鏡補助下膵体尾部切除術    4例
  • ・ロボット支援下膵頭十二指腸切除術 1例
  • ・ロボット支援下膵体尾部切除術   2例
47例
腹腔鏡下胆嚢摘出術 98例
開腹胆嚢摘出術 15例
膵胆管合流異常症手術 6例
(うち1例はロボット支援手術)
2014年 手術症例 膵癌 胆管癌 胆嚢癌 十二指腸乳頭部癌 膵管内乳頭粘液腫瘍 その他の膵腫瘍 膵・胆管合流異常症 Total
膵頭十二指腸切除術 14 5   2 3 6   30
膵全摘術         1     1
膵体尾部切除術 4       3 1   8
十二指腸温存膵頭部切除術         4 2   6
膵中央切除術         1 1   2
腹腔鏡下膵切除術         1 2   3
肝・膵同時切除術   1 2         3
肝切除術   1 3         4
膵・胆管合流異常手術             1 1
Total 18 7 5 2 13 12 1 58

主な治療成績

疾患別累積手術遠隔成績
●膵頭部癌切除例:当科での膵頭部癌累計成績
膵頭部癌
膵頭部癌
2010年 膵頭部癌切除例の成績は、2002年の5年生存率が12.8%でしたが、抗癌剤を初めとする集学的治療により5年生存率は21%に上昇しました。根治切除(RO)の5年生存率は36%です。
中下部胆管癌切除例の成績は5年生存率27%で、根治度Aの5年生存率は42%です。
Stage別では、Stage I 63%、Stage II 50%、Stage III 28%です。
胆嚢癌切除例の成績は5年生存率53%、Stage別では、Stage I 100%、Stage II 100%、Stage III 43.6%です。
深達度別ではm 100%,mp 100%,ss 65%です。
十二指腸乳頭部癌切除例の成績は5年生存率59%で、根治度Aの5年生存率は70%です。

これらの成績は全国平均を上回っています。
また、総胆管結石症の手術にCチューブを導入したことにより、入院期間を従来の半分以下に短縮できました。膵頭十二指腸切除、腹腔鏡下胆摘術、開腹胆摘術ではクリニカルパスの導入により、患者様にと安心とわかりやすい治療計画を提供しています。

また、腹腔鏡下胆嚢摘出術はおなかに4か所の穴をあけて行ってきましたが、昨年度から、おへその穴1個のみで胆嚢を摘出する手術(単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術)を導入し、さらに低侵襲で美容に優れた方法を行っており、すでに100例を行いました。