記事一覧

今『バブアー』で旬を狙うなら、ロング丈かショート丈の二者択一!

『バブアー』は英国王室御用達の証しであるロイヤルワラントの栄誉を獲得しているアウトドア・ライフスタイルブランド。創業者のジョン・バブアーが1894年にタイン川河口付近の港町に防水衣料の店舗をオープンしたところから数えると、実に1世紀をゆうに超える歴史を持つ老舗中の老舗です。アンタークティカパーカー 偽物代表作は、1980年に誕生した乗馬用ジャケットをベースにした写真の「ビデイル」。現在では防水といえばゴアテックスなどハイテク素材が目白押しですが、オイルをじっくりと染み込ませたオイルドクロスで仕立てられた『バブアー』のアウター類は、当時における高機能素材でした。あまりにも人気が高いので、すでに持っているという人も多いのではないでしょうか。


『バブアー』は好きだけど、「ビデイル」や「ビデイルSL」に手を出して皆と被るのは少し気になる……。そんな人が次なる1着として狙うなら、趣向の異なるロング丈かショート丈のモデルを狙うのも手です。ノースフェイス ジャケットなかでもロング丈は「ボーダー」、ショート丈は「スペイ」がイチ押し。「ビデイル」の持つ『バブアー』らしいカントリーテイストは残しつつ、新鮮な顔立ちに生まれ変わっています。今回は、この2着についてその魅力を深掘りしていきましょう。


ノースフェイス コピー

コメント一覧