日本CT技術研究会(JSCT)第1回学術大会
日時:2013年6月29日
場所:広島市(広島大学病院)                                前のページに戻る。
内容:日本CT技術研究会(JSCT)第1回学術大会に参加して来ました。


辻岡です。  

 我々、CT技術研究仲間の念願であった日本CT技術研究会が発足し、その第1回学術大会が広島大学で開催されました。考えてみれば、技術学会総会でも総演題数の25-30%をCTに関するものが占め、多くの研究が行われています。ところが、その研究会組織は放射線技術学会のみでした。ここは、CT技術を専門とした研究会を進めることで、アカデミックな発展、論文執筆を進めたいという考えです。

 その第1回学術大会ですから、多くの期待が寄せられていました。実際、特別なスポンサーもなく、当日の参加者が350名を越えたことは、日本CT技術研究会への関心の高さと期待、そして、その発展を知ることができるものでした。  

 さて、その内容はプログラムのとおりですが、リフレッシャーセミナーが2つ、一般演題セッションが3つ(18演題)、ランチョンセミナー、そして特別講演で10:00から17:30まで本当に密度の濃い内容でした。

http://www.jsct-tech.org/No1.Annual_meeting/JSCT_1st_meeting.html

 会場は約200名も入りそうな大講義室とサテライトの中講義室、朝から大講義室は満席でした。会場運営は広島大学病院の石風呂先生、西丸先生、藤岡先生、木口先生、横町先生・・・。当日の手伝いはお年寄りの理事の皆さん。札幌医大の平野先生、マイク係ご苦労様でした。僕もマイクを持って待機はしていたのですが、質問の出どころが平野さんのほうが多くて・・・。僕のやったこと?ランチョンの弁当配りぐらいでした。  

 我々の研究室からは、僕+大学院生4名、卒論生4名の9名、それに、藤田CT研究会からも参加があり、多くの仲間が広島に駆けつけました。学生たちにもJSCTはわかりやすく刺激だったようです。  

 さて、大成功の第1回JSCT学術大会でしたが、第2回は名古屋大学で開催されます。きっと、楽しくてためになる学術大会になると思います。皆さん、是非参加してください。 なお、JSCTへの入会等は以下のホームページです。

http://www.jsct-tech.org/index.html

プログラム(PDF)






















学生8名を連れて車で広島まで。


岡山・吉備SAの桃太郎


開会の挨拶をする市川大会長


会場の様子


懇親会の様子



このページのトップへ    前のページに戻る