ステレオ写真の部屋
 
 辻岡です。私、以前に「名古屋手作りカメラの会」というグループに入っておりました。そのクラブ、じつは「ステレオカメラの会」であり、会員の皆さんが自作でステレオカメラを作って撮影・鑑賞していました。以来、私もコダックのステレオカメラや名機「リアリスト」など、自分の年齢よりも古いカメラを使ってステレオ写真を楽しんでいました。しかし・・・、近頃はデジタルカメラの時代、リバーサルの現像・ステレオマウントもなかなか面倒で、名機には申し訳ないのですが、少しご無沙汰の状態でした。
 そして、最近・・・、ついにデジタルカメラでステレオ撮影のできるものを作成しました。同型のデジタルカメラを2台。ただし、同時撮影が必要なので、リモコン対応のものをと探した結果、ペンタックスA30を見つけました。これを自作の枠に入れて完成です。水平器や三脚用の固定具も設置しました。操作法は凄く簡単、でも、2つのデジカメごとに、シャッターモードをリモコンに、フォーカスのパンに、と撮影準備はちょっと面倒。でも、これで、簡単に「デジタルステレオ写真」を取ることができます。
デジタルカメラの特徴、それは、撮影直後に画像確認ができることです。そこで、デジタルカメラのモニターに合わせてビューアーも作りました。これで、撮影直後にダイナミックなステレオ像を確認することも可能です。


ステレオビューアー


デジタルステレオカメラ PENTAX-A30×2





トップへ