メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 

医科学研究センター

研究者リスト >> 土田 邦博
 

最終確認日時:2021/09/11 12:40

編集

土田 邦博

 
アバター
研究者氏名土田 邦博
 
ツチダ クニヒロ
所属藤田医科大学
部署医科学研究センター 難病治療学
職名教授
学位博士(医学)(京都大学), Ph.D.(Kyoto University)
科研費研究者番号30281091
J-Global ID200901025890179259

プロフィール

筋骨格系疾患、糖尿病・肥満、神経変性疾患等の治療の難しい疾患の病態解明と治療法開発に関する研究を行っています。 モデル動物、ノンコーディングRNAの解析、RNA-seqやプロテオミクス等の網羅的解析、微量細胞の分取と分化培養,エクソソームを中心としたナノテクノロジーの医学応用等の先端技術を駆使して難病の病態生理の解明と治療法の基盤確立を目指した研究に取り組んでいます。

研究キーワード

 
神経筋疾患 ,筋ジストロフィー ,健康科学 ,異所性骨化 ,細胞分化 ,分化誘導 ,骨格筋内脂肪蓄積 ,脂肪分化 ,脂肪蓄積 ,エクソソーム ,非翻訳RNA ,プロテオミクス ,電子顕微鏡 ,がん ,ドラッグデリバリー ,ナノテクノロジー ,多能性幹細胞 ,臓器再生 ,脂肪酸代謝 ,TGF-ベータ ,マイオスタチン ,アクチビン ,フォリスタチン ,アクチビン受容体

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 
  • ライフサイエンス / 機能生物化学 / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医科学研究センター 難病治療学研究部門 教授 
 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学(校名変更) 総合医科学研究所 教授 
 
2005年
 - 
現在
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 教授 
 
1998年
 - 
2005年
徳島大学 疾患酵素学研究センター 助教授 
 
1995年
 - 
1998年
京都大学 医学部 助手 
 

受賞

 
2005年
愛知県医師会, 難病研究者表彰
土田邦博 
 
2004年
第45回日本生化学会中国・四国支部会, 学術奨励賞
土田邦博 
 
1999年
第81回米国内分泌学会(サンデイエゴ開催), 研修旅行奨励賞
土田邦博 
 

論文

 
 
Kentaro Takayama   Keisuke Hitachi   Hideyuki Okamoto   Mariko Saitoh   Miki Odagiri   Rina Ohfusa   Takahiro Shimada   Akihiro Taguchi   Atsuhiko Taniguchi   Kunihiro Tsuchida   Yoshio Hayashi   
ACS medicinal chemistry letters   13(3) 492-498   2022年3月
Myostatin is a key negative regulator of skeletal muscle growth, and myostatin inhibitors are attractive tools for the treatment of muscular atrophy. Previously, we reported a series of 14-29-mer peptide myostatin inhibitors, including a potent de...
 
Madoka Ikemoto-Uezumi   Heying Zhou   Tamaki Kurosawa   Yuki Yoshimoto   Masashi Toyoda   Nobuo Kanazawa   Tatsu Nakazawa   Mitsuhiro Morita   Kunihiro Tsuchida   Akiyoshi Uezumi   
Aging cell   21(1) e13536   2022年1月
Sarcopenia is an important health problem associated with adverse outcomes. Although the etiology of sarcopenia remains poorly understood, factors apart from muscle fibers, including humoral factors, might be involved. Here, we used cytokine antib...
 
Keisuke Hitachi   Yuri Kiyofuji   Masashi Nakatani   Kunihiro Tsuchida   
International journal of molecular sciences   23(1)    2021年12月
RNA-binding proteins (RBPs) regulate cell physiology via the formation of ribonucleic-protein complexes with coding and non-coding RNAs. RBPs have multiple functions in the same cells; however, the precise mechanism through which their pleiotropic...
 
Tamaki Kurosawa   Keitaro Minato   Madoka Ikemoto‐Uezumi   Jun Hino   Kunihiro Tsuchida   Akiyoshi Uezumi   
International J. Mol. Sciences   22(19) 10246   2021年9月   [査読有り]
Skeletal muscle is a vital organ for a healthy life, but its mass and function decline with aging, resulting in a condition termed sarcopenia. The etiology of sarcopenia remains unclear. We recently demonstrated that interstitial mesenchymal proge...
 
Setsuko Komatsu   Junya Maruyama   Takashi Furuya   Xiaojian Yin   Hisateru Yamaguchi   Keisuke Hitachi   Natsuki Miyashita   Kunihiro Tsuchida   Masahiko Tani   
Journal of proteome research   20(10) 4718-4727   2021年8月
Chickpea cultivated on marginal lands in arid and semiarid tropics is one of the food legumes, and its growth is reduced by flooding stress. Millimeter-wave irradiation has influences on organisms, and it improves the growth of plants such as soyb...

MISC

 
 
林 良雄   高山 健太郎   淺利 知   岡本 英之   根岸 洋一   常陸 圭介   土田 邦博   伊東 史子   谷口 敦彦   
日本筋学会学術集会プログラム・抄録集   7回 22-22   2021年11月
 
土田 邦博   
BIO Clinica   36(9) 915-918   2021年8月
骨格筋は、可塑性の高い臓器であり、運動・筋力トレーニングで肥大するが、種々の筋疾患、加齢、寝たきりでは萎縮する。骨格筋は、神経筋接合部を介して筋収縮信号を受け取り体の恒常性維持や体の滑らかな動きに寄与している。最近では、骨格筋は多くのサイトカインやホルモンを分泌するとともにそれらの標的臓器となることが解析されている。骨格筋が分泌するサイトカインはマイオカインと総称されている。骨格筋は、ヘリックス・ループ・ヘリックス型転写因子群を中心とした時空間的な緻密な発現誘導により形成される。独自の幹細...
 
上住 聡芳   上住 円   黒澤 珠希   日野 純   深田 宗一朗   土田 邦博   
糖尿病   64(Suppl.1) S4-5   2021年5月
 
宇賀 菜緒子   村山 未佳   土屋 智寛   近藤 靖浩   直江 篤樹   渡邉 俊介   安井 稔博   鈴木 達也   常陸 圭介   土田 邦博   吉村 文   熊本 海生航   長尾 静子   
日本小児外科学会雑誌   57(2) 390-390   2021年4月
 
上住聡芳   上住円   黒澤珠希   黒澤珠希   堀正敏   土田邦博   
日本結合組織学会学術大会抄録集   53rd    2021年

書籍等出版物

 
 
Keisuke Hitachi, Kunihiro Tsuchida(担当:分担執筆)
The Chemical Biology of Long Noncoding RNAs. RNA Technologies, vol 11. Springer, Cham.ISBN 9783030447427   2020年10月   
 
鈴木秀典総編集(担当:分担執筆, 範囲:作用メカニズムとドーピング 筋肥大阻害(ミオスタチン等)の抑制薬)
中山書店   2020年2月   
 
Kunihiro Tsuchida, Keisuke Hitachi, Masashi Nakatani, Akiyoshi Uezumi, Hiroshi Ageta(担当:分担執筆)
Myostatin: Structure, Role in Muscle Development and Health Implications. Nova Science publishers   2016年   
 
Murakami T, Nakatani M, Kokubo M, Nakatsuji H, Inada M, Imahori H, Yudasaka M, Iijima S, Tsuchida K(担当:分担執筆)
2013年      
 
Tsuchida K, Ageta H
Elsevier   2011年3月      

講演・口頭発表等

 
 
常陸 圭介   土田 邦博   
日本筋学会学術集会プログラム・抄録集   2020年12月   日本筋学会   
 
上住 聡芳   上住 円   板倉 陽子   深田 宗一朗   土田 邦博   
第93回日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2020年9月   (公社)日本生化学会   
 
土田 邦博   上田 洋司   
第93回日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   2020年9月   (公社)日本生化学会   [招待有り]
 
清野 祐介   中谷 直史   酒井 志保美   高橋 侑也   矢部 大介   土田 邦博   林 良敬   山田 祐一郎   鈴木 敦詞   
第63回日本糖尿病学会   2020年8月   (一社)日本糖尿病学会   
 
上住聡芳   上住円   深田宗一朗   日野純   土田邦博   
第93回日本薬理学会年会   2020年3月18日   

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
医学修士 (藤田医科大学)
2013年4月
 - 
現在
Human Biology (藤田保健衛生大学, 藤田医科大学)
2008年4月
 - 
現在
大学院医学研究科 分子生物学技術講座 (藤田医科大学)
2007年4月
 - 
現在
医療科学部卒論研究 (藤田医科大学)
2009年4月
 - 
2010年3月
基礎医学特論 (名古屋大学大学院医学研究科)

所属学協会

 
 
   
 
日本サルコペニア・フレイル研究会
 
   
 
World Muscle Society
 
   
 
The Endocrine Society
 
   
 
日本再生医療学会
 
   
 
日本神経科学学会

学歴

 
1988年4月
 - 
1992年3月
京都大学 大学院医学研究科 
 
1982年4月
 - 
1988年3月
京都大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2020年1月
 - 
現在
Endocrinology  Editorial Board
 
2019年2月
 - 
現在
International J. Molecular Sciences, Biochemistry section  Editorial Board
 
2019年
 - 
現在
日本医師会認定 産業医
 
2018年4月
 - 
現在
TCR (Translational Cancer Research)  Editorial Board
 
2012年
 - 
現在
Endocrine Society  ad hoc reviewer
 

その他

 
 
① 筋萎縮抑制薬開発。
② 多種類の筋萎縮誘導モデル、新規二分脊椎モデル。
③ ヒト正常筋や動物由来の高品質・高純度の筋幹細胞、筋支持細胞の取得技術
その細胞を用いた薬剤探索(筋の脂肪化抑制、骨化抑制)の応用実績。
④ 乳がん由来細胞を用いた、転移・接着性の分子機構解析(エクソソーム分泌、ホルモン感受性、接着分子制御など)。
 
 
近隣の高等学校から依頼を受け、難病研究の説明や研究室の見学を行なっている。
 
 
教育内容・方法の工夫

医学部生や医療系コメディカルの講義を一部担当。講義内容の理解の助けとし、毎年改訂している。オンライン講義・対面講義の両方に工夫をしている。

医学部の少人数制の生物学の英語テキストの抄読会を行っている。

リサーチマインドを持った医学部学生のSRP(ステューデントリサーチャープログラム)で受け入れと研究指導を行なっている。

医療科学部卒論生の研究指導、発表会に向けた助言を行っている。
 

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)