メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 基礎> 生化学 

医学部 生化学

研究者リスト >> 林 孝典
 

最終確認日時:2020/10/21 13:28

編集

林 孝典

 
アバター
研究者氏名林 孝典
 
ハヤシ タカノリ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 生化学
職名講師
学位博士(医学)(藤田保健衛生大), 修士(保健学)(藤田保健衛生大)
J-Global ID201501020772582452

研究キーワード

 
母性 ,食欲 ,ニューロエストロゲン ,乳がん ,アロマターゼ ,エストロゲン

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 医学部 生化学 講師 
 
2013年6月
 - 
2016年3月
藤田保健衛生大学 医学部 生化学 助教 
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
藤田保健衛生大学大学院 医学研究科 
 

受賞

 
2022年9月
藤田医科大学, Best Teacher of the year 2021
 
2019年11月
日本女性医学会, 第34回 日本女性医学学会優秀演題賞
林孝典 
 
2019年10月
藤田医科大学, 産学連携推進センター長賞
林孝典 
 
2018年10月
藤田医科大学, Best Teacher of the year 2018
 
2014年10月
藤田学園医学会, 奨励賞
林孝典 
 

論文

 
 
Shigeo Hisamori   Junko Mukohyama   Sanjay Koul   Takanori Hayashi   Michael Evan Rothenberg   Masao Maeda   Taichi Isobe   Luis Enrique Valencia Salazar   Xin Qian   Darius Michael Johnston   Dalong Qian   Kaiqin Lao   Naoya Asai   Yoshihiro Kakeji   Vincenzo Alessandro Gennarino   Debashis Sahoo   Piero Dalerba   Yohei Shimono   
Journal of gastroenterology   57(6) 407-422   2022年3月   [査読有り]
BACKGROUND: MicroRNAs (miRNAs) are key regulators of stem cell functions, including self-renewal and differentiation. In this study, we aimed to identify miRNAs that are upregulated during terminal differentiation in the human colon epithelium, an...
 
Masahiro Mizuno   Behnoush Khaledian   Masao Maeda   Takanori Hayashi   Seiya Mizuno   Eiji Munetsuna   Takashi Watanabe   Seishi Kono   Seiji Okada   Motoshi Suzuki   Shintaro Takao   Hironobu Minami   Naoya Asai   Fumihiro Sugiyama   Satoru Takahashi   Yohei Shimono   
Cancers   13(16)    2021年8月   [査読有り]
Adipose tissue is a component of the tumor microenvironment and is involved in tumor progression. We have previously shown that adipokine adipsin (CFD) functions as an enhancer of tumor proliferation and cancer stem cell (CSC) properties in breast...
 
林孝典   熊本海生航   會田訓子   侯忻逢   久富由紀子   西尾永司   下野洋平   
日本女性医学学会雑誌   28(4) 548-553   2021年7月   [査読有り]
エストロゲンにはさまざまな生理作用があり、食欲抑制はそのなかの一つである。近年、神経細胞内で生合成されるエストロゲン(ニューロエストロゲン)がさまざまな生理作用を持っていることが明らかになってきた。しかし、このニューロエストロゲンと食欲の関係は不明である。ニューロエストロゲンの食欲に対する作用を明らかにするため、卵巣切除したマウス(OVX)を作製して卵巣から分泌されるエストロゲンの影響を排除し、食欲とニューロエストロゲンの関係について検討した。その結果、OVXでは視床下部でのアロマターゼ発...
 
Yuki Ichinose   Shigeto Ueda   Tomonori Kawasaki   Takanori Hayashi   Akihiro Fujimoto   Asami Nukui   Hiroko Shimada   Aya Asano   Kazuo Matsuura   Takahiro Hasebe   Akihiko Osaki   Toshiaki Saeki   
Clinics In Oncology   6(1)    2021年5月   [査読有り]
Abstract

Background

Non-islet cell tumor hypoglycemia (NICTH) is a rare paraneoplastic syndrome that secretes incompletely processed high molecular weight insulin growth factor 2 (big-IGF2), which results in stimulation of the insulin receptor...
 
Hisano Yanagi   Takashi Watanabe   Tatsunori Nishimura   Takanori Hayashi   Seishi Kono   Hitomi Tsuchida   Munetsugu Hirata   Yuko Kijima   Shintaro Takao   Seiji Okada   Motoshi Suzuki   Kazuyoshi Imaizumi   Kenji Kawada   Hironobu Minami   Noriko Gotoh   Yohei Shimono   
Cancer science   111(12) 4359-4370   2020年9月   [査読有り]
Metastatic progression remains the major cause of death in human breast cancer. Cancer cells with cancer stem cell (CSC) properties drive initiation and growth of metastases at distant sites. We have previously established the breast cancer patien...

MISC

 
 
 
林孝典   原田信広   
日本内分泌学会雑誌   92(3 (Web)) 794(J‐STAGE)   2016年   
 
林孝典   原田信広   
生化学   ROMBUNNO.4P-0055   2011年   
 
HAYASHI Takanori   若月徹   吉村憲子   原田信広   
生化学   ROMBUNNO.1P-0022   2010年   
 
石川 浩章   林 孝典   藤原 晴美   
健康創造研究会誌   3(2) 119-124   2004年   

書籍等出版物

 
 
城, 宜嗣, 青野, 重利, 齋藤, 正男
エヌ・ティー・エス   2022年5月   (ISBN:9784860437787)

講演・口頭発表等

 
 
侯 忻逢   林 孝典   久富 由紀子   赤座 万桜   會田 訓子   原田 信広   
日本内分泌学会雑誌   2021年4月   (一社)日本内分泌学会   
 
林 孝典   本田 伸一郎   熊本 海生航   下野 洋平   原田 信広   
日本内分泌学会雑誌   2021年4月   (一社)日本内分泌学会   
 
林 孝典   西尾 永司   會田 訓子   鈴川 小百合   原田 信広   下野 洋平   
日本女性医学学会雑誌   2019年10月   (一社)日本女性医学学会   
 
會田 訓子   林 孝典   須田 梨沙   西尾 永司   河合 智之   下野 洋平   藤井 多久磨   
日本女性医学学会雑誌   2019年10月   (一社)日本女性医学学会   
 

担当経験のある科目(授業)

 
2013年4月
 - 
現在
生化学実習 (藤田医科大学 医学部)
 
 - 
2020年3月
読書ゼミナール (藤田医科大学 医学部)
 
   
 
栄養生化学 (中京学院大学 看護学科)
 
   
 
医学教育入門 (藤田医科生大学 医学部)
 
   
 
PBLⅡ (藤田医科大学 医学部)

所属学協会

 
2021年7月
 - 
現在
ホルモンと癌研究会(理事)
 
   
 
日本生化学会
 
   
 
ステロイドホルモン学会
 
   
 
日本女性医学会
 
   
 
日本癌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
遺伝子改変マウスを用いたニューロエストロゲンが摂食行動に与える影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
西尾 永司 原田 信広 熊本 海生航 本田 伸一郎 林 孝典 下野 洋平 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
大腸癌に対するエストロゲン作用の多様性についての包括的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
本間 尚子 林 孝典 三上 哲夫 下野 洋平 深澤 由里 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
新規大腸がんモデル動物を用いたエストロゲンの大腸がん抑制メカニズム解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
佐藤 美信 林 孝典 本間 尚子 下野 洋平 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
ネグレクトに対するニューロエストロゲンの作用と分子メカニズム解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
林 孝典 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
アロマターゼ阻害剤耐性乳がんの持つ分子標的薬抵抗性の克服
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
引地 理浩 林 孝典 下野 洋平 喜島 祐子 内海 俊明 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)