メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>脳神経内科学
 

医学部 脳神経内科学

研究者リスト >> 伊藤 信二
 

最終確認日時:2019/09/17 11:16

編集

伊藤 信二

 
アバター
研究者氏名伊藤 信二
 
イトウ シンジ
所属藤田保健衛生大学
部署医学部 医学科 脳神経内科学
職名臨床教授
学位博士(医学)(名古屋大学)
J-Global ID201501014100305701

研究キーワード

 

研究分野

 

    経歴

     

    学歴

     

    委員歴

     

    受賞

     

    論文

     
     
    Ito S   Kikuchi K   Ueda A   Nagao R   Maeda T   Murate K   Shima S   Mizutani Y   Niimi Y   Mutoh T   
    Frontiers in neurology   9 528   2018年   [査読有り]
     
    Yoshiki Niimi   Shinji Ito   Kenichiro Murate   Seiko Hirota   Chika Hikichi   Tomomasa Ishikawa   Toshiki Maeda   Ryunosuke Nagao   Sayuri Shima   Yasuaki Mizutani   Akihiro Ueda   Tatsuro Mutoh   
    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   377 174-178   2017年6月   [査読有り]
    Background: Although single-photon emission computerized tomography of the dopamine transporter (DATSPECT) is useful for diagnosing parkinsonian syndrome, its applicability toward the early phase of Parkinson's disease remains unknown.
    Methods: We...
     
    Tomomasa Ishikawa   Kunihiko Asakura   Yasuaki Mizutani   Akihiro Ueda   Ken-Ichiro Murate   Chika Hikichi   Sayuri Shima   Madoka Kizawa   Masako Komori   Kazuhiro Murayama   Hiroshi Toyama   Shinji Ito   Tatsuro Mutoh   
    MUSCLE & NERVE   55(4) 483-489   2017年4月   [査読有り]
    Introduction: To visualize peripheral nerves in patients with chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy (CIDP), we used MR imaging. We also quantified the volumes of the brachial and lumbar plexus and their nerve roots. Methods: Thirteen p...
     
    Shinji Ito   Akihiro Ueda   Kenichiro Murate   Seiko Hirota   Takao Fukui   Tomomasa Ishikawa   Sayuri Shima   Chika Hikichi   Yasuaki Mizutani   Madoka Kizawa   Kunihiko Asakura   Tatsuro Mutoh   
    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   368 344-348   2016年9月   [査読有り]
    Objective: Acute multifocal embolic infarction (AMEI) is conventionally caused by etiologies such as cardioembolism due to atrial fibrillation (AO, but can also be caused by serious underlying diseases such as cancer. We characterized cancer-relat...
     
    Fukui T   Ueda A   Murate K-I   Hikichi C   Ito S   Asakura K   Mutoh T   
    Neurol Clin Neurosci   4(1) 31-33   2016年   [査読有り]

    MISC

     
     
    前田 利樹   新美 芳樹   菊池 洸一   長尾 龍之介   村手 健一郎   廣田 政古   引地 智加   石川 等真   島 さゆり   水谷 泰彰   植田 晃広   伊藤 信二   武藤 多津郎   
    神経治療学   34(6) S224-S224   2017年11月   
     
    引地 智加   伊藤 信二   村手 健一郎   廣田 政古   石川 等真   島 さゆり   水谷 泰彰   植田 晃広   木澤 真努香   朝倉 邦彦   武藤 多津郎   
    臨床神経学   57(10) 613-613   2017年10月   
     
    村手 健一郎   前田 利樹   長尾 龍之介   廣田 政古   引地 智加   石川 等真   島 さゆり   新美 芳樹   植田 晃広   伊藤 信二   朝倉 邦彦   武藤 多津郎   
    臨床神経学   57(10) 621-621   2017年10月   
     
    村手 健一郎   植田 晃広   廣田 政古   引地 智加   石川 等真   新美 芳樹   島 さゆり   水谷 泰彰   伊藤 信二   武藤 多津郎   
    神経免疫学   22(1) 100-100   2017年10月   
     
    水谷 泰彰   村手 健一郎   廣田 政古   福井 隆男   引地 智加   石川 等真   島 さゆり   植田 晃広   木澤 真努香   伊藤 信二   朝倉 邦彦   武藤 多津郎   
    臨床神経学   57(9) 537-537   2017年9月   

    書籍等出版物

     
     
    市田公美, 細山田真
    廣川書店      2009年      
     
    市田公美, 細山田真
    廣川書店      2009年      

    講演・口頭発表等

     
     
    抗TNFα抗体製剤導入後に複視が出現し、脱髄性病変を認めた一例
    石川 等真   水谷 泰彰   菊池 洸一   長尾 龍之介   前田 利樹   村手 健一郎   廣田 政古   引地 智加   島 さゆり   新美 芳樹   植田 晃広   伊藤 信二   武藤 多津郎   
    臨床神経学   2018年5月   
     
    下肢筋痛が主症状となったビタミンB1欠乏症の1例
    長尾 龍之介   前田 利樹   伊藤 信二   菊池 洸一   村手 健一郎   廣田 政古   引地 智加   石川 等真   島 さゆり   水谷 泰彰   新美 芳樹   植田 晃広   武藤 多津郎   
    臨床神経学   2017年12月   
     
    視神経炎を合併した抗NMDA受容体(NMDAR)脳炎の1例
    廣田政古   伊藤信二   植田晃広   長尾龍之介   前田利樹   村手健一郎   引地智加   石川等真   島さゆり   新美芳樹   武藤多津郎   
    第147回日本神経学会東海北陸地方会   2017年12月   
     
    CIDP患者末梢神経組織の画像化と定量の試み
    武藤多津郎   石川等真   植田晃広   島さゆり   村手健一郎   伊藤信二   
    平成28年度免疫性ニューロパチー班班会議   2017年   
     
    Clioquinolの神経系細胞に及ぼす影響の解明
    武藤多津郎   村手健一郎   新美芳樹   水谷泰彰   島さゆり   植田晃広   伊藤信二   
    平成28年度スモンに関する調査研究班班会議   2017年   

    担当経験のある科目(授業)

     

    所属学協会

     

    Works(作品等)

     

    共同研究・競争的資金等の研究課題

     

    産業財産権

     

    学術貢献活動

     

    社会貢献活動

     

    メディア報道

     

    その他