メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 内科系> 皮膚科学 

医学部 皮膚科学

研究者リスト >> 渡邊 総一郎
 

最終更新日時:

編集

渡邊 総一郎

 
アバター
研究者氏名渡邊 総一郎
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 皮膚科学
職名助教
J-Global ID201501009528048939

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 皮膚科学 / 

論文

 
 
Soichiro Watanabe   Yohei Iwata   Kenta Saito   Kazumitsu Sugiura   
The Journal of Dermatology   49(1) e26-e27   2021年10月
 
小野田 裕子   渡邊 総一郎   岩田 洋平   杉浦 一充   蜂谷 芳可   
皮膚の科学   20(3) 258-258   2021年9月
 
Soichiro Watanabe   Yohei Iwata   Kazumitsu Sugiura   
The Journal of Dermatology   48(3) e142-e143   2021年3月   [査読有り]
 
Soichiro Watanabe   Yohei Iwata   Hidehiko Fukushima   Kenta Saito   Yoshihito Tanaka   Yurie Hasegawa   Masashi Akiyama   Kazumitsu Sugiura   
Scientific Reports   10(1) 20149-20149   2020年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>Loss-of-function mutations in the interleukin (IL)-36 gene <italic>IL36RN</italic> are associated with psoriasis. The importance of neutrophil extracellular traps (NETs), web-like structures composed of neutrophil DNA, in th...
 
Kenta Saito   Yohei Iwata   Hidehiko Fukushima   Soichiro Watanabe   Yoshihito Tanaka   Yurie Hasegawa   Masashi Akiyama   Kazumitsu Sugiura   
Scientific reports   10(1) 14772-14772   2020年9月
Loss-of-function homozygous or compound heterozygous mutations in IL36RN, which encodes interleukin-36 receptor antagonist (IL-36Ra), have been implicated in the pathogenesis of various skin disorders. Previous findings showed that IL-36γ promoted...

MISC

 
 
福島 英彦   岩田 洋平   齋藤 健太   渡邊 総一郎   杉浦 一充   山田 勢至   塚本 徹哉   
日本皮膚科学会雑誌   130(1) 102-102   2020年1月
 
渡邊 総一郎   岩田 洋平   沼田 茂樹   齋藤 健太   稲熊 容子   山本 幸也   渡邊 薫   岡本 昌隆   黒田 誠   杉浦 一充   
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   34回 120-120   2018年6月   
 
萩原 宏美   岩田 洋平   沼田 茂樹   渡邊 総一郎   杉浦 一充   
臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology   71(12) 963-966   2017年11月
 
渡邊 総一郎   岩田 洋平   竹内 誠   沼田 茂樹   有馬 豪   神谷 里明   溝口 良順   黒田 誠   杉浦 一充   
皮膚科の臨床   59(9) 1359-1369   2017年8月
 
岩田 洋平   有馬 豪   臼田 俊和   稲坂 優   田中 義人   小寺 雅也   沼田 茂樹   渡邊 総一郎   秋田 浩孝   矢上 晶子   松永 佳世子   杉浦 一充   
Skin Surgery   26(2) 79-86   2017年6月   
基底細胞癌(以下BCCと略)は眼瞼に発生し全層欠損となる症例もしばしば経験する。下眼瞼の全層欠損の再建は、欠損幅が25%までは単純縫縮可能であるが、そり以上では後葉と前葉の再建を別々に行う必要がある。前葉、後葉ともにさまざまな再建方法が知られている。当科では、基本は単純縫縮を試み、前葉が単純縫縮不能な症例では、後葉を単純縫縮し、前葉はmalar flapでの再建としている。瞼板が縫縮できない症例では、後葉は硬口蓋粘膜(硬口蓋粘骨膜弁)移植による再建を行い、前葉はmalar flapによる再...

講演・口頭発表等

 
 
Soichiro Watanabe   Yohei Iwata Hidehiko Fukushima   Kenta Saito   Yoshihito Tanaka   Yurie Hasegawa   Masashi Akiyama   Kazumitsu Sugiura   
2021年6月   
 
渡邊総一郎、矢上晶子、岩田洋平、佐野晶代、茂木紫、沼田茂樹、鈴木明子、岩田貴子、黒田 誠、松永佳世子、杉浦一充   
日本皮膚科学会総会   2017年   

その他

 
 
特になし