メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 山田 成樹
 

最終更新日時:

編集

山田 成樹

 
アバター
研究者氏名山田 成樹
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 臨床薬剤科
職名教授
学位博士(医学)
J-Global ID201501014916894004

MISC

 
 
後藤伸之   山田成樹   藤森研司   
医薬品情報学   15(4) 19-22   2014年   [査読有り]
Objective: The purpose of this study was to clarify the importance of therapeutic drug monitoring (TDM) at acute care hospitals using Diagnosis Procedure Combination (DPC) data.<br>Methods: We used DPC data from about 3,500,000 inpat...
 
Tomohiro Mizuno   Takahiro Hayashi   Rina Kato   Ayaka Noguchi   Hiroki Hayashi   Yukio Yuzawa   Shigeki Yamada   Tadashi Nagamatsu   
THERAPEUTICS AND CLINICAL RISK MANAGEMENT   10 73-76   2014年   [査読有り]
Background: Patients with end-stage renal disease (ESRD) have symptoms related to severe anemia, edema, and heart failure. Although dialysis improves ESRD syndromes, the optimum timing for initiation of dialysis is unclear. Recent observational st...
 
廣瀬 正幸   金山 康秀   土屋 廣起   竹本 雄一   山田 成樹   鍋島 俊隆   
整形外科   64(11) 1159-1164   2013年10月   
原発性骨粗鬆症患者における新規ビスホスホネート(BP)製剤ミノドロネート(MIN)の臨床効果について検討した。新たに骨粗鬆症と診断した100例を、無作為にMIN投与群とアレンドロネート(ALN)投与群に割り付けた。TRACP-5bは、投与開始4週後より両群間において最小有意変化(MSC)を超える低下がみられた。血清NTXは、投与開始24週後より両群間においてMSCを超える低下がみられた。有害事象の発生率は、MIN群24%、ALN群22%で、継続不可となった症例はMIN群4例、ALN群7例で...
 
林高弘   浅野嘉之   宮川弘考   西部星来   安藤舞子   矢野裕章   山田成樹   吉田俊治   永松正   
日本腎臓病薬物療法学会誌   2(1) 17-21   2013年   [査読有り]
 
林高弘   浅野嘉之   宮川弘考   西部星来   安藤舞子   矢野裕章   山田成樹   吉田俊治   永松正   
日本腎臓病薬物療法学会誌   2(1) 17-21   2013年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
 
浅井治行   東口高志   森直治   岩田正巳   福浦久美子   太田真紀子   松田日出三   山田成樹   
第29回日本静脈経腸栄養学術集会   2014年   
 
平松裕之   鈴木竜太   井平 勝   伊勢川裕二   河村吉紀   吉川哲史   
第29回東海ヘルペス群ウイルス感染症研究会   2014年   
 
久保みさき   林高弘   山田成樹   
日本薬学会第134年会   2014年   
 
友松恵子   牧原俊康   九鬼里香   津川透   加藤さや香   覚前有希子   伊藤佳織   熊澤里美   魚住藍子   林高弘   山田成樹   
日本薬学会第134年会   2014年   
 
松崎遥菜   林高弘   池畑沙織   牧原俊康   九鬼里香   山田成樹   森直治   東口高志   安田公夫   
日本薬学会第134年会   2014年