メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>乳腺外科
 

医学部 乳腺外科

研究者リスト >> 引地理浩
 

最終確認日時:

編集

引地理浩

 
アバター
研究者氏名引地理浩
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 乳腺外科
職名助教
学位博士(医学)(藤田保健衛生大学大学院)

学歴

 
2011年4月
 - 
2016年3月
藤田保健衛生大学大学院 医学部 乳腺外科学
 
2000年4月
 - 
2006年3月
藤田保健衛生大学 医学部 医学科
 

論文

 
Forskolin increases the effect of everolimus on aromatase inhibitor-resistant breast cancer cells.
Hayashi T, Hikichi M, Yukitake J, Wakatsuki T, Nishio E, Utsumi T, Harada N.
Oncotarget   9(34) 23451-23461   2018年   [査読有り]
再発乳癌患者の薬物療法における薬剤師外来の有用性に関する検討
小林尚美,安藤洋介,牛窓かおり,引地理浩,杉岡篤,山田成樹,内海俊明
藤田学園医学会誌   41(1) 21-23   2017年   [査読有り]
Differences in subtype distribution between screen-detected and symptomatic inva sive breast cancer and their impact on survival.
N Kobayashi, M Hikichi, K Ushimado, A Sugioka, Y Kiriyama, M Kuroda, T Utsumi.
Clinical and Translational Oncology      2017年   [査読有り]
Estradiol suppresses phosphorylation of -ERα serine 167 through upregulation of P P2A in breast can cer cells.
T Hayashi, M Hikichi, J Yukitake, N Harada, T Utsumi.
Oncology Letters   14(6) 8060-8065   2017年   [査読有り]
A Hypoglycemia-inducing Giant Borderline Phyllodes Tumor Secreting High-mo lecular-weight Insu lin-Like Growth Factor II: A Case Report with Immunohistochemistry and a Western Blot Analysis.
Hikichi M, Kiriyama Y, Hayashi T, Ushimado K, Kobayashi N, Urano M, Kuroda M, Utsumi T.
Internal Medicine   57(2) 237-241   2017年   [査読有り]

Misc

 
内海俊明,小林尚美,宮島慎介,引地理浩,牛窓かおり
臨床外科   66(7) 886-891   2011年
EWSR1のシグナル異常が認められた基質産生乳癌の1例
佐久間宣博,堀 眞佐男,三村貴裕,木村勝隆,引地理浩,佐藤宏喜
日赤検査   42(1) 11-6   2009年

講演・口頭発表等

 
乳癌術後11年で対側乳房に出現したApocrine carcinomaの一例.
引地理浩,牛窓かおり,小林尚美,内海俊明.
第15回日本乳癌学会中部地方会   2018年   
当院におけるエリブリンの肝転移症例に対する有効性の検討.
引地理浩,牛窓かおり,小林尚美,内海俊明.
第26回日本乳癌学会学術総会   2018年   
A pilot study to investigate high-sensitivity cardiac troponin I (hscTnI) and high-sensitivity cardiac troponin T (hscTnT) for the prediction of cardiotoxicity in women with breast cancer treated with doxorubicin or trastuzumab.
T.Utsumi ,J.Ishii, H.Naruse, N.Kobayashi, M.Hikichi, K.Ushimado.
4TH ESO-ESMO BREAST CANCER IN YOUNG WOMEN INTERNATIONAL CONFERENCE(BCY4) , 2018.   2018年   
Clinicopathological features of young women (≤39 years old) with invasive breast cancer.
T.Utsumi , N.Kobayashi, M.Hikichi, K.Ushimado.
THE 11TH EUROPEAN BREAST CANCER CONFERENCE, 2018.   2018年   
当院における若年性乳癌(stage Ⅰ-Ⅲ)の予後と予後規定因子の検討.
牛窓かおり,引地理浩,李由紀,小林尚美,内海俊明.
第25回日本乳癌学会学術総会   2017年   

競争的資金等の研究課題

 
アロマターゼ阻害剤耐性乳がんの持つ分子標的薬抵抗性の克服
科研費 : 基盤研究(C)
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月    代表者: 引地理浩
一般財団法人 愛知健康増進財団: 2018年度「医学研究・健康増進活動」
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 引地理浩