メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>七栗歯科
 

医学部 七栗歯科

研究者リスト >> 金森 大輔
 

最終確認日時:

編集

金森 大輔

 
アバター
研究者氏名金森 大輔
 
 
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 七栗歯科
職名講師
学位博士(医学)
J-Global ID201501011362514930

研究キーワード

 

研究分野

 

    経歴

     

    学歴

     

    委員歴

     

    受賞

     

    論文

     

    MISC

     
     
    池田 真弓   三鬼 達人   西村 和子   田村 茂   渥美 雅子   濱 健太朗   稲垣 鮎美   目黒 道生   金森 大輔   中川 量晴   渡邉 理沙   松尾浩一郎   
    日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌   17(3) 233-238   2013年   [査読有り]
     
    小林義和   松尾浩一郎   渡邉理沙   藤井航   金森大輔   永田千里   角保徳   水谷英樹   
    老年歯科医学   28(2) 69-78   2013年   [査読有り]
     
    金森大輔   藤井航   伊藤有倫子   渡邉理沙   永田千里   加賀谷斉   才藤栄一   水谷英樹   
    老年歯科医学   27 30-35   2012年   [査読有り]
     
    Enri Nakayama   Hitoshi Kagaya   Eiichi Saitoh   Yoko Inamoto   Shuji Hashimoto   Naoko Fujii   Kazuhiro Katada   Daisuke Kanamori   Haruka Tohara   Koichiro Ueda   
       2012年   [査読有り]
     
    Inamoto Y   Kagaya H   Saitoh E   Kanamori D   Shibata S   Fujii N   Katada K   Jeffrey B. Palmer   
    pnJ Compr Rehabil Sci   3 59-65   2012年   [査読有り]

    書籍等出版物

     
     
    塩谷隆信, 高橋仁美
    株式会社中外医学社      2011年      

    講演・口頭発表等

     
     
    嚥下CTにおける低線量撮影条件の検討
    金森大輔   加賀谷斉   藤井直子   稲本陽子   伊藤友倫子   井田義宏   片田和広   才藤栄一   藤井 航   目黒道生   中川量晴   渡邉理沙   鈴木 瞳   松尾浩一郎   
    第19回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会   2013年9月   
     
    歯科領域における低線量最適撮影条件の検討
    金森大輔   藤井直子   片岡由美   鈴木昇一   渡辺崇広   小林義和   今村基尊   乾 好貴   服部秀計   井田義宏   片田和広   水谷英樹   
    藤田医学会   2012年10月   
     
    AIDR 3Dを用いた嚥下CT撮影条件最適化の検討
    金森 大輔   加賀谷斉   藤井直子   藤井 航   稲本陽子   伊藤友倫子   岡田猛司   渡邉理沙   水谷英樹   柴田斉子   太田喜久夫   鈴木昇一   片田和広   才藤栄一   
    日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会   2012年9月   
     
    ワレンベルグ症候群による嚥下障害を呈した1症例の経過
    金森大輔   藤井航   渡邉理沙   永田千里   坂口貴代美   水谷英樹   
    老年歯科   2012年6月   
     
    AIDR 3Dを用いた歯科領域における低線量最適撮影条件の検討
    金森大輔   藤井直子   乾 好貴   服部秀計   片田和広   小林正尚   片岡由美   井田義広   小林義和   佐藤公治   今村基尊   水谷英樹   
    CTMRI   2012年6月   

    担当経験のある科目(授業)

     

    所属学協会

     

    Works(作品等)

     

    共同研究・競争的資金等の研究課題

     

    産業財産権

     

    学術貢献活動

     

    社会貢献活動

     

    メディア報道

     

    その他