メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 保健衛生学部> リハビリテーション学科 

保健衛生学部 リハビリテーション学科

研究者リスト >> 横田 元実
 

最終確認日時:2016/09/20 18:36

編集

横田 元実

 
アバター
研究者氏名横田 元実
 
ヨコタ モトミ
所属藤田医科大学
部署保健衛生学部 リハビリテーション学科 理学療法治療学
職名講師
学位博士(医学)
J-Global ID201501019737842974

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 

MISC

 
 
平野哲   才藤栄一   田辺茂雄   大塚圭   横田元実   
理療   47(3) 43-532017年   [査読有り]
 
 
井元 大介   横田 元実   才藤 栄一   沢田 光思郎   柴田 斉子   宇野 秋人   奥野 雅大   伊藤 智昭   後藤 学   平野 明日香   岩田 大輝   花木 桃子   
The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   51(Suppl.) S380-S3802014年5月   
 
沢田 光思郎   才藤 栄一   井元 大介   鈴木 由佳理   横田 元実   石原 健   戸田 芙美   
日本義肢装具学会誌   30(1) 11-142014年1月   
ポリオ感染症の新規発症がほとんどない本邦において、一般医療現場では「過去の病」として認識・看過されている。一方、リハビリテーションの現場では、ポリオ罹患後数十年を経てポリオ経験者に生じる新たな筋力低下、疲労感増大などが、ポストポリオ症候群(post-polio syndrome;PPS)として注目されている。PPS発症・進行防止のためには、生活スタイルの改善、装具療法、運動療法が必要である。このうち装具療法では、必要最低限の機能を見極め、装具自体をシンプル・軽量化することで過用防止を目指す...
 
井元 大介   青柳 陽一郎   沢田 光思郎   鈴木 由佳理   戸田 芙美   横田 元実   菊池 航   蒲生 一将   花木 桃子   才藤 栄一   
理学療法学   40(大会特別号3) S-B神経2013年5月   

書籍等出版物

 
 
金原出版株式界社      2011年      

講演・口頭発表等

 
 
新しい調整機能付き後方平板支柱型短下肢装具(APS-AFO)の開発
横田元実   才藤栄一   
第29回 日本義肢装具学会学術大会   2013年   
 
データベースを用いた装具療法の再考 ~入院時重度歩行障害者の経時的変化~
杉浦翼   横田元実   
第28回 日本義肢装具学会学術大会   2012年   
 
BGraS Project3:ポストポリオの装具処方の現状―当院での経験から―
横田元実   才藤栄一   
第26回 日本義肢装具学会学術大会   2010年   
 
ポストポリオと装具2:装具処方の考え方
横田元実   才藤栄一   
第25回 日本義肢装具学会学術大会   2009年   

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 

作成した教科書、教材、参考書

 
 

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項