メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
> 保健衛生学部> リハビリテーション学科 

保健衛生学部 リハビリテーション学科

研究者リスト >> 稲本 陽子
 

最終確認日時:2019/07/30 08:20

編集

稲本 陽子

 
アバター
研究者氏名稲本 陽子
 
 
所属藤田医科大学
部署保健衛生学部 リハビリテーション学科 リハビリテーション医学
職名教授
学位博士(医学)
J-Global ID201501009833625709

研究キーワード

 
CT ,言語病理学 ,摂食嚥下障害 ,摂食嚥下

経歴

 
2019年1月
 - 
現在
藤田医科大学 医療科学部(現保健衛生学部) 教授 
 
2015年4月
 - 
2019年1月
藤田保健衛生大学(現藤田医科大学) 医療科学部(現保健衛生学部) 准教授 
 
2011年4月
 - 
2015年3月
藤田保健衛生大学(現藤田医科大学) 医療科学部(現保健衛生学部) 講師 
 
2010年4月
 - 
2011年3月
藤田保健衛生大学病院 リハビリテーション部 言語聴覚士 
 
2006年10月
 - 
2007年10月
ジョンズ・ホプキンス大学 リハビリテーション医学 visiting scientist 
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2014年3月
藤田保健衛生大学大学院  医学研究科
 
2008年4月
 - 
2010年3月
藤田保健衛生大学大学院  保健学研究科
 
1999年4月
 - 
2001年3月
日本聴能言語福祉学院  聴能言語学科
 
1995年4月
 - 
1999年3月
南山大学 外国語各部 英米学科
 

MISC

 
 
Takeshi Okada   Yoichiro Aoyagi   Yoko Inamoto   Eiichi Saitoh   Hitoshi Kagaya   Seiko Shibata   Kikuo Ota   Koichiro Ueda   
JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY   115(8) 1138-11452013年10月   [査読有り]
Research on muscle activation patterns during swallowing has been limited. Newly developed 320-row area detector computed tomography (320-ADCT) has excellent spatial and temporal resolution, which facilitates identification of laryngopharyngeal st...
 
Yoko Inamoto   Eiichi Saitoh   Sumiko Okada   Hitoshi Kagaya   Seiko Shibata   Kikuo Ota   Mikoto Baba   Naoko Fujii   Kazuhiro Katada   Pattra Wattanapan   Jeffrey B. Palmer   
DYSPHAGIA   28(1) 33-422013年3月   [査読有り]
The present study examined the effect of bolus viscosity on the onset of laryngeal closure (relative to hyoid elevation), the duration of laryngeal closure, and other key events of swallowing in ten healthy volunteers. All volunteers underwent 320...
 
稲本陽子   
インナービジョン   28 88-892013年   
 
稲本陽子   
インナービジョン   28(別冊付録) 14-152013年   
 
Marlis Gonzalez-Fernandez   Yoko Inamoto   Eiichi Saitoh   Hitoshi Kagaya   
Curr Phys Med Rehabil Rep   1 296-3062013年   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
稲本陽子(担当:共編者(共編著 者))
   2019年6月      
 
稲本陽子(担当:分担執筆, 範囲:言語・コミュニケーションとその生物学的基盤)
医学書院      2019年3月      
 
稲本陽子(担当:共編者(共編著 者))
   2018年      
 
稲本陽子(担当:単著)
   2017年11月      
 
稲本陽子(担当:分担執筆, 範囲:5疾患における口腔ケア)
一般財団法人 口腔保健協会      2017年7月      

講演・口頭発表等

 
 
Thin liquid bolud volume alters pharyngeal swallowing: Kinematic analysis using 3D dynamic CT
Inamoto Y   Saitoh E   Shibata S   Kagaya H   Aoyagi Y   Onogi K   Katada K   Palmer JB   
22th Dysphagia Research Society Annual Meeting   2014年   
 
嚥下CT(その2)咽喉頭形態・嚥下動態研究と臨床応用
稲本陽子   才藤栄一   藤井直子   片田和広   
第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会   2013年   
 
The effect of pharyngeal swallowing. Kinematic analysis using 3D-dynamic CT
Inamoto Y   Saitoh E   Shibata S   Aoyagi Y   Kagaya H   Ota K   Itoh Y   Okada T   
The 2nd KOREA-JAPN NeuroRehabiliation Conference   2013年   
 
Application of 320-ADCT in evaluation of swallowing
Inamoto Y   
21th Dysphagia Research Society Annual Meeting   2013年   
 
Mendelsohn Maneuver and Super-supraglottic swallow: Kinematic analysis using 3D dynamic computed tomography
Inamoto Y   Saitoh E   Shibata S   Aoyagi Y   Kagaya H   Ota K   Itoh Y   Okada T   Fujii N   Katada K   Palmer JB   
21th Dysphagia Research Society Annual Meeting   2013年