メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部
保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医療科学部 

医療科学部

研究者リスト >> 中井 滋
 

最終確認日時:

編集

中井 滋

 
アバター
研究者氏名中井 滋
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署医療科学部 臨床工学科 代謝機能・臨床医学
職名教授
学位博士(医学)
J-Global ID201501011162251447

MISC

 
 
Kunihiro Yamagata   Takashi Yagisawa   Shigeru Nakai   Masaaki Nakayama   Enyu Imai   Motoshi Hattori   Kunitoshi Iseki   Takashi Akiba   
CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY   19(1) 54-64   2015年2月   
The prevalence and incidence of end-stage kidney disease (ESKD) have continued to increase worldwide. Japan was known as having the highest prevalence of ESKD in the world; however, Taiwan took this place in 2001, with the USA still in third posit...
 
中井 滋   
腎と透析   76(5) 697-700   2014年5月   
 
長谷川 毅   中井 滋   森石 みさき   伊藤 恭彦   伊丹 儀友   政金 生人   花房 規男   谷口 正智   濱野 高行   庄司 哲雄   山縣 邦弘   篠田 俊雄   風間 順一郎   渡邊 有三   重松 隆   丸林 誠二   守田 治   和田 篤志   橋本 整司   鈴木 一之   木全 直樹   若井 建志   藤井 直彦   尾形 聡   土田 健司   西 裕志   井関 邦敏   椿原 美治   中元 秀友   日本透析医学会統計調査委員会腹膜透析レジストリ小委員会   
日本透析医学会雑誌   47(2) 107-117   2014年2月   
2009年より日本透析医学会統計調査委員会の年末全国調査の一環として日本腹膜透析医学会の協力のもと「腹膜透析(PD)レジストリ」が開始されている.今回2012年末に行われた調査結果からPD患者の現状を報告する.対象は2012年末全国調査で報告されたわが国のPD患者.血液(濾過)透析(HD(F))等との併用状況,透析液交換方法,自動腹膜透析装置(APD)使用状況,腹膜炎および出口部感染発症率などについて記述的解析を行った.2012年末の施設調査では,PD患者数は9,514人で2011年末と比...
 
中井 滋   花房 規男   政金 生人   谷口 正智   濱野 高行   庄司 哲雄   長谷川 毅   伊丹 儀友   山縣 邦弘   篠田 俊雄   風間 順一郎   渡邊 有三   重松 隆   丸林 誠二   守田 治   和田 篤志   橋本 整司   鈴木 一之   中元 秀友   木全 直樹   若井 建志   藤井 直彦   尾形 聡   土田 健司   西 裕志   井関 邦敏   椿原 美治   日本透析医学会統計調査委員会統計解析小委員会   
日本透析医学会雑誌   47(1) 1-56   2014年1月   
2012年末の統計調査は全国の4,279施設を対象に実施され, 4,238施設 (99.0%) から回答を得た. 2012年1年間の年間導入患者数は38,055人であった. 年間導入患者数は2008年以降大きな増減なく推移している. 2012年1年間に死亡した患者は30,710人であり, 2011年の死亡数30,743人よりも僅かに減少し, 透析人口は依然増加し続け, 2012年末の透析人口は310,007人と31万人を超えた. 人口百万人あたりの患者数は2,431.2人である. 2011...
 
Junichi Hoshino   Kunihiro Yamagata   Shinichi Nishi   Shigeru Nakai   Ikuto Masakane   Kunitoshi Iseki   Yoshiharu Tsubakihara   
AMERICAN JOURNAL OF NEPHROLOGY   39(5) 449-458   2014年   
Background/Aims: This study aims to identify current risk factors for developing dialysis-related amyloidosis using carpal tunnel syndrome (CTS) as proxy for general amyloidosis. Methods: The cohort consisted of 166,237 patients on dialysis (mean ...

講演・口頭発表等

 
 
 
北口 暢哉   石川 剛   新里 昌功   堀 秀生   小林 駿   齋藤 優太   川口 和紀   大橋 篤   長尾 枝澄香   中井 滋   比企 能之   
第51回日本人工臓器学会大会   2013年9月   
 
北口 暢哉   三枝 滉   川口 和紀   後藤 健宏   山田 真嗣   坂田 美和   堀 秀生   大橋 篤   比企 能之   中井 滋   
第51回日本人工臓器学会大会   2013年9月   
 
長尾 尋智   森實 篤司   柴田 昌典   高橋 貢   中井 滋   
第58回日本透析医学会学術集会   2013年6月   
 
大橋 篤   堀 秀生   川口 和紀   中井 滋   北口 暢哉   比企 能之   富田 亮   長谷川 みどり   湯澤 由紀夫   
第58回日本透析医学会学術集会   2013年6月   

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 
 
 

作成した教科書、教材、参考書