メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

医学部 精神神経科学

研究者リスト >> 江 﨑幸生
 

最終更新日時:

編集

江 﨑幸生

 
アバター
研究者氏名江 﨑幸生
 
 
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 精神神経科学
職名講師
学位博士(医学)
J-Global ID201501016839330669

研究キーワード

 

研究分野

 

    経歴

     

    学歴

     

    委員歴

     

    受賞

     

    論文

     

    MISC

     
     
    Takeo Saito   Kenji Kondo   Yoshimi Iwayama   Ayu Shimasaki   Branko Aleksic   Kazuo Yamada   Tomoko Toyota   Eiji Hattori   Kosei Esaki   Hiroshi Ujike   Toshiya Inada   Hiroshi Kunugi   Tadafumi Kato   Takeo Yoshikawa   Norio Ozaki   Masashi Ikeda   Nakao Iwata   
    AMERICAN JOURNAL OF MEDICAL GENETICS PART B-NEUROPSYCHIATRIC GENETICS   165(5) 421-427   2014年7月   [査読有り]
    Recent genome-wide association studies (GWASs) of schizophrenia (SCZ) identified several susceptibility genes and suggested shared genetic components between SCZ and bipolar disorder (BD). We conducted a genetic association study of single nucleot...
     
    Kosei Esaki   Kenji Kondo   Masakazu Hatano   Takeo Saito   Taro Kishi   Wakako Umene-Nakano   Reiji Yoshimura   Jun Nakamura   Norio Ozaki   Masashi Ikeda   Nakao Iwata   
    JOURNAL OF HUMAN GENETICS   58(8) 568-569   2013年8月   [査読有り]
     
    Motoshi Asano   Kosei Esaki   Aya Wakamatsu   Tomoko Kitajima   Tomohiro Narita   Hiroshi Naitoh   Norio Ozaki   Nakao Iwata   
    PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES   67(5) 340-344   2013年7月   
    Aims: The purpose of this study was to predict the outcome of cognitive behavior therapy (CBT) by trainees for major depressive disorder (MDD) based on the Parental Bonding Instrument (PBI). The hypothesis was that the higher level of care and/or ...
     
    内藤宏   江崎幸生   成田智拓   
    精神科   23(1) 79-85   2013年   
     
    内藤 宏   江崎幸生   
    MB ENTONI   160 56-62   2013年   

    書籍等出版物

     
     
     
    神谷栄治
    金剛出版      2010年      

    講演・口頭発表等

     
     
    境界性パーソナリティ障害の治療脱落における治療者の要因
    江崎幸生   北島剛司   木村宏之   宮原研吾   浅野元志   尾崎紀夫   岩田仲生   
    日本精神神経学会   2012年   
     
    前エディプス的父親として見守ること
    江崎幸生   
    日本精神分析学会   2012年   
     
    Effects of psychotherapy implemented by general psychiatrists using expert consensus guidelines on psychotherapy for borderline personality disorder
    Kosei Esaki   Tsuyoshi Kitajima   Hiroyuki Kimura   Nakao Iwata   
    2nd International Congress on Borderline Personality   2012年   
     
    Clozapineの有害事象として一過性の発熱、好酸球増加を呈した、治療抵抗性統合失調症の1例
    大竹洋一郎   江崎幸生   北島剛司   内藤宏   岩田仲生   
    総合病院精神医学会   2011年   
     
    食思不振、抑うつ状態を呈して発症した脳腫瘍の一例
    江崎幸生   内藤宏   江崎悠一   佐野亘   北島剛司   岩田仲生   
    第24回日本総合病院精神医学会   2010年   

    担当経験のある科目(授業)

     

    所属学協会

     

    Works(作品等)

     

    共同研究・競争的資金等の研究課題

     

    産業財産権

     

    学術貢献活動

     

    社会貢献活動

     

    メディア報道

     

    その他