メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>脳卒中科
 

脳卒中科

研究者リスト >> 中原 一郎
 

最終確認日時:2017/07/03 16:15

編集

中原 一郎

 
アバター
研究者氏名中原 一郎
 
ナカハラ イチロウ
URLhttp://stroke.med.fujita-hu.ac.jp
所属藤田医科大学
部署医学部
職名教授
学位医学博士(京都大学)
J-Global ID201501014327047202

研究キーワード

 

研究分野

 

    経歴

     
    2018年10月
     - 
    現在
    藤田医科大学医学部(校名変更) 脳卒中科 教授, 
     
    2016年4月
     - 
    2018年9月
    藤田保健衛生大学大学医学部 脳卒中科 教授, 
     
    2015年4月
     - 
    2016年3月
    藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科 教授, 
     
    2000年4月
     - 
    2015年3月
    小倉記念病院 脳卒中センター 脳神経外科 脳神経外科主任部長,脳卒中センター長, 
     
    1997年4月
     - 
    2000年3月
    国立循環器病研究センター 脳神経外科 医長, 
     

    学歴

     
    1986年4月
     - 
    1990年3月
    京都大学大学院 医学研究科 博士課程 外科系専攻 脳神経外科
     
    1977年4月
     - 
    1983年3月
    東京医科歯科大学 医学部 医学科
     

    委員歴

     

    受賞

     

    論文

     
     
    Ohta T   Nakahara I   Matsumoto S   Kondo D   Watanabe S   Okada K   Fukuda M   Masahira N   Tsuno T   Matsuoka T   Takemura M   Fukuda H   Fukui N   Ueba T   
    Neurology   93(22) e1997-e2006   2019年11月   [査読有り]
     
    Yamagami K   Hatano T   Nakahara I   Ishii A   Ando M   Chihara H   Ogura T   Suzuki K   Kondo D   Kamata T   Higashi E   Sakai S   Sakamoto H   Iihara K   Nagata I   
    World neurosurgery      2019年10月   [査読有り]
     
    Nishi H   Oishi N   Ishii A   Ono I   Ogura T   Sunohara T   Chihara H   Fukumitsu R   Okawa M   Yamana N   Imamura H   Sadamasa N   Hatano T   Nakahara I   Sakai N   Miyamoto S   
    Stroke   50(9) 2379-2388   2019年9月   [査読有り]
     
     
    Tokunaga K   Hatano T   Nakahara I   Ishii A   Higashi E   Kamata T   Funakoshi Y   Hashikawa T   Takita W   Chihara H   Ando M   Sadamasa N   Kitazono T   Nagata I   
    World neurosurgery   130 e457-e462   2019年6月   [査読有り]

    MISC

     
     
    宮田 悠   中原 一郎   太田 剛史   松本 省二   石橋 良太   五味 正憲   坂 真人   岡田 卓也   西 秀久   園田 和隆   高下 純平   渡邉 定克   永田 泉   
    脳神経外科ジャーナル   24(1) 48-53   2015年   
     症例は61歳男性. 繰り返す一過性脳虚血発作で発症し, 左高度頚動脈狭窄症が判明, 脆弱で高容量のプラークであり, 頚動脈内膜剝離術の適応と判断した. 脳血流評価で同側大脳半球の広範な低灌流および脳血管予備能の高度な低下を認め, 術後に過灌流症候群発症の危険が高いと判断された. Low flow bypassの先行により血行動態の改善を得た後, 二期的に頚動脈内膜剝離術を行い, 術後過灌流現象を認めなかった. 直達手術の組み合わせによる段階的血行再建は過灌流症候群のリス...
     
    高下 純平   中原 一郎   太田 剛史   松本 省二   定政 信猛   石橋 良太   五味 正憲   坂 真人   岡田 卓也   園田 和隆   西 秀久   宮田 悠   渡邉 定克   永田 泉   
    Journal of Neuroendovascular Therapy   0(0)    2015年   
    【目的】大径のシースを要するため,経上腕動脈アプローチでは従来困難であったProximal balloon protection(PBP)法による頚動脈ステント留置術の1 例を報告する.【症例】76 歳男性.大腿動脈からアクセスが困難な左内頚動脈狭窄症に対して,右上腕動脈より,シースを用いず,6Fr ロングダイレーターを用いて9Fr OPTIMO を左総頚動脈へ誘導し,引き続きステント留置を行った.術後経過は良好で,遠位塞栓は認めなかった.【結論】経上腕動脈アプローチでPBP 法を用いた頚...
     
    高下 純平   中原 一郎   太田 剛史   松本 省二   定政 信猛   石橋 良太   五味 正憲   坂 真人   岡田 卓也   園田 和隆   西 秀久   宮田 悠   渡邉 定克   永田 泉   
    Journal of Neuroendovascular Therapy   9(2) 108-114   2015年   
    【目的】大径のシースを要するため,経上腕動脈アプローチでは従来困難であったProximal balloon protection(PBP)法による頚動脈ステント留置術の1 例を報告する.【症例】76 歳男性.大腿動脈からアクセスが困難な左内頚動脈狭窄症に対して,右上腕動脈より,シースを用いず,6Fr ロングダイレーターを用いて9Fr OPTIMO を左総頚動脈へ誘導し,引き続きステント留置を行った.術後経過は良好で,遠位塞栓は認めなかった.【結論】経上腕動脈アプローチでPBP 法を用いた頚...
     
    太田 剛史   中原 一郎   松本 省二   石橋 良太   五味 正憲   宮田 悠   西 秀久   渡邉 定克   
    Journal of Neuroendovascular Therapy   8(1) 3-13   2014年   
    【目的】症候性の慢性内頚動脈閉塞症に対して血管内治療での再開通療法が試みられるようになってきており,その手術難易度や治療効果について総説する.【方法】現在までの報告で示されている適応,治療方法の詳細などを自験例の詳細を加えてレビューし,将来の展望を考察した.【結語】近年の報告では血行動態障害を伴う症例において高い予防効果が期待できそうである.今後専用器具の開発,病変性質の解明,画像診断の進歩などの要因により治療機会が大きく広がる可能性がある.【結論】近い将来,症候性の慢性内頚動脈閉塞症に対...
     
    入江 恵子   中居 康展   中原 一郎   
    JNET : journal of neuroendovascular therapy   6(4) 252-257   2012年12月   

    書籍等出版物

     
     
    永田 泉, 中原 一郎(担当:編集)
    メジカルビュー社      2017年3月24日   (ISBN:4758315574)   
     
    中原 一郎
    メジカルビュー社      2014年10月17日   (ISBN:4758315531)   
     
    中原 一郎
    メジカルビュー社      2010年11月22日   (ISBN:4758311870)   
     
    根來 眞, 中原 一郎, 吉村 紳一, 入江 恵子(担当:共編者(共編著 者))
    メジカルビュー社      2010年7月26日   (ISBN:4758311862)   
     
    滝 和郎, 中原 一郎(担当:編集)
    メジカルビュー社      2008年5月30日   (ISBN:4758301832)   

    講演・口頭発表等

     

    担当経験のある科目(授業)

     

    所属学協会

     

    Works(作品等)

     

    共同研究・競争的資金等の研究課題

     
     
    高分子膜付き金属ステントを用いた脳動脈瘤の脳血管内手術治療の開発
    文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
    中原 一郎 
    研究期間: 1995年 - 1995年
     
    高分子膜付き金属ステントを用いた脳動脈瘤の脳血管内手術治療の開発
    文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
    中原 一郎 
    研究期間: 1994年 - 1994年

    産業財産権

     

    学術貢献活動

     

    社会貢献活動

     

    メディア報道

     

    その他