メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>脳卒中科
 

脳卒中科

研究者リスト >> 中原一郎
 

最終確認日時:2017/07/03 16:15

編集

中原一郎

 
アバター
研究者氏名中原一郎
 
ナカハラ イチロウ
URLhttp://stroke.med.fujita-hu.ac.jp
所属藤田医科大学
部署医学部
職名教授
学位医学博士(京都大学)

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学医学部(校名変更) 脳卒中科 教授
 
2016年4月
 - 
2018年9月
藤田保健衛生大学大学医学部 脳卒中科 教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科 教授
 
2000年4月
 - 
2015年3月
小倉記念病院 脳卒中センター 脳神経外科 脳神経外科主任部長,脳卒中センター長
 
1997年4月
 - 
2000年3月
国立循環器病研究センター 脳神経外科 医長
 
1993年3月
 - 
1997年3月
京都大学医学部 脳神経外科 助手
 
1992年12月
 - 
1993年2月
小倉記念病院 脳神経外科 部長待遇
 
1992年4月
 - 
1992年11月
京都大学医学部 脳神経外科 医員
 
1991年10月
 - 
1992年3月
国立療養所宇多野病院 脳神経外科 医員
 
1991年2月
 - 
1991年9月
浜松労災病院 脳神経外科 医長
 
1990年10月
 - 
1991年9月
ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院 放射線科 リサーチフェロー
 
1984年4月
 - 
1986年3月
市立舞鶴市民病院 脳神経外科 医師
 
1983年4月
 - 
1984年3月
京都大学医学部 脳神経外科 研修医
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1990年3月
京都大学大学院 医学研究科 博士課程 外科系専攻 脳神経外科
 
1977年4月
 - 
1983年3月
東京医科歯科大学 医学部 医学科
 

論文

 
Ohta T, Nakahara I, Matsumoto S, Kondo D, Watanabe S, Okada K, Fukuda M, Masahira N, Tsuno T, Matsuoka T, Takemura M, Fukuda H, Fukui N, Ueba T
Neurology   93(22) e1997-e2006   2019年11月   [査読有り]
Nishi H, Oishi N, Ishii A, Ono I, Ogura T, Sunohara T, Chihara H, Fukumitsu R, Okawa M, Yamana N, Imamura H, Sadamasa N, Hatano T, Nakahara I, Sakai N, Miyamoto S
Stroke   50(9) 2379-2388   2019年9月   [査読有り]
Tokunaga K, Hatano T, Nakahara I, Ishii A, Higashi E, Kamata T, Funakoshi Y, Hashikawa T, Takita W, Chihara H, Ando M, Sadamasa N, Kitazono T, Nagata I
World neurosurgery   130 e457-e462   2019年6月   [査読有り]
Yamagami K, Hatano T, Nakahara I, Ishii A, Ando M, Chihara H, Ogura T, Suzuki K, Kondo D, Kamata T, Higashi E, Sakai S, Sakamoto H, Iihara K, Nagata I
World neurosurgery      2019年10月   [査読有り]
Watanabe S, Nakahara I, Ohta T, Matsumoto S, Ishibashi R, Nagata I
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   28(2) 464-469   2019年2月   [査読有り]
Matsumoto S, Koyama H, Nakahara I, Ishii A, Hatano T, Ohta T, Tanaka K, Ando M, Chihara H, Takita W, Tokunaga K, Hashikawa T, Funakoshi Y, Kamata T, Higashi E, Watanabe S, Kondo D, Tsujimoto A, Furuta K, Ishihara T, Hashimoto T, Koge J, Sonoda K, Torii T, Nakagaki H, Yamasaki R, Nagata I, Kira JI
Frontiers in neurology   10 1118   2019年   [査読有り]
Suyama Y, Wakabayashi S, Kajikawa H, Nakahara I
BMJ Case Reports   2018    2018年6月   [査読有り]
Yoshihisa Fukushima, Ichiro Nakahara
BMJ Case Reports   bcr   2018年6月   [査読有り]
Sadato A, Maeda S, Hayakawa M, Adachi K, Toyama H, Nakahara I, Hirose Y
Journal of neurointerventional surgery   10(4) 351-354   2018年4月   [査読有り]
Hoshino M, Kawai H, Sarai M, Sadato A, Hayakawa M, Motoyama S, Nagahara Y, Miyajima K, Takahashi H, Ishii J, Nakahara I, Hirose Y, Ozaki Y
Journal of atherosclerosis and thrombosis      2018年2月   [査読有り]
Ohta T, Nakahara I, Matsumoto S, Ishibashi R, Miyata H, Nishi H, Watanabe S, Nagata I
Neurosurgery   81(3) 512-519   2017年9月   [査読有り]
Inamasu J., Nakahara I., Tanaka R., Hirose Y.
Neuroradiol J   29(5) 356-360   2016年10月   [査読有り]
Takase KI, Matsumoto S, Nishi H, Nakahara I
J Neurol Sci   376 91-92   2017年5月   [査読有り]
Koyanagi M, Ishii A, Imamura H, Satow T, Yoshida K, Hasegawa H, Kikuchi T, Takenobu Y, Ando M, Takahashi JC, Nakahara I, Sakai N, Miyamoto S
Journal of neurosurgery   1-7   2018年1月   [査読有り]
Sadato A., Adachi K., Hayakawa M., Hirose Y., Nakahara I.
PLoS One   11(5) e0155062   2016年   [査読有り]
Nishi H, Ishii A, Nakahara I, Matsumoto S, Sadamasa N, Kai Y, Ishibashi R, Yamamoto M, Morita S, Nagata I
Journal of neurosurgery   1-8   2018年1月   [査読有り]
Inamasu J., Oheda M., Sadato A., Nakae S., Hayakawa M., Adachi K., Ohmi T., Hirose Y., Nakahara I.
J Clin Neurosci   27 114-118   2016年5月   [査読有り]
Koge J, Matsumoto S, Nakahara I, Ishii A, Hatano T, Sadamasa N, Kai Y, Ando M, Saka M, Chihara H, Takita W, Tokunaga K, Kamata T, Nishi H, Hashimoto T, Tsujimoto A, Kira JI, Nagata I
Journal of the neurological sciences   381 68-73   2017年10月   [査読有り]
Nishi H, Nakahara I, Matsumoto S, Hashimoto T, Ohta T, Sadamasa N, Ishibashi R, Gomi M, Saka M, Miyata H, Watanabe S, Okata T, Sonoda K, Kouge J, Ishii A, Nagata I, Kira JI
J Neurointerv Sure   8(9) 949-953   2015年8月   [査読有り]
Nishi H, Nakahara I, Matsumoto S, Hashimoto T, Ohta T, Sadamasa N, Ishibashi R, Gomi M, Saka M, Miyata H, Watanabe S, Okata T, Sonoda K, Kouge J, Ishii A, Nagata I, Kira JI, Journal of neurointerventional surgery, 2015
我那覇司, 稲桝丈司, 小田淳平, 早川基治, 定藤章代, 加藤庸子, 中原一郎, 廣瀬雄一
脳卒中の外科   44 375-380   2016年   [査読有り]
宮田悠, 中原一郎, 太田剛史, 松本省二, 定政信猛, 石橋良太, 五味正憲, 坂真人, 岡田卓也, 西秀久, 園田和隆, 高下純平, 渡邉定克, 永田泉
脳卒中の外科   44 145-150   2016年   [査読有り]
Fukushima Y, Nakahara I, Ohta T, Matsumoto S, Ishibashi R, Gomi M, Miyata H, Nishi H, Watanabe S
Interventional neuroradiology : journal of peritherapeutic neuroradiology, surgical procedures and related neurosciences   21(1) 72-79   2015年2月   [査読有り]
Fukushima Y, Nakahara I, Ohta T, Matsumoto S, Ishibashi R, Gomi M, Miyata H, Nishi H, Watanabe S, Interventional neuroradiology : journal of peritherapeutic neuroradiology, surgical procedures and related neurosciences, 2015, vol. 21, no. 1, pp. 7...
Ohta T, Nakahara I, Ishibashi R, Matsumoto S, Gomi M, Miyata H, Nishi H, Watanabe S, Nagata I, AJNR. American journal of neuroradiology, vol. 36, no. 4, pp. 744-750
36(4) 744-750   2015年4月   [査読有り]
Ohta T, Nakahara I, Ishibashi R, Matsumoto S, Gomi M, Miyata H, Nishi H, Watanabe S, Nagata I, AJNR. American journal of neuroradiology, 2015, vol. 36, no. 4, pp. 744-750
宮田悠, 中原一郎, 太田剛史, 松本省二, 石橋良太, 五味正憲, 坂真人, 岡田卓也, 西秀久, 園田和隆, 高下純平, 渡邉定克, 永田泉
脳神経外科ジャーナル   24(1) 48-53   2015年1月
太田剛史, 中原一郎, 永田泉
カレントテラピー   32(12) 1217-1221   2014年12月
田中悠二郎, 中原一郎, 太田剛史, 石橋良太, 五味正憲, 宮田悠, 渡邉定克
脳卒中の外科   42(6) 432-438   2014年11月
中原一郎, 太田剛史, 松本省二, 石橋良太, 五味正憲, 坂真人, 岡田卓也, 宮田悠, 西秀久, 園田和隆, 高下純平, 渡邉定克, 永田泉
脳神経外科ジャーナル   23(9) 729-740   2014年9月
入江恵子, 入江恵子, 小嶋真弘, 齋藤永宏, 根來眞, 福田敏男, 廣瀬雄一, 中原一郎
日本血管内治療学会誌   15(1) 21-25   2014年4月
太田剛史, 中原一郎, 松本省二, 福島浩, 占部善清, 石橋良太, 五味正憲, 宮田悠, 西秀久, 渡邉定克
脳卒中の外科   42(2) 132-135   2014年3月
The prognosis and the best treatment strategies of the elderly patients with ruptured aneurysmal subarachnoid hemorrhage are unclear. We retrospectively analyzed 21 patients over the age of 80 in comparison with 139 patients younger than 80. The p...
太田剛史, 中原一郎, 松本省二, 石橋良太, 五味正憲, 宮田悠, 西秀久, 渡邉定克
J Neuroendovascular Ther   8(1) 3-13   2014年3月
中原 一郎, 太田 剛史, 松本 省二, 石橋 良太, 五味 正憲, 坂 真人, 岡田 卓也, 宮田 悠, 西 秀久, 園田 和隆, 高下 純平, 渡邉 定克, 永田 泉
脳神経外科ジャーナル   23(9) 729-740   2014年
 脳動脈瘤における脳血管内治療の進歩は著しく, なかでも脳動脈瘤治療支援ステントの導入により従来治療困難であった脳動脈瘤が治療可能となっている. 一方, 直達手術によるネッククリッピング術は確立された治療でありgold standardといえる. 治療手段の選択にあたってはいずれの治療がより安全, 確実かつ根治的であるかについてさまざまな要因が勘案される. 特に治療困難例においては患者の全身的なprofileと個々の脳動脈瘤の解剖学的なprofileをもとに治療の適応, 手技選択を行う. ...
田中 悠二郎, 中原 一郎, 太田 剛史, 石橋 良太, 五味 正憲, 宮田 悠, 渡邉 定克
脳卒中の外科   42(6) 432-438   2014年
Background: The indication of extracranial-intracranial (EC-IC) bypass surgery is likely to be limited, because the prognosis for ischemic stroke improves with better outcomes with medical therapy. Therefore, to achieve the maximum benefit in sele...
Hayashi K, Hirao T, Sakai N, Nagata I, JR-NET2 Study Group, Neurologia medico-chirurgica, vol. 54, no. 2, pp. 107-112
54(2) 107-112   2014年   [査読有り]
Hayashi K, Hirao T, Sakai N, Nagata I, JR-NET2 Study Group, Neurologia medico-chirurgica, 2014, vol. 54, no. 2, pp. 107-112
Hayakawa M, Yamagami H, Sakai N, Matsumaru Y, Yoshimura S, Toyoda K, JR-NET Study Group, Neurologia medico-chirurgica, vol. 54, no. 1, pp. 23-31
54(1) 23-31   2014年   [査読有り]
Hayakawa M, Yamagami H, Sakai N, Matsumaru Y, Yoshimura S, Toyoda K, JR-NET Study Group, Neurologia medico-chirurgica, 2014, vol. 54, no. 1, pp. 23-31
Imamura H, Sakai N, Sakai C, Fujinaka T, Ishii A, JR-NET investigators, Neurologia medico-chirurgica, vol. 54 Suppl 2, pp. 81-90
54 Suppl 2 81-90   2014年   [査読有り]
Imamura H, Sakai N, Sakai C, Fujinaka T, Ishii A, JR-NET investigators, Neurologia medico-chirurgica, 2014, vol. 54 Suppl 2, pp. 81-90
Egashira Y, Yoshimura S, Sakai N, Enomoto Y, Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy Investigators, Neurologia medico-chirurgica, vol. 54, no. 1, pp. 32-39
54(1) 32-39   2014年   [査読有り]
Egashira Y, Yoshimura S, Sakai N, Enomoto Y, Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy Investigators, Neurologia medico-chirurgica, 2014, vol. 54, no. 1, pp. 32-39
Kikuchi T, Ishii A, Nakahara I, Miyamoto S, Sakai N
Neurologia medico-chirurgica   54 Suppl 2(1) 40-45   2014年   [査読有り]
Kikuchi T, Ishii A, Nakahara I, Miyamoto S, Sakai N, Neurologia medico-chirurgica, 2014, vol. 54, no. 1, pp. 40-45
Sakai N, Yoshimura S, Taki W, Hyodo A, Miyachi S, Nagai Y, Sakai C, Satow T, Terada T, Ezura M, Hyogo T, Matsubara S, Hayashi K, Fujinaka T, Ito Y, Kobayashi S, Komiyama M, Kuwayama N, Matsumaru Y, Matsumoto Y, Murayama Y, Nakahara I, Nemoto S, Satoh K, Sugiu K, Ishii A, Imamura H, Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy (JR-NET) Investigators
Neurologia medico-chirurgica   54 Suppl 2 1-8   2014年   [査読有り]
Sakai N, Yoshimura S, Taki W, Hyodo A, Miyachi S, Nagai Y, Sakai C, Satow T, Terada T, Ezura M, Hyogo T, Matsubara S, Hayashi K, Fujinaka T, Ito Y, Kobayashi S, Komiyama M, Kuwayama N, Matsumaru Y, Matsumoto Y, Murayama Y, Nakahara I, Nemoto S, Sa...
Takayama K, Taki W, Toma N, Nakahara I, Maeda M, Tanemura H, Kuroiwa T, Imai K, Sakamoto M, Nakagawa I, Masuo O, Myouchin K, Wada T, Suzuki H
Cardiovascular and interventional radiology   37(6) 1436-1443   2014年12月   [査読有り]
Takayama K, Taki W, Toma N, Nakahara I, Maeda M, Tanemura H, Kuroiwa T, Imai K, Sakamoto M, Nakagawa I, Masuo O, Myouchin K, Wada T, Suzuki H, Cardiovascular and interventional radiology, 2014, vol. 37, no. 6, pp. 1436-1443
橋本哲也, 中原一郎, 太田剛史, 福島浩, 占部善清, 上床武史, 石橋良太, 五味正憲, 田中悠二郎, 宮田悠, 渡邉定克
日本血管内治療学会誌   14(1) 21-24   2013年5月
石橋 良太, 太田 剛史, 中原 一郎
日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   28(1) 28-36   2013年
Stenosis of extracranial carotid arteries is one of the leading causes of ischemic stroke. There are three options for the treatment of carotid artery stenosis: best medical treatment (BMT), carotid endarterectomy (CEA) and carotid artery stenting...
田中悠二郎, 中原一郎, 村井望, 渡邉芳彦, 福島浩, 上床武史, 占部善清, 石橋良太, 五味正憲, 橋本哲也, 宮田悠, 渡邉定克
J Neuroendovascular Ther   6(2) 133-140   2012年8月
Predictors of Futile Recanalization of Acute Cerebral Major Vessel Occlusion Treated with Endovascular Treatment
Tanaka Yujiro, Nakahara Ichiro, Fukushima Yutaka, Urabe Yoshikiyo, Uwatoko Takeshi, Ishibashi Ryota, Gomi Masanori, Hashimoto Tetuya, Miyaya Haruka, Watanabe Sadakatu
CEREBROVASCULAR DISEASES   34 32-33   2012年   [査読有り]
入江 恵子, 中居 康展, 中原 一郎, 廣瀬 雄一, 根來 眞
脳神経血管内治療   6(4) 252-257   2012年
【目的】ISAT(International Subarachnoid Hemorrhage Aneurysm Trial)の報告以降,破裂脳動脈瘤に対してコイル塞栓術が第1選択の治療法として行われる機会が増えている.しかし,脳動脈瘤の診断は,3次元画像診断を主とした低侵襲診断が普及し,脳血管撮影を行う機会が減少している.また,脳動脈瘤コイル塞栓術は,施設によって治療症例数が異なり,治療の安全性を高めるためにもoff the jobのトレーニングが不可欠である.近年,高度のコンピューターシ...
松本順太郎, 竹本光一郎, 東登志夫, 岩朝光利, 大川将和, 保田宗紀, 安部洋, 井上亨, 中原一郎
J Neuroendovascular Ther   5(1) 57-62   2011年7月
【目的】外転神経麻痺で発症したprimitive trigeminal artery variant(PTAv)aneurysmを経験したので報告する.【症例】7日前からの左外転神経麻痺を呈した61歳の女性.左内頚動脈撮影にてPTAv本幹部動脈瘤を認めた.これに対しinternal trappingを施行し,左外転神経麻痺は完全に消失した.【結語】PTAv関連動脈瘤の報告例は6例と稀であり2例に外転神経麻痺を認めた.2例とも血管内治療にて外転神経麻痺の改善を認めており有効な治療法と思われる.
坂井信幸, 植田敏浩, 早川幹人, 長畑守雄, 大田慎三, 中原一郎, 木村和美, 吉村紳一, 江面正幸, 山崎信吾, 松本康史, 西野和彦, 豊田真吾, 山崎弘幸, 恩田敏之, 山上宏, 今村博敏
J Neuroendovascular Ther   5(1) 23-31   2011年7月
【目的】MERCIリトリーバーを用いた機械的急性脳動脈再開通療法(mechanical thrombectomy)を我が国で安全に展開するため,本治療に導入初期から積極的に取り組んだ施設の周術期の治療結果を調査し報告した.【方法】2011年2月までに本治療を4例以上経験した19施設のうち15施設から報告を受けた119例の経験をまとめた.これはこの間の本邦における経験症例の42.0%,対象施設の経験数の88.1%に相当した.【結果】 平均年齢71.0歳,男性80(67.2%),閉塞血管は,内...
岩朝光利, 竹本光一郎, 小松文成, 湧田尚樹, 大川将和, 安部洋, 東登志夫, 井上亨, 石倉宏恭, 中原一郎
Neurosurg Emerg   15(2) 122-128   2011年1月
中原 一郎
日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   26(3) 289-299   2011年
Recent progress of neuro-interventional radiology (neuro-IVR) for cerebral aneurysm is remarkable. Adjunctive techniques such as double catheter technique, balloon-assisted technique, and stent-assisted technique have been developed and their clin...
岩室康司, 中原一郎, 東登志夫, 渡邉芳彦, 中垣英明, 武澤正浩, 村田大樹, 丹山直人
脳卒中の外科   38(5) 301-307   2010年9月
Since the ISAT report showed the superiority of coil embolization for aneurysmal rupture over surgical neck clipping, we have selected coil embolization for ruptured aneurysms considered treatable by either modality. We compared our own cases trea...
Nakahara I, Higashi T, Iwamuro Y, Watanabe Y, Nakagaki H, Takezawa M, Murata D, Taha M
Neurosurgery   66(5) 876-82; discussion 882   2010年5月   [査読有り]
Nakahara I, Higashi T, Iwamuro Y, Watanabe Y, Nakagaki H, Takezawa M, Murata D, Taha M, Neurosurgery, 2010, vol. 66, no. 5, pp. 876-82; discussion 882
Sakai N, Yamagami H, Matsubara Y, Ezura M, Hyodo A, Matsumaru Y, Miyachi S, Okada Y, Terada T, Yokoi H, Nakamura M, Matsumoto Y, Sakai C, IDEALCAST Investigators, Journal of stroke, cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, vol. 23, no. 6, pp. 1374-1384
23(6) 1374-1384   2014年7月   [査読有り]
Sakai N, Yamagami H, Matsubara Y, Ezura M, Hyodo A, Matsumaru Y, Miyachi S, Okada Y, Terada T, Yokoi H, Nakamura M, Matsumoto Y, Sakai C, IDEALCAST Investigators, Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National St...
Kuma S, Mii S, Masaki I, Koike M, Nakahara I
Annals of vascular surgery   24(2) 256.e1-3   2010年2月   [査読有り]
Kuma S, Mii S, Masaki I, Koike M, Nakahara I, Annals of vascular surgery, 2010, vol. 24, no. 2, pp. 256.e1-3
Sakai N, Yoshimura S, Taki W, Hyodo A, Miyachi S, Nagai Y, Sakai C, Satow T, Terada T, Ezura M, Hyogo T, Matsubara S, Hayashi K, Fujinaka T, Ito Y, Kobayashi S, Komiyama M, Kuwayama N, Matsumaru Y, Matsumoto Y, Murayama Y, Nakahara I, Nemoto S, Satoh K, Sugiu K, Ishii A, Imamura H, Japanese Registry of Neuroendovascular Therapy Investigators
Neurologia medico-chirurgica   54(1) 1-8   2014年   [査読有り]
Sakai N, Yoshimura S, Taki W, Hyodo A, Miyachi S, Nagai Y, Sakai C, Satow T, Terada T, Ezura M, Hyogo T, Matsubara S, Hayashi K, Fujinaka T, Ito Y, Kobayashi S, Komiyama M, Kuwayama N, Matsumaru Y, Matsumoto Y, Murayama Y, Nakahara I, Nemoto S, Sa...
Matsumoto S, Nakahara I, Higashi T, Iwamuro Y, Watanabe Y, Takezawa M, Murata D, Yokota T, Kira J, Yamada T
Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)   29(5) 468-475   2010年   [査読有り]
Matsumoto S, Nakahara I, Higashi T, Iwamuro Y, Watanabe Y, Takezawa M, Murata D, Yokota T, Kira J, Yamada T, Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland), 2010, vol. 29, no. 5, pp. 468-475
Shinohara Y, OASIS Study Group, Cerebrovascular diseases, Basel, Switzerland), vol. 29, no. 4, pp. 361-371
29(4) 361-371   2010年   [査読有り]
Shinohara Y, OASIS Study Group, Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland), 2010, vol. 29, no. 4, pp. 361-371
中原 一郎
脳神経外科ジャーナル = Japanese journal of neurosurgery   18(7) 509-518   2009年7月
Hirata E, Higashi T, Iwamuro Y, Watanabe Y, Ando M, Arakawa Y, Nakahara I
Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   16(5) 725-727   2009年5月   [査読有り]
Hirata E, Higashi T, Iwamuro Y, Watanabe Y, Ando M, Arakawa Y, Nakahara I, Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2009, vol. 16, no. 5, pp. 725-727
Taha MM, Nakahara I, Higashi T, Iwamuro Y, Watanabe Y, Taki W
Neurologia medico-chirurgica   50(4) 275-280   2010年   [査読有り]
Taha MM, Nakahara I, Higashi T, Iwamuro Y, Watanabe Y, Taki W, Neurologia medico-chirurgica, 2010, vol. 50, no. 4, pp. 275-280
中原一郎
Prog Med   29(3) 885-891   2009年3月
東登志夫, 中原一郎, 渡邉芳彦, 岩室康司, 武澤正浩, 村田大樹, 岩朝光利, 森谷淳二
脳神経外科速報   19(1) 93-97   2009年1月
東登志夫, 中原一郎, 松本省二, 岩室康司, 渡邉芳彦, 武澤正浩, 村田大樹, 岩朝光利, 森谷淳二, 一ノ瀬良二
J Neuroendovascular Ther   2(3) 232-237   2008年12月
【目的】経静脈的塞栓術の際に3D-rotational angiography(3D-RA)が有用であった海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の一例を経験したので,良好な3D画像作成のための工夫とともに報告する.【症例】75歳女性.複視を主訴に当科を受診した.脳血管撮影にて左海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻を認めた.左superficial middle cerebral veinへの著明なrefluxを認め,血管内治療を行った.【結果】3D-RA画像より,シャント部位は海綿静脈洞左外側上後方のコンパートメン...
柏木淳之, 清末一路, 中原一郎, 松本省二, 廣畑優, 安陪等思, 堀雄三, 岡原美香, 田上秀一, 相良佳子, 近藤やよい, 島田隆一, 東登志夫, 久保毅, 森宣
J Neuroendovascular Ther   2(3) 179-187   2008年12月
【目的】Angioguard XPによるprotection下の頸動脈ステント留置術(CAS)における塞栓性合併症とその危険因子を検討する.【対象と方法】2007年11月より2008年5月の間にCASが行われ術前MR plaque image(PI)評価可能な49例を対象とし,T1・T2強調像でのプラークと筋の信号比(P/M),顎下腺との信号比(P/S)を計測し,これらの比,狭窄長と合併症の関連を検討した.【結果】内頸動脈血流の遅延(slow flow)を10例(20.4%),うち塞栓症を...
Iwamuro Y, Nakahara I, Higashi T, Watanabe Y, Matsumoto S, Takahashi K, Kikuchi T, Ando M, Takezawa M
No shinkei geka. Neurological surgery   36(7) 625-631   2008年7月   [査読有り]
Iwamuro Y, Nakahara I, Higashi T, Watanabe Y, Matsumoto S, Takahashi K, Kikuchi T, Ando M, Takezawa M, No shinkei geka. Neurological surgery, 2008, vol. 36, no. 7, pp. 625-631
松本省二, 中原一郎, 東登志夫, 岩室康司, 渡邉芳彦, 高橋研二, 菊地哲広, 安藤充重, 武澤正浩
J Neuroendovascular Ther   2(1) 56-61   2008年5月
阪井田博司, 藤本昌志, 黒木香行, 濱田和秀, 滝和郎, 江面正幸, 坂井信幸, 定藤章代, 高橋明, 寺田友昭, 中澤和智, 中原一郎, 根来眞
日本血管内治療学会誌   9(1) 4-10   2008年5月
岩朝光利, 竹本光一郎, 中原一郎, 上村徳郎, 阪元政三郎, 宇都宮英綱, 福島武雄
J Neuroendovascular Ther   1(1) 21-25   2007年12月
Nakahara I, Taha MM, Higashi T, Iwamuro Y, Iwaasa M, Watanabe Y, Tsunetoshi K, Munemitsu T
Surgical neurology   66(4) 405-9; discussion 409   2006年10月   [査読有り]
Nakahara I, Taha MM, Higashi T, Iwamuro Y, Iwaasa M, Watanabe Y, Tsunetoshi K, Munemitsu T, Surgical neurology, 2006, vol. 66, no. 4, pp. 405-9; discussion 409-10
Taha MM, Nakahara I, Higashi T, Iwamuro Y, Iwaasa M, Watanabe Y, Tsunetoshi K, Munemitsu T
Surgical neurology   66(3) 277-84; discussion 284   2006年9月   [査読有り]
Taha MM, Nakahara I, Higashi T, Iwamuro Y, Iwaasa M, Watanabe Y, Tsunetoshi K, Munemitsu T, Surgical neurology, 2006, vol. 66, no. 3, pp. 277-84; discussion 284
Egashira Y, Yoshimura S, Sakai N, Kuwayama N, Recovery by Endovascular Salvage for Cerebral Ultra-acute Embolism, RESCUE)-Japan Retrospective Survey Group, Journal of stroke, cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association, vol. 22, no. 5, pp. 627-632
22(5) 627-632   2013年7月   [査読有り]
Egashira Y, Yoshimura S, Sakai N, Kuwayama N, Recovery by Endovascular Salvage for Cerebral Ultra-acute Embolism (RESCUE)-Japan Retrospective Survey Group, Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke As...
Akiyama Y, Tanaka M, Hayashi J, Fujimoto M, Harada K, Nakahara I, Taniwaki Y
Neurologia medico-chirurgica   46(8) 395-397   2006年8月   [査読有り]
Akiyama Y, Tanaka M, Hayashi J, Fujimoto M, Harada K, Nakahara I, Taniwaki Y, Neurologia medico-chirurgica, 2006, vol. 46, no. 8, pp. 395-397
Taki W, Sakai N, Suzuki H, Prospective Registry of Subarachnoid Aneurysms Treatment, PRESAT) group, Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, vol. 20, no. 4, pp. 527-531
20(4) 527-531   2013年4月   [査読有り]
Taki W, Sakai N, Suzuki H, Prospective Registry of Subarachnoid Aneurysms Treatment (PRESAT) group, Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia, 2013, vol. 20, no. 4, pp. 527-531
Iwamuro Y, Nakahara I, Higashi T, Iwaasa M, Watanabe Y, Hirata E, Tsunetoshi K, Taha M
Surgical neurology   65(5) 511-515   2006年5月   [査読有り]
Iwamuro Y, Nakahara I, Higashi T, Iwaasa M, Watanabe Y, Hirata E, Tsunetoshi K, Taha M, Surgical neurology, 2006, vol. 65, no. 5, pp. 511-515
Suzuki H, Taki W, Prospective Registry of Subarachnoid Aneurysms Treatment, PRESAT) Group, Acta neurochirurgica. Supplement, vol. 115, pp. 99-105
115 99-105   2013年   [査読有り]
Suzuki H, Taki W, Prospective Registry of Subarachnoid Aneurysms Treatment (PRESAT) Group, Acta neurochirurgica. Supplement, 2013, vol. 115, pp. 99-105
Harada K, Nakahara I, Hayashi J, Tanaka M, Akiyama Y, Iwamuro Y, Fujimoto M
Journal of neuro-oncology   77(2) 221-223   2006年4月   [査読有り]
Harada K, Nakahara I, Hayashi J, Tanaka M, Akiyama Y, Iwamuro Y, Fujimoto M, Journal of neuro-oncology, 2006, vol. 77, no. 2, pp. 221-223
Miyachi S, Taki W, Sakai N, Nakahara I, Japanese CAS Survey Investigators, Acta neurochirurgica, vol. 154, no. 12, pp. 2127-2137
154(12) 2127-2137   2012年12月   [査読有り]
Miyachi S, Taki W, Sakai N, Nakahara I, Japanese CAS Survey Investigators, Acta neurochirurgica, 2012, vol. 154, no. 12, pp. 2127-2137
栗本幸子, 三好二夕子, 長田浩枝, 岩室康司, 中原一郎
日本脳神経看護研究学会会誌   28(1) 55-62   2005年10月
中島ゆかり, 三好二夕子, 磯谷真紀, 巣元美佐, 長田浩枝, 岩室康司, 東登志夫, 玉井照美, 中原一郎
Brain Nurs   21(3) 264-271   2005年3月
Akiyama Y, Nakahara I, Tanaka M, Iwamuro Y, Hayashi J, Harada K, Fujimoto M
The Journal of trauma   58(3) 624-627   2005年3月   [査読有り]
Akiyama Y, Nakahara I, Tanaka M, Iwamuro Y, Hayashi J, Harada K, Fujimoto M, The Journal of trauma, 2005, vol. 58, no. 3, pp. 624-627
Taki W, PRESAT group, Sakai N, Suzuki H, Neuroradiology, vol. 54, no. 6, pp. 597-606
54(6) 597-606   2012年6月   [査読有り]
Taki W, PRESAT group, Sakai N, Suzuki H, Neuroradiology, 2012, vol. 54, no. 6, pp. 597-606
Iwamuro Y, Nakahara I, Tanaka M, Higashi T, Watanabe Y, Harada K, Fujimoto M, Oku T
Neurologia medico-chirurgica   45(2) 97-99   2005年2月   [査読有り]
Iwamuro Y, Nakahara I, Tanaka M, Higashi T, Watanabe Y, Harada K, Fujimoto M, Oku T, Neurologia medico-chirurgica, 2005, vol. 45, no. 2, pp. 97-99
UCAS Japan Investigators, Morita A, Kirino T, Hashi K, Aoki N, Fukuhara S, Hashimoto N, Nakayama T, Sakai M, Teramoto A, Tominari S, Yoshimoto T, The New England journal of medicine, vol. 366, no. 26, pp. 2474-2482
366(26) 2474-2482   2012年6月   [査読有り]
UCAS Japan Investigators, Morita A, Kirino T, Hashi K, Aoki N, Fukuhara S, Hashimoto N, Nakayama T, Sakai M, Teramoto A, Tominari S, Yoshimoto T, The New England journal of medicine, 2012, vol. 366, no. 26, pp. 2474-2482
中原 一郎
脳卒中   26(4) 636-640   2004年12月
中原 一郎, 渡邉 芳彦, 東 登志夫, 岩室 康司, 藤本 基秋, 奥 高行, 平田 英周
脳神経外科ジャーナル   13(8) 583-587   2004年8月
症例は76歳,男性.症候性右頸部頸動脈高度狭窄の症例である.狭窄はステント留置術によって十分な拡張が得られ治療後の経過は良好であった.しかし,治療翌日(第1病日)より,体幹および両下肢の虚血性皮斑,急性腎不全,肝障害や筋,軟部組織崩壊を認め,コレステロール塞栓症と診断した.人工透析やLDL血漿交換療法を行ったが,急性循環不全をきたし,さまざまな昇圧,蘇生療法にもかかわらず,第3病日に死の転帰に至った.コレステロール塞栓症は脳血管領域においては稀であるが,今後,頸動脈ステント留置術をはじめ,...
中原一郎
脳神経外科速報   14(8) 763-768   2004年8月
中原一郎, 田中正人, 東登志夫, 岩室康司, 渡辺芳彦, 藤本基秋, 奥高行
Mt Fuji Work CVD   22nd 126-131   2004年7月
Fujimoto M, Nakahara I, Tanaka M, Iwamuro Y, Watanabe Y, Harada K
No shinkei geka. Neurological surgery   32(4) 355-359   2004年4月   [査読有り]
Fujimoto M, Nakahara I, Tanaka M, Iwamuro Y, Watanabe Y, Harada K, No shinkei geka. Neurological surgery, 2004, vol. 32, no. 4, pp. 355-359
Kakumoto K, Matsumoto S, Nakahara I, Watanabe Y, Fukushima Y, Yoshikiyo U, Ishibashi R, Gomi M, Tsuji K, Sanbongi Y, Hashimoto T, Tanaka Y, Yamada T, Kira J, Cerebrovascular diseases extra, vol. 2, no. 1, pp. 9-16
2(1) 9-16   2012年   [査読有り]
Kakumoto K, Matsumoto S, Nakahara I, Watanabe Y, Fukushima Y, Yoshikiyo U, Ishibashi R, Gomi M, Tsuji K, Sanbongi Y, Hashimoto T, Tanaka Y, Yamada T, Kira J, Cerebrovascular diseases extra, 2012, vol. 2, no. 1, pp. 9-16
Harada K, Nakahara I, Tanaka M, Iwamuro Y, Watanabe Y, Fujimoto M
No shinkei geka. Neurological surgery   32(2) 151-158   2004年2月   [査読有り]
Harada K, Nakahara I, Tanaka M, Iwamuro Y, Watanabe Y, Fujimoto M, No shinkei geka. Neurological surgery, 2004, vol. 32, no. 2, pp. 151-158

Misc

 
中島 ゆかり, 松本 省二, 中原 一郎
Brain nursing   28(11) 1092-1098   2012年11月
宮田 悠, 中原 一郎, 太田 剛史, 松本 省二, 石橋 良太, 五味 正憲, 坂 真人, 岡田 卓也, 西 秀久, 園田 和隆, 高下 純平, 渡邉 定克, 永田 泉
脳神経外科ジャーナル   24(1) 48-53   2015年
 症例は61歳男性. 繰り返す一過性脳虚血発作で発症し, 左高度頚動脈狭窄症が判明, 脆弱で高容量のプラークであり, 頚動脈内膜剝離術の適応と判断した. 脳血流評価で同側大脳半球の広範な低灌流および脳血管予備能の高度な低下を認め, 術後に過灌流症候群発症の危険が高いと判断された. Low flow bypassの先行により血行動態の改善を得た後, 二期的に頚動脈内膜剝離術を行い, 術後過灌流現象を認めなかった. 直達手術の組み合わせによる段階的血行再建は過灌流症候群のリスク低減の...
松本 省二, 中原 一郎
Brain nursing   28(8) 809-815   2012年8月
高下 純平, 中原 一郎, 太田 剛史, 松本 省二, 定政 信猛, 石橋 良太, 五味 正憲, 坂 真人, 岡田 卓也, 園田 和隆, 西 秀久, 宮田 悠, 渡邉 定克, 永田 泉
Journal of Neuroendovascular Therapy   0(0)    2015年
【目的】大径のシースを要するため,経上腕動脈アプローチでは従来困難であったProximal balloon protection(PBP)法による頚動脈ステント留置術の1 例を報告する.【症例】76 歳男性.大腿動脈からアクセスが困難な左内頚動脈狭窄症に対して,右上腕動脈より,シースを用いず,6Fr ロングダイレーターを用いて9Fr OPTIMO を左総頚動脈へ誘導し,引き続きステント留置を行った.術後経過は良好で,遠位塞栓は認めなかった.【結論】経上腕動脈アプローチでPBP 法を用いた頚...
高下 純平, 中原 一郎, 太田 剛史, 松本 省二, 定政 信猛, 石橋 良太, 五味 正憲, 坂 真人, 岡田 卓也, 園田 和隆, 西 秀久, 宮田 悠, 渡邉 定克, 永田 泉
Journal of Neuroendovascular Therapy   9(2) 108-114   2015年
【目的】大径のシースを要するため,経上腕動脈アプローチでは従来困難であったProximal balloon protection(PBP)法による頚動脈ステント留置術の1 例を報告する.【症例】76 歳男性.大腿動脈からアクセスが困難な左内頚動脈狭窄症に対して,右上腕動脈より,シースを用いず,6Fr ロングダイレーターを用いて9Fr OPTIMO を左総頚動脈へ誘導し,引き続きステント留置を行った.術後経過は良好で,遠位塞栓は認めなかった.【結論】経上腕動脈アプローチでPBP 法を用いた頚...
太田 剛史, 中原 一郎, 松本 省二, 石橋 良太, 五味 正憲, 宮田 悠, 西 秀久, 渡邉 定克
Journal of Neuroendovascular Therapy   8(1) 3-13   2014年
【目的】症候性の慢性内頚動脈閉塞症に対して血管内治療での再開通療法が試みられるようになってきており,その手術難易度や治療効果について総説する.【方法】現在までの報告で示されている適応,治療方法の詳細などを自験例の詳細を加えてレビューし,将来の展望を考察した.【結語】近年の報告では血行動態障害を伴う症例において高い予防効果が期待できそうである.今後専用器具の開発,病変性質の解明,画像診断の進歩などの要因により治療機会が大きく広がる可能性がある.【結論】近い将来,症候性の慢性内頚動脈閉塞症に対...
中島 ゆかり, 松本 省二, 中原 一郎
Brain nursing   28(1) 6-11   2012年1月
入江 恵子, 中居 康展, 中原 一郎
JNET : journal of neuroendovascular therapy   6(4) 252-257   2012年12月
中原 一郎
脳神経外科ジャーナル   18(7) 509-518   2009年
近年,画像診断の進歩により,アテローム血栓性梗塞の成因として頭蓋内動脈狭窄症の意義が注目されるようになった.頭蓋内動脈狭窄症は,頚動脈狭窄症などの頭蓋外病変と比較して決して頻度が低いものではなく,いったん症候性となった場合の脳卒中再発率も頭蓋外病変に匹敵する.血管内治療の進歩によって頭蓋内動脈狭窄症に対する経皮的血管形成術やステント留置術が可能となっており,欧米では頭蓋内動脈専用のデバイスが開発されるとともに臨床研究が進められている.本邦でもいまだoff label治療ではあるが報告例が増...
中原 一郎
脳卒中   26(4) 636-640   2004年
Endovascular treatment for stenosis of intracranial and skullbase cerebral arteries is promising but still investigational strategy. Recent development of balloon catheters and application of coronary stents to these arteries has enabled revascula...
林 純哉, 中原 一郎
ブレインナーシング   18(6) 576-580   2002年6月
間中 浩, 坂井 信幸, 永田 泉, 中原 一郎, 下鶴 哲郎, 酒井 秀樹, 東 登志夫, 高橋 淳, 太田 元, 石澤 錠二, 森実 飛鳥, 安榮 良悟, 新堂 敦, 川端 康弘, 菊池 晴彦
脳卒中の外科   29(6) 414-419   2001年
Many asymptomatic non-ruptured intracranial aneurysms are detected by non-invasive radiological examinations. On the other hand, the question has arisen whether surgical treatment of them is justifiable or not because their natural history is not ...
中原 一郎, 坂井 信幸, 柳本 広二, 下鶴 哲郎, 酒井 秀樹, 東登 志夫, 名村 尚武, 高橋 淳, 大田 元, 石澤 錠二, 間中 浩, 森実 飛鳥, 川端 康弘, 新堂 敦, 安榮 良悟, 明田 秀太, 永田 泉, 菊池 晴彦, 紺野 広, 小笠原 邦昭, 鈴木 倫保, 小川 彰
脳神経外科ジャーナル   9(4)    2000年
滝 和郎, 坂井 信幸, 中原 一郎, 村尾 健一, 酒井 秀樹, 東 登志夫, 高橋 淳, 永田 泉, 菊地 晴彦, 寺田 友昭, 津浦 光晴, 中井 易二, 松本 博之, 増尾 修, 中井 國雄, 板倉 徹
脳神経外科ジャーナル   9(4)    2000年
坂井 信幸, 滝 和郎, 中原 一郎, 村尾 健一, 酒井 秀樹, 東 登志夫, 高橋 淳, 永田 泉, 菊地 晴彦
脳神経外科ジャーナル   9(4)    2000年
石澤 錠二, 秋山 義典, 坂井 信幸, 中原 一郎, 永田 泉
脳卒中   22(2) 348-352   2000年
頸部頸動脈狭窄症に対するステント留置術が全身血圧・脈拍数に及ぼす影響について検討した.対象は1998年1月から12月までにステント留置を行った17例で,ステントが内頸動脈から総頸動脈におよぶ症例(CCA群)と内頸動脈に限局する症例(ICA群)に分け,留置術直前および術中の平均血圧・脈拍数.留置術4日前と18日後に24時間血圧計にて測定した平均血圧・脈拍数,血圧の日内変動につき検討した.結果は両群問において留置術直前の平均血圧・脈拍数に有意差は認められなかったが,留置術中の平均血圧・脈拍数に...
坂井 信幸, 永田 泉, 秋山 義典, 中原 一郎, 酒井 秀樹, 東 登志夫, 高橋 淳, 石澤 錠二, 間中 浩, 林 直樹, 森実 飛鳥, 橋本 信夫, 菊池 晴彦
脳卒中の外科   28(3) 184-187   2000年
Several large randomized multicenter trials have demonstrated the beneficial effects of carotid endarterectomy (CEA) for prevention of strokes in patients with severe symptomatic or asymptomatic carotid artery stenosis. On the other hand, endovasc...
坂井 信幸, 中原 一郎, 秋山 義典, 酒井 秀樹, 東 登志夫, 高橋 淳, 西崎 順也, 柳本 広二, 永田 泉, 滝 和郎, 定藤 章代, 大脇 久敬, 橋本 信夫, 菊池 晴彦
脳神経外科ジャーナル   8(4)    1999年
秋山 義典, 坂井 信幸, 中原 一郎, 酒井 秀樹, 石澤 錠二, 間中 浩, 森実 飛鳥, 林 直樹, 高橋 淳, 永田 泉
脳卒中   21(4)    1999年
坂井 信幸, 中原 一郎, 秋山 義典, 戸高 健臣, 岩間 享, 永田 泉, 滝 和郎, 橋本 信夫, 菊池 晴彦
脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke   27    1998年6月
滝 和郎, 青木 友和, 川西 正彦, 井坂 文章, 大脇 敬久, 佐藤 徹, 中原 一郎, 坂井 信幸
脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke   27    1998年6月
中原 一郎, 永田 泉, 坂井 信幸, 西 正吾, 川上 理, 堀口 聡士, 小島 昭雄, 澤田 元史, 戸高 健臣, 秋山 義典, 岩間 亨, 橋本 信夫, 菊池 晴彦
脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke   27    1998年6月
坂井 信幸, 滝 和郎, 中原 一郎, 澤田 元史, 戸高 健臣, 秋山 義典, 岩間 亨, 永田 泉, 橋本 信夫, 菊池 晴彦
脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke   27    1998年6月
澤田 元史, 戸高 健臣, 秋山 義典, 坂井 信幸, 中原 一郎, 岩間 亨, 永田 泉
脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke   27    1998年6月
岩間 亨, 澤田 元史, 戸高 健臣, 西 正吾, 中原 一郎, 川上 理, 堀口 聡士, 小島 昭雄, 秋山 義典, 坂井 信幸, 永田 泉, 橋本 信夫
脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke   27    1998年6月
川上 理, 永田 泉, 岩間 亨, 秋山 義典, 中原 一郎, 西 正吾, 戸高 健臣, 澤田 元史, 小島 昭雄, 橋本 信夫
脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke   27    1998年6月
戸高 健臣, 岩間 亨, 秋山 義典, 中原 一郎, 坂井 信幸, 西 正吾, 澤田 元史, 小島 昭雄, 川上 理, 堀口 聡士, 永田 泉, 橋本 信夫
脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke   27    1998年6月
西 正吾, 石川 正恒, 永田 泉, 中原 一郎, 橋本 信夫
脳卒中の外科 = Surgery for cerebral stroke   27    1998年6月
I. Nakahara, W. Taki, H. Kikuchi, N. Sakai, F. Isaka, H. Oowaki
Japanese Journal of Neurosurgery   7 87-94   1998年1月
The authors reviewed 48 patients who underwent endosaccular embolization using detachable coils for the treatment of cerebral aneurysms between March 1993 and February 1997. Aneurysm size was small in 25 patients, large in 17, and giant in 6. The ...
小島 昭雄, 永田 泉, 秋山 義典, 岩間 亨, 中原 一郎, 坂井 信幸, 戸高 健臣, 橋本 信夫
脳卒中   20(6) 615-615   1998年
榎 直美, 湯川 豊, 谷口 正洋, 木下 順一, 野原 弘基, 滝 和郎, 坂井 信幸, 中原 一郎, 幡生 真人
日本放射線技術学会雑誌   53(7)    1997年
I. Nakahara, W. Taki, M. Tanaka, A. Sadatou, K. Matsumoto, H. Kikuchi
Archiv fur Japanische Chirurgie   63 91-98   1994年12月
Endosaccular embolization is an innovative and effective treatment for surgically formidable cerebral aneurysms. Platinum microcoils are soft, easily fit to complex configuration of aneurysms, highly thrombogenic, so that suitable for this purpose...
中原 一郎, 滝 和郎, 田中 正人, 定藤 章代, 松本 晃二, 菊池 晴彦
日本外科宝函   63(3) 91-98   1994年5月
M. Nishikawa, H. Handa, I. Nakahara, H. Yamakawa, S. Inagawa, T. Koide
Neurological Surgery   19 847-850   1991年1月

書籍等出版物

 
メジカルビュー社   2017年3月   ISBN:4758315574
メジカルビュー社   2014年10月   ISBN:4758315531
メジカルビュー社   2010年11月   ISBN:4758311870
メジカルビュー社   2010年7月   ISBN:4758311862
メジカルビュー社   2008年5月   ISBN:4758301832
滝 和郎, 小宮山 雅樹, 坂井 信幸, 寺田 友昭, 中原 一郎 (担当:共著)
メディカ出版   2004年9月   ISBN:4840411514
メディカ出版   2001年6月   ISBN:4840400830

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 中原 一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 中原 一郎