メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 外科系> 脳神経外科学 

医学部 脳神経外科学

研究者リスト >> 大場 茂生
 

最終確認日時:2020/09/04 20:01

編集

大場 茂生

 
アバター
研究者氏名大場 茂生
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 脳神経外科学
職名准教授
学位博士(医学)(慶應義塾大学)
J-Global ID201501012305363795

研究キーワード

 
脳腫瘍 ,神経膠腫 ,イソクエン酸デヒドロゲナーゼ ,がん代謝 ,グルタミン ,アスパラギン ,薬剤耐性 ,テモゾロマイド

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 脳神経外科学 / 脳腫瘍

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 医学部 准教授 
 
2015年4月
 - 
2018年9月
藤田保健衛生大学 医学部 講師 
 
2012年4月
 - 
2015年3月
University of California、San Francisco Neurological Surgery Assistant Specialist 
 
2009年4月
 - 
2014年3月
慶應義塾大学 医学部 助教 
 
2011年4月
 - 
2012年3月
University of California、San Francisco Neurological Surgery Postdoctoral Scholar 
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
慶應義塾大学大学院 医学研究科 
 
 
 - 
1999年3月
慶應義塾大学 医学部 
 

委員歴

 
2022年
 - 
現在
Frontiers in Oncology, section Neuro-Oncology and Neurosurgical Oncology  Review Editor
 
2021年
 - 
現在
日本分子脳神経外科学会  学術企画運営委員
 
 
 - 
現在
Cancers  Topical Advisory Panel Member
 
 
 - 
現在
Neuro-Oncology Central  運営委員
 
 
 - 
現在
東海脳腫瘍病理検討会  世話人
 

受賞

 
2017年11月
日本脳腫瘍学会学術集会, 星野賞,Mutant IDH1 Exuression Drives TERI Promoter Reactivation as Part of the Cellular Transformation Process.
大場茂生 
 
2012年
日本頭蓋底外科学会, 第24回日本頭蓋底外科学会優秀論文賞
大場茂生 
 
2011年
刀林賞受賞
大場茂生 
 
2010年
KNC脳疾患研究会 優秀論文賞
大場茂生 
 
2005年
The 4th meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology, Scholarship Awards in the 4th meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology
大場茂生 
 

論文

 
 
Daijiro Kojima   Shigeo Ohba   Masato Abe   Atsushi Suzuki   Seiji Horibe   Ichiro Tateya   Mitsuhiro Hasegawa   Yuichi Hirose   
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology      2022年7月
Most osteomalacia-inducing tumors (OITs) are phosphaturic mesenchymal tumors (PMTs) that secrete fibroblast growth factor 23 (FGF23). These tumors usually occur in the bone and soft tissues, and intracranial OITs are rare. Therefore, intracranial ...
 
Shunsuke Nakae   Masanobu Kumon   Daijiro Kojima   Saeko Higashiguchi   Shigeo Ohba   Naohide Kuriyama   Yuriko Sato   Yoko Inamoto   Masahiko Mukaino   Yuichi Hirose   
Journal of Neurosurgery: Case Lessons   3(5)    2022年1月
<sec>
<title>BACKGROUND</title>
A common surgical approach for dominant insular lesions is to make a surgical corridor in asymptomatic cortices based on functional mapping. However, the surgical approach is difficult for posterior insular lesions ...
 
Shigeo Ohba   Yongjian Tang   Tor-Christian Aase Johannessen   Joydeep Mukherjee   
Frontiers in oncology   12 844861-844861   2022年
PKM2 is a phosphotyrosine-binding glycolytic enzyme upregulated in many cancers, including glioma, and contributes to tumor growth by regulating cell cycle progression. We noted, however, that in multiple glioma cell lines, PKM2 knock-down resulte...
 
Yushi Kawazoe   Shigeo Ohba   Kazuhiro Murayama   Shunsuke Nakae   Yuya Nishiyama   Masato Abe   Mitsuhiro Hasegawa   Yuichi Hirose   
World neurosurgery      2021年11月
BACKGROUND: We investigated the ability of magnetic resonance imaging (MRI) to distinguish primary central nervous system vasculitis (PCNSV) from glioblastoma to facilitate the development of an appropriate treatment for PCNSV. METHODS: We enrolle...
 
Seiji Yamada   Jun Muto   Sachiko Iba   Kazuya Shiogama   Yuta Tsuyuki   Akira Satou   Shigeo Ohba   Kazuhiro Murayama   Yasuo Sugita   Shigeo Nakamura   Hideaki Yokoo   Akihiro Tomita   Yuichi Hirose   Tetsuya Tsukamoto   Masato Abe   
Neuropathology   41(5) 335-348   2021年10月   [査読有り]
Primary central nervous system lymphomas (PCNSLs) rarely exhibit intratumoral hemorrhage. The differential diagnosis of hemorrhagic neoplasms of the central nervous system (CNS) currently includes metastatic carcinomas, melanomas, choriocarcinomas...

MISC

 
 
中江俊介   村山和宏   公文将備   大場茂生   佐々木光   安達一英   西山悠也   安倍雅人   長谷川光広   廣瀬雄一   
てんかん研究   39(2)    2021年
 
小嶋大二朗   中江俊介   公文将備   東口彩映子   安達一英   西山悠也   大場茂生   長谷川光広   廣瀬雄一   
てんかん研究   39(2)    2021年
 
大場茂生   村山和宏   山田勢至   中江俊介   佐々木光   西山悠也   安達一英   長谷川光広   安倍雅人   廣瀬雄一   
Brain Tumor Pathology (Web)   38(Supplement)    2021年
 
大場茂生   小嶋大二郎   公文将備   桑原聖典   大見達夫   中江俊介   武藤淳   西山悠也   安達一英   山田勢至   安倍雅人   長谷川光広   廣瀬雄一   
日本老年脳神経外科学会プログラム・抄録集   33rd    2020年
 
中江俊介   小嶋大二朗   安達一英   西山悠也   大場茂生   長谷川光広   廣瀬雄一   
日本脳腫瘍の外科学会プログラム・抄録集   25th    2020年

講演・口頭発表等

 
 
大場茂生   平山明由   常陸圭介   山口央輝   Joydeep Mukherjee   Russell O Piepe   廣瀬雄一   
第39回日本脳腫瘍学会学術集会   2021年12月5日   
 
Shigeo Ohba   Akiyoshi Hirayama   Keisuke Hitachi   Hisateru Yamaguchi   Joydeep Mukherjee   Russell O Piepe   Yuichi Hirose   
26th Annual Meeting and Education Day of the Society for Neuro-Oncology   
 
大場茂生   平山明由   山口央輝   Joydeep Mukherjee   Russell O Piep   廣瀬雄一   
第80回日本脳神経外科学会総会   2021年10月29日   
 
大場茂生   長谷川光広   廣瀬雄一   
第53回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   
 
大場茂生   廣瀬雄一   
第21回日本分子脳神経外科学会   2021年9月25日   

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ脳腫瘍学会
 
   
 
日本脳神経血管内治療学会 [旧称;日本脳神経血管内手術研究会]
 
   
 
日本脳卒中学会
 
   
 
日本分子脳神経外科学会
 
   
 
日本脳腫瘍病理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
神経膠腫におけるがん代謝を標的とした治療法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
大場 茂生 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
悪性神経膠腫の薬剤耐性へのDNA修復異常の関与の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
廣瀬 雄一 中江 俊介 佐々木 光 大場 茂生 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
悪性脳腫瘍におけるがん代謝を標的とした新規治療法の開発
公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第47回がんその他の悪性新生物研究助成金
大場茂生 
研究期間: 2022年 - 2023年
 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
がん代謝を標的とした悪性脳腫瘍に対する新規治療法の開発
公益財団法人 大 幸 財 団: 第31回自然科学系学術研究助成
大場茂生 
研究期間: 2021年 - 2022年

その他

 
 
特になし
 
 
神経膠腫PDXモデル

*本研究ニーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進セン
ター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで