メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 医学部> 外科系> 脳卒中科 

脳卒中科

研究者リスト >> 桒原 聖典
 

最終確認日時:

編集

桒原 聖典

 
アバター
研究者氏名桒原 聖典
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 脳神経外科
職名助教
学位医学博士(藤田医科大学)
J-Global ID201501014353471101

研究キーワード

 
神経膠腫

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 脳神経外科学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
藤田医科大学 脳神経外科  
 
2018年4月
 - 
2019年3月
藤枝平成記念病院 脳神経外科  
 
2016年4月
 - 
2018年3月
公立西知多総合病院 脳神経外科  
 
2015年4月
 - 
2016年3月
藤田医科大学 脳神経外科  
 
2013年4月
 - 
2015年3月
藤田医科大学 初期臨床研修医  
 

論文

 
 
Shigeo Ohba   Kazuhiro Murayama   Kiyonori Kuwahara   Eriel Sandika Pareira   Shunsuke Nakae   Yuya Nishiyama   Kazuhide Adachi   Seiji Yamada   Hikaru Sasaki   Naoki Yamamoto   Masato Abe   Joydeep Mukherjee   Mitsuhiro Hasegawa   Russell O Pieper   Yuichi Hirose   
Neurosurgery   87(2) 408-417   2020年8月
BACKGROUND: The extent of resection has been reported to be associated with overall survival in gliomas. The use of 5-aminolevulinic acid (5-ALA) has been recognized to increase the extent of tumor resection. OBJECTIVE: To evaluate what factors af...
 
Shigeo Ohba   Kiyonori Kuwahara   Seiji Yamada   Masato Abe   Yuichi Hirose   
Brain tumor pathology   37(2) 33-40   2020年4月
According to the 2016 World Health Organization (WHO) classification of central nervous system tumors, diffuse astrocytic and oligodendroglial tumors are differentiated by the presence of isocitrate dehydrogenase 1 or 2 (IDH1/2) mutation and the c...
 
Kuwahara K   Ohba S   Nakae S   Hattori N   Pareira ES   Yamada S   Sasaki H   Abe M   Hasegawa M   Hirose Y   
Brain Tumor Pathol.      2019年7月   [査読有り]
 
桒原聖典   石川寛   平川昭彦   田中里樹   若子哲   大見達夫   中江俊介   稲桝丈司   廣瀬雄一   
神経外傷      2017年12月   [査読有り]
 
Kuwahara K   Moriya S   Maeda S   Hayakawa M   Mizoguchi Y   Nakahara I   Hirose Y   
Journal of Neuroendovascular Therapy      2017年11月   [査読有り]