メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

医学部 小児科

研究者リスト >> 森 雄司
 

最終更新日時:2015/09/20 06:08

編集

森 雄司

 
アバター
研究者氏名森 雄司
 
 
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 小児科学
職名助教
学位医学博士(藤田医科大学)
J-Global ID201501002725159640

研究キーワード

 

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学 / アレルギー

経歴

 

学歴

 
2019年3月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 医学科 大学院
 

委員歴

 

受賞

 

論文

 
 
森雄司   
藤田医科大学   46(5) 482-490   2018年9月   [査読有り]

MISC

 

書籍等出版物

 
 
   2014年      
 
   2013年      
 
   2011年      

講演・口頭発表等

 
 
卵白未摂取のアトピー性皮膚炎児のオボムコイド減量ベビーフードに対するアレルギー誘発の検討
森雄司   大久保悠里子   山脇一夫   田中健一   犬尾千聡   中島陽一   平田典子   鈴木聖子   近藤康人   柘植郁哉   木村守   宇理須厚雄   
2013年   
 
銀杏中毒の兄弟例
森 雄司   犬尾   千聡   
小児救急医学会   2013年   
 
最近経験したBeckwith-Wiedemann症候群の3例
森 雄司   内田英利   藤野正之   江竜喜彦   帽田仁子   宮田昌史   吉川哲史   
小児科学会   2013年   
 
児期の肝機能障害、肝腫大のフォロー中に発達遅滞が明確になり、後に乾燥臍帯を用いたPCR法で先天性サイトメガロウイルス感染が証明された1男児例
森 雄司   相原早希   河村吉紀   大橋正博   井平 勝   加藤伴親   吉川哲史   
東海ヘルペス研究会   2013年   
 
「乳児期の肝機能障害、肝腫大のフォロー中に発達遅滞が明確になり、後に乾燥臍帯を用いたPCR法で先天性サイトメガロウイルス感染が証明された1男児例」:先天性サイトメガロウイルス感染症対策のための妊婦教育の効果の検討、妊婦・新生児スクリーニング体制の構築及び感染新生児の発症リスク同定に関する研究:(H23-次世代-一般-001)
森 雄司   相原早希   河村吉紀   大橋正博   井平 勝   加藤伴親   吉川哲史   
厚生労働省班会議   2012年   

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他

 

その他教育活動上特記すべき事項