メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 伊藤 弘康
 

最終更新日時:

編集

伊藤 弘康

 
アバター
研究者氏名伊藤 弘康
 
イトウ ヒロヤス
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 臨床検査科
職名教授
学位医学博士(岐阜大学)
科研費研究者番号80373075
J-Global ID201601000738827795

プロフィール

近年、Toll用受容体のリガンドやNKT細胞の活性化分子などが同定され、宿主免疫系の修飾により様々な疾患に応用されつつある。また、免疫チェックポイント分子の同定も盛んに行われており、特に癌への治療応用が期待さえている。現在、このような免疫修飾技術を持ちいて、1)完全ウイルス排除を目指したHBV感染症治療法の開発、2)癌免疫療法の開発、3)臓器再生(肝再生・皮膚創傷治癒など)方法の確立に向けて基礎的実験を行っている。

研究キーワード

 
腫瘍 ,CD40 ,臨床検査医学 ,α-galactosylceramide ,急性肝炎 ,トランスジェニックマウス ,細胞障害性T細胞 ,CD40L ,細胞傷害性T細胞 ,臨床化学 ,スタチン製剤 ,細胞内カルシウム ,炎症・免疫 ,フローサイトメトリー ,遺伝子解析 ,生理活性物質 ,IL-2 ,肝炎ウイルス ,細胞障害性Tリンパ球 ,リアノジン受容体 ,B型肝炎ウイルス ,サイトカイン ,α-ガラクトシルセラミド ,一酸化窒素 ,一酸化窒素合成酵素 ,癌転移 ,NKT細胞 ,癌免疫 ,インドールアミン酸素添加酵素

研究分野

 
  • その他 / その他 / 臨床検査医学 病態検査学
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 免疫学
  • ライフサイエンス / 消化器内科学 / 肝臓学
  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学 / 

経歴

 
2020年6月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 臨床検査科 教授 
 
2012年3月
 - 
2020年5月
岐阜大学 病態情報解析学 准教授 
 
2012年1月
 - 
2012年2月
岐阜大学 病態情報解析学 講師 
 
2010年1月
 - 
2011年12月
米国衛生研究所/米国癌研究所  博士研究員 
 
2006年4月
 - 
2009年12月
岐阜大学 病態情報解析学 講師 
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2003年3月
岐阜大学大学院  
 

受賞

 
2016年9月
日本臨床検査医学会, 第63回日本臨床検査医学会学術集会 日本臨床検査医学会学会賞,癌診断治療における免疫抑制因子の臨床応用
伊藤 弘康 
 
2007年9月
Sixth JSH Single Topic Conference, Best Poster Award,Proteomic analysis of HBsAg-specific CTLs induced fulminant hepatitis in hepatocytes.
伊藤 弘康 
 
2006年9月
Fifth JSH Single Topic Conference, Young Investigator Award,Breaking CTL tolerance in HBV transgenic mice by novel therapeutic vaccination: V 14+ NKT cactivation enhances induction of HBV-specific CTL.
伊藤 弘康 
 

論文

 
 
Genki Mizuno   Masato Hoshi   Kentaro Nakamoto   Masayo Sakurai   Kazuko Nagashima   Takashi Fujita   Hiroyasu Ito   Tadayoshi Hata   
Clinical chemistry and laboratory medicine   59(9) 1547-1553   2021年8月
OBJECTIVES: The microscopic examination of hematuria, a cardinal symptom of glomerulonephritis (GN), is time-consuming and labor-intensive. As an alternative, the fully automated urine particle analyzer UF-5000 can interpret the morphological info...
 
Hiroyuki Naruse   Junnichi Ishii   Hiroshi Takahashi   Fumihiko Kitagawa   Eirin Sakaguchi   Hideto Nishimura   Hideki Kawai   Takashi Muramatsu   Masahide Harada   Akira Yamada   Wakaya Fujiwara   Mutsuharu Hayashi   Sadako Motoyama   Masayoshi Sarai   Eiichi Watanabe   Hiroyasu Ito   Yukio Ozaki   Hideo Izawa   
Journal of clinical medicine   10(16)    2021年8月
The prognostic role of D-dimer in different types of heart failure (HF) is poorly understood. We investigated the prognostic value of D-dimer on admission, both independently and in combination with the Get With The Guidelines-Heart Failure (GWTG-...
 
Ian Baudi   Masanori Isogawa   Federica Moalli   Masaya Onishi   Keigo Kawashima   Yuji Ishida   Chise Tateno   Yusuke Sato   Hideyoshi Harashima   Hiroyasu Ito   Tetsuya Ishikawa   Takaji Wakita   Matteo Iannacone   Yasuhito Tanaka   
PLoS pathogens   17(5) e1009228   2021年5月
Virus infection, such as hepatitis B virus (HBV), occasionally causes endoplasmic reticulum (ER) stress. The unfolded protein response (UPR) is counteractive machinery to ER stress, and the failure of UPR to cope with ER stress results in cell dea...
 
Daisuke Ito   Hiroyasu Ito   Takayasu Ideta   Ayumu Kanbe   Soranobu Ninomiya   Masahito Shimizu   
Cell communication and signaling : CCS   19(1) 36-36   2021年3月
BACKGROUND: The skin wound healing process is regulated by various cytokines, chemokines, and growth factors. Recent reports have demonstrated that spermine/spermidine (SPD) promote wound healing through urokinase-type plasminogen activator (uPA)/...
 
Ayumu Kanbe   Tetsuya Ishikawa   Akira Hara   Hiroshi Suemizu   Eri Nanizawa   Yuki Tamaki   Hiroyasu Ito   
Journal of gastroenterology and hepatology   36(3) 782-789   2021年3月
BACKGROUND AND AIM: The chronicity of hepatitis B virus (HBV) infection is the result of impaired HBV-specific immune responses that cannot eliminate or cure the infected hepatocytes efficiently. Previous studies have used immunodeficient mice suc...

MISC

 
 
Eri Nanizawa   Yuki Tamaki   Reika Sono   Rintaro Miyashita   Yumi Hayashi   Ayumu Kanbe   Hiroyasu Ito   Tetsuya Ishikawa   
Biochemistry and biophysics reports   22 100736-100736   2020年7月   
Obesity and high-fat diet (HFD) are known to cause proinflammatory and procoagulation states and suggested to become a risk of developing thromboembolic diseases. Non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD) is usually associated with obesity and HFD...
 
神戸歩   伊藤弘康   石川哲也   
肝臓   60(Supplement 1)    2019年
 
伊藤弘康   石川哲也   
日本消化器病学会雑誌(Web)   116    2019年
 
伊藤弘康   清島満   石川哲也   
肝臓   58(Supplement 1)    2017年
 
Yuhei Shibata   Takeshi Hara   Junji Nagano   Nobuhiko Nakamura   Tomohiko Ohno   Soranobu Ninomiya   Hiroyasu Ito   Takuji Tanaka   Kuniaki Saito   Mitsuru Seishima   Masahito Shimizu   Hisataka Moriwaki   Hisashi Tsurumi   
PLOS ONE   11(1)    2016年1月   
Indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO), a tryptophan-catabolizing intracellular enzyme of the L-kynurenine pathway, causes preneoplastic cells and tumor cells to escape the immune system by inducing immune tolerance; this mechanism might be associated ...

講演・口頭発表等

 
 

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
病態情報解析医学演習Ⅱ (医学系研究科)

所属学協会

 
 
   
 
日本免疫学会
 
   
 
日本肝臓学会
 
   
 
日本消化器病学会
 
   
 
日本臨床検査専門医会
 
   
 
日本臨床化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
HSV-TKマウスを用いた新規HBV感染症モデルの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
伊藤弘康 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2016年3月 - 2017年3月
 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
NKT細胞活性化と免疫抑制因子の制御を用いた癌転移に対する新規免疫療法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
伊藤 弘康 清島 満 白上 洋平 
研究期間: 2013年 - 2015年
 
転移性腫瘍に対するNKT細胞免疫と免疫抑制因子の制御を用いた新規癌免疫療法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
伊藤 弘康 
研究期間: 2012年 - 2013年

社会貢献活動

 
 

岐阜医療科学大学 岐阜医療科学大学 2016年10月1日 - 2017年3月31日