メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>病理診断科Ⅰ
 

医学部 病理診断学

研究者リスト >> 山田 勢至
 

最終確認日時:

編集

山田 勢至

 
アバター
研究者氏名山田 勢至
 
 
所属藤田保健衛生大学医学部
部署病理診断学
職名講師
学位博士(医学)(名古屋市立大学)
J-Global ID201601018477634559

研究キーワード

 
神経病理学 ,脳腫瘍 ,人体病理学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経形態学 / 
  • ライフサイエンス / 人体病理学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学医学部 病理診断学 講師, 
 
2016年3月
 - 
2017年3月
群馬大学大学院医学系研究科 病態病理学分野 助教, 
 
2014年9月
 - 
2016年2月
Mayo Clinic Department of Laboratory Medicine and Pathology, , 
 
2014年4月
 - 
2014年8月
群馬大学 病院病理部 医員, 
 
2011年4月
 - 
2014年3月
名古屋市立大学大学院医学研究科 病理部 助教, 
 

学歴

 
 
 - 
2012年
名古屋市立大学大学院医学研究科 Graduate School of Medical Sciences 
 
 
 - 
2004年
福井医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 

受賞

 
2016年
第63回北関東医学会総会, 優秀発表賞
 
 
2012年
第70回日本病理学会中部支部交見会, 学術奨励賞
 
 

論文

 
 
Ohba S   Murayama K   Nishiyama Y   Adachi K   Yamada S   Abe M   Hasegawa M   Hirose Y   
World neurosurgery      2019年6月   [査読有り]
 
Yamada S   Nobusawa S   Yamazaki T   Teranishi T   Watanabe S   Murayama K   Ohba S   Okabe A   Sakurai K   Urano M   Tsukamoto T   Yokoo H   Hirose Y   Abe M   
Pathology International   in press    2019年6月   [査読有り]
 
Ohba S   Yamada Y   Murayama K   Sandika E   Sasaki H   Yamada S   Abe M   Hasegawa M   Hirose Y   
World neurosurgery      2019年3月   [査読有り]
 
Ge Y   Takino H   Sato F   Yamada S   Masaki A   Fujiyoshi Y   Hattori H   Morita A   Kuo TT   Inagaki H   
Br J Dermatol.   170(3) 735-737   2014年3月   [査読有り]

MISC

 
 
Ruiz VY   Praska CE   Armstrong G   Kollmeyer TM   Yamada S   Decker PA   Kosel ML   Eckel-Passow JE   Lachance DH   Bainbridge MN   Melin BS   Bondy ML   Jenkins RB   Gliogene Consortium   
Neuro-oncology   20(6) 810-817   2018年5月   [査読有り]
 
Vaubel RA   Caron AA   Yamada S   Decker PA   Eckel Passow JE   Rodriguez FJ   Nageswara Rao AA   Lachance D   Parney I   Jenkins R   Giannini C   
Brain pathology (Zurich, Switzerland)   28(2) 172-182   2018年3月   [査読有り]
 
Satoshi Nakata   Keishi Horiguchi   Shogo Ishiuchi   Yuhei Yoshimoto   Seiji Yamada   Sumihito Nobusawa   Hayato Ikota   Junko Hirato   Hideaki Yokoo   
NEUROPATHOLOGY   37(4) 351-357   2017年8月   [査読有り]
Pediatric high-grade gliomas are rare and occasionally hard to classify. These tumors often feature a well-demarcated histology and are expected to have a better outcome than ordinary diffuse high-grade gliomas in adults. We herein report a case o...
 
Seiji Yamada   Tatsuya Yamazaki   Satoshi Nakata   Sumihito Nobusawa   Hayato Ikota   Munenori Ide   Kazuyuki Mizushima   Yasuo Harigaya   Junko Hirato   Hideaki Yokoo   
NEUROPATHOLOGY   37(4) 335-340   2017年8月   [査読有り]
Dentatorubral-pallidoluysian atrophy (DRPLA), one of the polyglutamine diseases, has not been reported in combination with ganglioglioma (GG). Herein, we report an autopsy case of a 72-year-old man with DRPLA with a small GG component harboring ne...
 
Seiji Yamada   Christopher P. Wood   Jawad A. Shah   Jonathan Vida   Joseph E. Parisi   Mark E. Jentoft   
NEUROPATHOLOGY   36(5) 480-484   2016年10月   [査読有り]
Hypothalamic hamartomas are rare tumors that typically present in childhood, often with gelastic seizures, precocious puberty, or as a manifestation of Pallister Hall syndrome. Neurofibrillary tangles are cytoplasmic aggregates of hyperphosphoryla...

書籍等出版物

 
 
 
山田勢至, 横尾英明(担当:分担執筆)
中外医薬社      2018年      
 
山田勢至, 横尾英明(担当:分担執筆, 範囲:中枢神経)
文光堂      2017年      
 
山田勢至, 荒川芳輝, 平戸純子(担当:分担執筆, 範囲:Diffuse leptomeningeal glioneuronal tumor)
医学書院      2017年      
 
稲垣宏, 山田勢至, 滝野寿(担当:分担執筆)
文光堂      2010年      

講演・口頭発表等

 

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 
 
   
 
日本脳神経外科コングレス
 
   
 
日本脳神経外科学会
 
   
 
日本臨床細胞学会
 
   
 
日本神経病理学会
 
   
 
日本脳腫瘍病理学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他