メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 研究推進本部> 病態モデル先端医学研究センター 

病態モデル先端医学研究センター

研究者リスト >> 吉村 文
 

最終確認日時:2018/09/22 19:10

編集

吉村 文

 
アバター
研究者氏名吉村 文
 
ヨシムラ アヤ
URL
所属藤田医科大学
部署研究支援推進本部 疾患モデル教育研究サポートセンター
職名講師
学位博士(農学)(岩手大学大学院)
科研費研究者番号90466483
J-Global ID201701001372319426

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学 / 
  • ライフサイエンス / 実験動物学 / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
藤田医科大学 研究推進本部 病態モデル先端医学研究センター 講師 
 
2019年2月
 - 
2022年3月
藤田医科大学 研究支援推進センター 疾患モデル教育研究施設 講師 
 
2017年4月
 - 
2019年1月
藤田保健衛生大学 研究支援推進センター・疾患モデル教育研究施設 助教 
 
2015年8月
 - 
2017年3月
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所・疾病研究第三部 科研費研究員 
 
2011年8月
 - 
2015年7月
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所・実験動物管理室 流動研究員 
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
岩手大学大学院 連合農学研究科 
 
2000年4月
 - 
2002年3月
弘前大学大学院 理学研究科 
 
1996年4月
 - 
2000年3月
弘前大学 理学部 生物学科
 

論文

 
 
Hitomi Matsuno   Shoko Tsuchimine   Kazunori O'Hashi   Kazuhisa Sakai   Kotaro Hattori   Shinsuke Hidese   Shingo Nakajima   Shuichi Chiba   Aya Yoshimura   Noriko Fukuzato   Mayumi Kando   Megumi Tatsumi   Shintaro Ogawa   Noritaka Ichinohe   Hiroshi Kunugi   Kazuhiro Sohya   
Molecular psychiatry      2022年5月   [査読有り]
Several lines of evidence suggest that stress induces the neurovascular dysfunction associated with increased blood-brain barrier (BBB) permeability, which could be an important pathology linking stress and psychiatric disorders, including major d...
 
Kyongtae T. Bae*(*Equally-Contributed First Authors)   Kanako Kumamoto*   Aya Yoshimura*   Masanori Kugita   Shigeo Horie   Tamio Yamaguchi   Junu T. Bae   Shizuko Nagao   
Journal of Nephrology      2021年11月   [査読有り]
 
Uga Naoko   Nakatani Masashi   Yoshimura Aya   Kumamoto Kanako   Tsuchida Kunihiro   Nagao Shizuko   Tsuchiya Tomonori   Kondo Yasuhiro   Naoe Atsuki   Watanabe Shunsuke   Yasui Toshihiro   Hara Fujio   Suzuki Tatsuya   
Fujita Medical Journal   7(2) 41-49   2021年   [査読有り]
<p>Objectives: Proximal stoma creation in neonates results in growth failure and distal intestinal atrophy. "Recycling stool" consists of stool injection from the proximal limb to the distal limb of a stoma. Because this method may prevent ...
 
Aya Yoshimura*(*Equally-Contributed First Authors)   Tamio Yamaguchi*   Masanori Kugita*   Kanako Kumamoto   Kazuya Shiogama   Naomichi Ogitsu   Misao Yoneda   Toshihiro Miura   Yoichi Nagamura   Shizuko Nagao   
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   67(4) 243-248   2021年   [査読有り]
Daily fat and sugar intake has increased in Japan, while total energy intake has decreased. However, the number of type 2 diabetes mellitus patients has increased, and this often causes renal injury characterized by autophagic vacuoles. Although m...
 
Takahiro Shirozu   Athanase Badolo   Akira Soga   Aya Yoshimura   Yu ki Morishita   Mami Koketsu   Rika Umemiya Shirafuji   Hisashi Inokuma   Naoaki Yokoyama   Shinya Fukumoto   
Parasitology International   77    2020年8月   [査読有り]
© 2020 Elsevier B.V. The increasing Yezo sika deer (Cervus nippon yesoensis) population is creating a large problem. Yezo sika deer are an important blood meal source, and these deer contribute to the maintenance of tick populations. Theileria spp...

MISC

 
 
釘田 雅則   熊本 海生航   吉村 文   白水 貴大   藤垣 英嗣   山本 康子   高橋 和男   湯澤 由紀夫   長尾 静子   
日本腎臓学会誌   64(3) 312-312   2022年5月
 
松山 依里子   吉村 文   山田 栞   熊本 海生航   杉原 一廣   長尾 静子   
日本腎臓学会誌   63(4) 503-503   2021年6月
 
山田 栞   熊本 海生航   松山 依里子   吉村 文   杉原 一廣   長尾 静子   
日本腎臓学会誌   63(4) 503-503   2021年6月
 
宇賀 菜緒子   村山 未佳   土屋 智寛   近藤 靖浩   直江 篤樹   渡邉 俊介   安井 稔博   鈴木 達也   常陸 圭介   土田 邦博   吉村 文   熊本 海生航   長尾 静子   
日本小児外科学会雑誌   57(2) 390-390   2021年4月
 
吉村 文   山口 太美雄   釘田 雅則   熊本 海生航   塩竈 和也   荻津 直通   三浦 俊宏   米田 操   長村 洋一   長尾 静子   
日本腎臓学会誌   62(4) 283-283   2020年7月

所属学協会

 
 
   
 
日本神経化学会
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本実験動物学会
 
   
 
日本細胞外小胞学会
 
   
 
日本腎臓学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
生体物質由来治療薬としての母乳及び羊水エクソソームの有用性
文部科学省: 科学研究費基金(基盤研究C)
吉村 文 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
食塩感受性高血圧モデルを用いた腎病態機構の解明
公益財団法人愛知腎臓財団: 研究助成
申請者 吉村 文 代表者 長尾 静子 
研究期間: 2021年
 
慢性腎臓病に移行する機序の解明と治療に向けた研究
公益財団法人愛知腎臓財団: 研究助成
申請者 吉村 文 代表者 長尾静子 
研究期間: 2019年
 
エクソソーム標識ラットを用いた胎児期、乳幼児期における発育との関連解析
文部科学省: 科学研究費基金(挑戦的萌芽研究)
吉村 文 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
 
エクソソームを蛍光標識したトランスジェニックラットの開発と脳での解析
文部科学省: 科学研究費基金(若手研究(B))
吉村 文 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月