メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

疾患モデル教育研究施設

研究者リスト >> 吉村 文
 

最終確認日時:2018/09/22 19:10

編集

吉村 文

 
アバター
研究者氏名吉村 文
 
ヨシムラ アヤ
所属藤田保健衛生大学
部署研究支援推進センター 疾患モデル教育研究施設
職名助教
学位博士(農学)
科研費研究者番号90466483

研究分野

 
  • 基礎生物学 / 生物多様性・分類 / 
  • 実験動物学 / 実験動物学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 研究支援推進センター・疾患モデル教育研究施設 助教
 
2015年8月
 - 
2017年3月
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所・疾病研究第三部 科研費研究員
 
2011年8月
 - 
2015年7月
国立精神・神経医療研究センター 神経研究所・実験動物管理室 流動研究員
 
2006年4月
 - 
2011年7月
帯広畜産大学 原虫病研究センター 研究員
 

論文

 
Numakawa T, Odaka H, Adachi N, Chiba S, Ooshima Y, Matsuno H, Nakajima S, Yoshimura A, Fumimoto K, Hirai Y, Kunugi H
Neurochemistry international   118 217-224   2018年9月   [査読有り]
Adachi N, Yoshimura A, Chiba S, Ogawa S, Kunugi H
Neuroscience letters   662 44-50   2018年1月   [査読有り]
Yoshimura A, Adachi N, Matsuno H, Kawamata M, Yoshioka Y, Kikuchi H, Odaka H, Numakawa T, Kunugi H, Ochiya T, Tamai Y
Disease models & mechanisms   11(1)    2018年1月   [査読有り]
Odaka H, Numakawa T, Yoshimura A, Nakajima S, Adachi N, Ooshima Y, Inoue T, Kunugi H
Neuroscience research   113 28-36   2016年12月   [査読有り]
Yoshimura A, Kawamata M, Yoshioka Y, Katsuda T, Kikuchi H, Nagai Y, Adachi N, Numakawa T, Kunugi H, Ochiya T, Tamai Y
Scientific reports   6 31172   2016年8月   [査読有り]
Yoshimura A, Numakawa T, Odaka H, Adachi N, Tamai Y, Kunugi H
Neurochemistry international   97 26-33   2016年7月   [査読有り]
Nakajima S, Numakawa T, Adachi N, Ooshima Y, Odaka H, Yoshimura A, Kunugi H
Neurochemistry international   91 55-61   2015年12月   [査読有り]
Shyaka A, Kusumoto A, Chaisowwong W, Okouchi Y, Fukumoto S, Yoshimura A, Kawamoto K
The Journal of veterinary medical science   77(8) 967-972   2015年8月   [査読有り]
Yoshimura A, Koketsu M, Bando H, Saiki E, Suzuki M, Watanabe Y, Kanuka H, Fukumoto S
Journal of wildlife diseases   50(2) 235-242   2014年4月   [査読有り]
Fujiwara Y, Furuta A, Kikuchi H, Aizawa S, Hatanaka Y, Konya C, Uchida K, Yoshimura A, Tamai Y, Wada K, Kabuta T
Autophagy   9(3) 403-409   2013年3月   [査読有り]
Maekawa E, Aonuma H, Nelson B, Yoshimura A, Tokunaga F, Fukumoto S, Kanuka H
Parasites & vectors   4 10   2011年1月   [査読有り]
Aonuma H, Yoshimura A, Kobayashi T, Okado K, Badolo A, Nelson B, Kanuka H, Fukumoto S
Experimental parasitology   125(2) 179-183   2010年6月   [査読有り]
Perera N, Aonuma H, Yoshimura A, Teramoto T, Iseki H, Nelson B, Igarashi I, Yagi T, Fukumoto S, Kanuka H
Journal of virological methods   156(1-2) 32-36   2009年3月   [査読有り]
Aonuma H, Yoshimura A, Perera N, Shinzawa N, Bando H, Oshiro S, Nelson B, Fukumoto S, Kanuka H
Parasites & vectors   2(1) 15   2009年3月   [査読有り]
Yoshimura A, Nakata A, Kuro-o M, Obara Y, Ando Y
Cytogenetic and genome research   112(1-2) 160-165   2006年   [査読有り]
Yoshimura A, Nakata A, Mito T, Noji S
Cytogenetic and genome research   112(3-4) 329-336   2006年   [査読有り]
YOSHIMURA Aya
Entomological science   8(3) 219-222   2005年9月
YOSHIMURA Aya, OBARA Yoshitaka, ANDO Yoshikazu, KAYANO Hiroshi
Cytologia : international journal of cytology   70(1) 109-117   2005年3月
The chromosomes of 4 species of grasshopper in the genus Oxya were analyzed by conventional and five differential-staining methods. All 4 species had a chromosome complement of 2n=22+XX(female)/XO(male), with very similar karyotypes....
Nakata A, Yoshimura A, Kuro-o M, Obara Y
Cytogenetic and genome research   111(2) 152-158   2005年   [査読有り]
ヒナバッタ属2種とヒロバネヒナバッタ属1種の比較核型分析
吉村 文, 小原 良孝, 安藤 喜一
昆蟲(ニューシリーズ)   6 167-175   2003年   [査読有り]

Misc

 
特集:細胞外小胞顆粒と疾患 動物モデルを利用したエクソソームの生理学的機能と疾患研究
吉村 文
最新医学社      2018年9月
クローズアップ実験法(series 290) CD63-GFPトランスジェニックラットによるエクソソーム追跡
吉村 文, 落谷 孝広
実験医学   35(14) 2415-2421   2017年9月

所属学協会

 
日本神経化学会 , 日本分子生物学会

競争的資金等の研究課題

 
エクソソーム標識ラットを用いた胎児期、乳幼児期における発育との関連解析
文部科学省: 科学研究費基金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 吉村 文
エクソソームを蛍光標識したトランスジェニックラットの開発と脳での解析
文部科学省: 科学研究費基金(若手研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 吉村 文
ヤブカ-イヌフィラリア感染系を用いた病原体伝播機構の行動学的解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 吉村 文
染色体の動原体近傍に分布する高頻度反復配列の解析によるイナゴ属(Oxya)の研究
公益財団法人日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 吉村 文