メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター
教員検索医学部>救急総合内科学
 

医学部 救急総合内科学

研究者リスト >> 花井 翔悟
 

最終確認日時:

編集

花井 翔悟

 
アバター
研究者氏名花井 翔悟
 
 
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 救急総合内科
職名助教
学位学士(藤田保健衛生大学)
J-Global ID201701018556614196

研究キーワード

 
シャーロック・ホームズ ,古事記 ,神道考古学 ,バイタルサイン ,医学教育 ,総合診療 ,感染症

研究分野

 
  • 人文・社会 / 考古学 / 神道考古学
  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 / シャーロック・ホームズ
  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学 / 古事記
  • ライフサイエンス / 感染症内科学 / 感染症

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
藤田医科大学 救急総合内科 助教, 
 
2018年10月
 - 
2019年3月
藤田医科大学 救急総合内科 助手, 
 
2017年4月
 - 
2018年10月
藤田保健衛生大学 救急総合内科 助手, 
 
2015年4月
 - 
2017年3月
中頭病院 臨床研修部 初期研修医, 
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2015年3月
藤田保健衛生大学 医学部 医学科
 

委員歴

 

受賞

 
2018年3月
日本内科学会東海支部, 若手優秀演題賞
 
 

論文

 
 
花井 翔悟   
Internal medicine      2019年6月   [査読有り]
Pivoxil-containing cephalosporins can result in symptomatic hypocarnitinemia in children. We herein report a case of an 85-year-old man at risk of carnitine deficiency who developed relapsing symptomatic hypoglycemia after treatment with cefcapene...
 
花井 翔悟   
BMJ Case Reports      2017年12月   [査読有り]
IgG4-related disease (IgG4-RD) is a newly described illness over the last several years. A 57-year-old man, who had been followed for chronic kidney disease (CKD), chronic pancreatitis and history of operated cholangitis, was admitted to our hospi...
 
花井 翔悟   
BMJ Case Rep.      2017年2月   [査読有り]
Many diseases can cause hypercalcaemia, including primary hyperparathyroidism, cancer, drugs and granulomatous diseases. A nursing home resident aged 81 years was admitted because of altered mental status. The patient did not have fever, cough, sp...

MISC

 

書籍等出版物

 
 
花井 翔悟(担当:分担執筆, 範囲:島が白く光ってる…?)
医学書院      2019年10月      
 
花井 翔悟(担当:分担執筆, 範囲:症例10 80歳代,女性,左膝痛)
羊土社      2019年9月   (ISBN:9784758116336)   
 
花井 翔悟(担当:分担執筆, 範囲:J—IDEO Journal club(15))
中外医学社      2019年7月   (ISBN:9784498919044)   
 
花井 翔悟(担当:分担執筆, 範囲:ライブ・レクチャー(6) ケースカンファレンス-沖縄の研修医から症例呈示が! 麻痺の原因は、高価なチーズ?)
医学書院      2017年2月      

講演・口頭発表等

 
 
ピボキシル基含有抗菌薬による カルニチン欠乏症が疑われた1例
花井 翔悟   
第234回日本内科学会東海地方会   2017年12月   

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 
 
   
 
日本病院総合診療医学会
 
   
 
日本感染症学会
 
   
 
日本内科学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他