メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 基礎> 微生物学 

医学部 微生物学

研究者リスト >> 河合 聡人
 

最終確認日時:

編集

河合 聡人

 
アバター
研究者氏名河合 聡人
 
 
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~microb/
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科
職名講師
学位博士(薬学)(熊本大学)
科研費研究者番号20435150
ORCID ID0000-0001-5695-8814
J-Global ID201801011554970796

研究キーワード

 
薬剤耐性 ,ヒト血清アルブミン ,DNA複製・修復・組換え ,構造生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 構造生物化学 / 

経歴

 
2021年7月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 講師 
 
2018年10月
 - 
2021年6月
藤田医科大学 医学部 助教 
 
2018年4月
 - 
2018年10月
藤田保健衛生大学 医学部 助教 
 
2014年4月
 - 
2018年3月
崇城大学 薬学部 助教 
 
2006年4月
 - 
2014年3月
崇城大学 薬学部 助手 
 

学歴

 
2013年1月
   
 
博士(薬学)熊本大学  
 
 
 - 
2006年3月
熊本大学大学院 薬学教育部 分子機能薬学専攻 博士前期課程
 
 
 - 
2004年3月
熊本大学 薬学部 薬科学科
 

受賞

 
2018年9月
日本薬学会物理系薬学部会, 第16回次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム(PPF2018) 若手研究者奨励賞
河合 聡人 
 

論文

 
 
Akito Kawai   Yoshihiro Kobashigawa   Kenshiro Hirata   Hiroshi Morioka   Shuhei Imoto   Koji Nishi   Victor Tuan Giam Chuang   Keishi Yamasaki   Masaki Otagiri   
ACS Omega   7(34) 29944-29951   2022年8月   [査読有り]
Aripiprazole (ARP), an antipsychotic drug, binds more strongly to human serum albumin (HSA) than the other ARP derivatives. In addition, the signs for the extrinsic Cotton effects for HSA complexed with ARP or deschloro-ARP are reversed. In this s...
 
Kenshiro Hirata   Akito Kawai   Victor Tuan Giam Chuang   Keiki Sakurama   Koji Nishi   Keishi Yamasaki   Masaki Otagiri   
ACS Omega   7(5) 4413-4419   2022年2月   [査読有り]
The effects of myristate on the induced circular dichroism spectra of aripiprazole (ARP) bound to human serum albumin (HSA) were investigated. High concentrations of myristate reversed the Cotton effects induced in the ARP-HSA system. The observed...
 
Akito Kawai   Masahiro Suzuki   Kentaro Tsukamoto   Yusuke Minato   Yohei Doi   
Antimicrobial Agents and Chemotherapy   65(10) e0100921   2021年7月   [査読有り]
Post-translational methylation of the A site of 16S rRNA at position A1408 leads to pan-aminoglycoside resistance encompassing both 4,5- and 4,6-disubstituted 2-deoxystreptamine (DOS) aminoglycosides. To date, NpmA is the only acquired enzyme with...
 
Keishi Yamasaki   Akito Kawai   Keiki Sakurama   Nagiko Udo   Yuta Yoshino   Yuki Saito   Kenji Tsukigawa   Koji Nishi   Masaki Otagiri   
Molecular Pharmaceutics   18(3) 1061-1070   2021年1月   [査読有り]
Benzbromarone has been used for the treatment of gout for more than 30 years. Although it shows a high level of binding to plasma proteins (>99%), our knowledge of this binding is not sufficiently extensive to permit us to understand its pharmacok...
 
Ryan K. Shields   Alina Iovleva   Ellen G. Kline   Akito Kawai   Christi L. McElheny   Yohei Doi   
Clinical Infectious Diseases   71(10) 2713-2716   2020年11月   [査読有り]
© The Author(s) 2020. We report 2 independent patients from whom carbapenem and ceftazidime-avibactam–resistant Enterobacter cloacae complex strains were identified. The ceftazidime-avibactam resistance was attributed to a 2–amino acid deletion in...

MISC

 
 
河合 聡人   土井 洋平   
Photon Factory Activity Report 2021   #39    2022年   
 
河合聡人   山崎啓之   
Photon Factory Activity Report 2020   #38    2021年   
 
河合聡人   土井洋平   
Photon Factory Activity Report 2019   #37    2020年   
 
河合 聡人   山崎 啓之   小田切 優樹   
Photon Factory Activity Report 2018   #36    2019年   
 
河合 聡人   山崎 啓之   小田切 優樹   
Photon Factory Activity Report 2017   #35    2018年   

講演・口頭発表等

 
 
河合 聡人   鈴木 匡弘   塚本 健太郎   港 雄介   土井 洋平   
日本薬学会142年会(名古屋)   2022年3月26日   
 
河合 聡人   鈴木 匡弘   塚本 健太郎   港 雄介   土井 洋平   
2021年度日本結晶学会年会   2021年11月19日   
 
河合聡人   土井先生   
第94回日本細菌学会総会   2021年3月21日   [招待有り]
 
河合聡人   土井洋平   
日本結晶学会2020年度年会   2020年11月28日   
 
河合 聡人,Christi L. McElheny,Alina Iovelva,Vaughn S. Cooper,Ryan K. Shields,土井洋平   
第93回日本細菌学会総会   2020年2月19日   

担当経験のある科目(授業)

 
2018年
 - 
現在
アセンブリII (藤田医科大学)
2018年
 - 
現在
微生物学 講義・実習 (藤田医科大学)
2011年
 - 
2018年
病院・薬局実務実習 (崇城大学)
2009年
 - 
2018年
卒業論文実習 (崇城大学)
2008年
 - 
2018年
早期体験学習 (崇城大学)

所属学協会

 
2020年
 - 
現在
日本細菌学会
2009年
 - 
現在
日本蛋白質科学会
2006年
 - 
現在
日本薬学会
2003年
 - 
現在
日本結晶学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
2021年度野口遵研究助成金
公益財団法人 野口研究所: 
研究期間: 2022年4月
 
研究期間: 2021年4月 - 2022年3月
 
MECHANISMS OF CEFIDEROCOL RESISTANCE
National Institutes of Health: 
研究期間: 2020年3月 - 2022年2月
 
研究期間: 2021年

その他

 
 
①タンパク質の動的な解析
*本研究ニーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進セン
ター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで
 
 
①薬剤や核酸、タンパク質の構造解析(組換えタンパク質の調製からX線結晶構造解析法を用いた構造決定まで実施しています。)
*本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進センター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで