メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

医学部 感染症科

研究者リスト >> 稲葉 正人
 

最終確認日時:

編集

稲葉 正人

 
アバター
研究者氏名稲葉 正人
所属藤田医科大学
部署医学部 感染症科
職名講師
学位医学博士

研究キーワード

 
救急医学 , 集中治療医学 , 微生物学 , 感染症学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 救急医学 / 
  • ライフサイエンス / 感染症内科学 / 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
藤田医科大学 感染症科 講師
 
2017年4月
 - 
2018年3月
NTT西日本東海病院 内科医長
 
2013年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学大学院医学系研究科 総合医学専攻
 

論文

 
Laboratory Investigation   98(5) 629-639   2018年3月   [査読有り]
稲葉 正人, 髙谷 悠大, 東 倫子, 江嶋 正志, 沼口 敦, 松田 直之
日本集中治療医学会雑誌   24(4) 417-420   2017年   [査読有り]
Inaba M, Matsuda N, Banno H, Jin W, Wachino JI, Yamada K, Kimura K, Arakawa Y
International journal of Antimicrobial Agents   48(6) 680-689   2016年12月   [査読有り]
稲葉 正人, 髙谷 悠大, 東 倫子, 江嶋 正志, 沼口 敦, 松田 直之
日本集中治療医学会雑誌   23(4) 415-416   2016年   [査読有り]
髙谷悠大, 稲葉正人, 東倫子, 江嶋正志, 沼口敦, 角三和子, 松田直之
13(1) 15-22   2016年   [査読有り]

MISC

 
稲葉 正人, 荒川 宜親
臨床透析   34(6) 631-636   2018年6月
<文献概要>透析室では多数の患者が同時に治療を受けているために,複数の感染経路を介してさまざまな病原体に曝露する危険性がある.透析室における薬剤耐性菌(以下,耐性菌)対策の基本は「標準予防策」と「接触感染予防策」であるが,さらに透析室特有の対策や各耐性菌の特徴に即した感染対策が必要となる.たとえば多剤耐性緑膿菌の感染対策としては,透析室や院内環境の日常的な衛生維持とともに患者を個室管理のうえ,使用したトイレなど湿潤環境の除菌が重要であるのに対し,多剤耐性アシネトバクターの場合では乾燥環境を...
稲葉 正人, 荒川 宜親
小児科臨床   70(増刊) 2447-2454   2017年12月
高谷 悠大, 八木 哲也, 稲葉 正人, 井口 光孝, 松田 直之
日本集中治療医学会雑誌   24(Suppl.) DP57-2   2017年2月
稲葉 正人, 高谷 悠大, 東 倫子, 山本 尚範, 松田 直之
日本集中治療医学会雑誌   24(Suppl.) DP59-3   2017年2月
高谷 悠大, 八木 哲也, 稲葉 正人, 井口 光孝, 松田 直之
日本集中治療医学会雑誌   24(Suppl.) DP135-2   2017年2月

講演・口頭発表等

 
稲葉 正人
第44回救急医学会総会   2016年10月   
稲葉 正人
第43回日本集中治療医学会学術集会   2016年2月