メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
教員検索医学部>感染症科
 

医学部 感染症科

研究者リスト >> 稲葉 正人
 

最終確認日時:

編集

稲葉 正人

 
アバター
研究者氏名稲葉 正人
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 感染症科
職名講師
学位医学博士
J-Global ID201801001460138676

研究キーワード

 
救急医学 ,集中治療医学 ,微生物学 ,感染症学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 救急医学 / 
  • ライフサイエンス / 感染症内科学 / 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
藤田医科大学 感染症科 講師 
 
2017年4月
 - 
2018年3月
NTT西日本東海病院  内科医長 
 
2013年4月
 - 
2017年3月
名古屋大学大学院医学系研究科 総合医学専攻  
 

論文

 
 
Hidetsugu Fujigaki   Masato Inaba   Michiko Osawa   Saya Moriyama   Yoshimasa Takahashi   Tadaki Suzuki   Kenya Yamase   Yukihiro Yoshida   Yo Yagura   Takayoshi Oyamada   Masao Takemura   Yohei Doi   Kuniaki Saito   
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)      2021年5月   [査読有り]
Serological tests for detection of anti-severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) Abs in blood are expected to identify individuals who have acquired immunity against SARS-CoV-2 and indication of seroprevalence of SARS-CoV-2 inf...
 
Masato Inaba   Yuki Higashimoto   Yoko Toyama   Tomoya Horiguchi   Masaya Hibino   Mitsunaga Iwata   Kazuyoshi Imaizumi   Yohei Doi   
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases      2021年4月   [査読有り]
OBJECTIVE: Reverse transcription loop-mediated isothermal amplification (RT-LAMP) has been validated for diagnosis of several viral infections. However, its diagnostic accuracy in detecting SARS-CoV-2 in real-life clinical settings remains unclear...
 
Yoshiki Kawamura   Yuki Higashimoto   Hiroki Miura   Masaru Ihira   Masato Inaba   Ryota Ito   Kei Kozawa   Tetsushi Yoshikawa   
Journal of medical virology   93(3) 1776-1779   2021年3月   [査読有り]
Pediatric cases of the coronavirus disease 2019 (COVID-19) are generally mild or asymptomatic, and are usually detected by virological examination following close contact with COVID-19 patients, often the children's parents. The detailed clinical ...
 
Yudai Takatani   Kenji Ono   Hiromi Suzuki   Masato Inaba   Makoto Sawada   Naoyuki Matsuda   
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   98(5) 629-639   2018年5月   [査読有り]
Hypothermia is a significant sign of sepsis, which is associated with poor prognosis, but few mechanisms underlying the regulation of hypothermia are known. Inducible nitric oxide synthase (iNOS) is a key inflammatory mediator of sepsis. However, ...
 
稲葉 正人   髙谷 悠大   東 倫子   江嶋 正志   沼口 敦   松田 直之   
日本集中治療医学会雑誌   24(4) 417-420   2017年   [査読有り]

MISC

 
 
稲葉 正人   土井 洋平   荒川 宜親   
日本細菌学雑誌   75(1) 144-144   2020年1月   
 
稲葉 正人   荒川 宜親   
臨床透析   34(6) 631-636   2018年6月   
<文献概要>透析室では多数の患者が同時に治療を受けているために,複数の感染経路を介してさまざまな病原体に曝露する危険性がある.透析室における薬剤耐性菌(以下,耐性菌)対策の基本は「標準予防策」と「接触感染予防策」であるが,さらに透析室特有の対策や各耐性菌の特徴に即した感染対策が必要となる.たとえば多剤耐性緑膿菌の感染対策としては,透析室や院内環境の日常的な衛生維持とともに患者を個室管理のうえ,使用したトイレなど湿潤環境の除菌が重要であるのに対し,多剤耐性アシネトバクターの場合では乾燥環境を...
 
稲葉 正人   荒川 宜親   
小児科臨床   70(増刊) 2447-2454   2017年12月   
 
高谷 悠大   八木 哲也   稲葉 正人   井口 光孝   松田 直之   
日本集中治療医学会雑誌   24(Suppl.) DP57-2   2017年2月   
 
稲葉 正人   高谷 悠大   東 倫子   山本 尚範   松田 直之   
日本集中治療医学会雑誌   24(Suppl.) DP59-3   2017年2月   

講演・口頭発表等

 
 
ストレスホルモンによる多剤耐性アシネトバクターバウマニに対するチゲサイクリンの抗菌活性低下機構
稲葉 正人   
第90回日本細菌学会総会   2017年3月   
 
2015 年の名古屋大学病院救急外来における検出細菌と薬剤感受性の解析
稲葉 正人   
第44回救急医学会総会   2016年10月   
 
Multidrug resistant Acinetobacter baumannii に対するnorepinephrineの病原性増強作用と薬剤耐性誘導に関する検討
稲葉 正人   
第90回 感染症学会総会・学術集会   2016年4月   
 
多剤耐性アシネトバクターに対するノルエピネフリンの病原性増強作用と薬剤耐性誘導に関する基礎研究
稲葉 正人   
第43回日本集中治療医学会学術集会   2016年2月   
 
ERで実施した血液培養検査における耐性菌の検出動向と薬剤感受性の解析
稲葉 正人   
第43回日本集中治療医学会学術集会   2016年2月