メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター

医学部 精神神経科学

研究者リスト >> 大河内 智
 

最終更新日時:

編集

大河内 智

 
アバター
研究者氏名大河内 智
 
オオコウチ トモ
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科
職名講師
J-Global ID201801014490348440

研究キーワード

 

研究分野

 

    経歴

     

    学歴

     

    委員歴

     

    受賞

     

    論文

     
     
    Kishi T   Matsuda Y   Matsunaga S   Moriwaki M   Otake Y   Akamatsu K   Okochi T   Hirano S   Funahashi T   Okuda M   Tabuse H   Fujita K   Iwata N   
    Neuropsychiatric disease and treatment   13 117-125   2017年   [査読有り]
     
    Taro Kishi   Yuki Matsuda   Tomohiko Mukai   Shinji Matsunaga   Ichiro Yasue   Kiyoshi Fujita   Tomo Okochi   Shigeki Hirano   Yusuke Kajio   Toshihiko Funahashi   Kaku Akamatsu   Kei Ino   Momoko Okuda   Hideaki Tabuse   Nakao Iwata   
    COMPREHENSIVE PSYCHIATRY   59 91-97   2015年5月   [査読有り]
    We conducted a cross-sectional survey to assess the prevalence of physical pain in Japanese major depressive disorder (MDD) and schizophrenia (SZ) patients as well as in healthy controls (HCs). We also examined the association between their psycho...
     
    Branko Aleksic   Itaru Kushima   Ryota Hashimoto   Kazutaka Ohi   Masashi Ikeda   Akira Yoshimi   Yukako Nakamura   Yoshihito Ito   Tomo Okochi   Yasuhisa Fukuo   Yuka Yasuda   Motoyuki Fukumoto   Hidenaga Yamamori   Hiroshi Ujike   Michio Suzuki   Toshiya Inada   Masatoshi Takeda   Kozo Kaibuchi   Nakao Iwata   Norio Ozaki   
    Schizophrenia bulletin   39(3) 720-8   2013年5月   [査読有り]
    In recently completed Japanese genome-wide association studies (GWAS) of schizophrenia (JPN_GWAS) one of the top association signals was detected in the region of VAV3, a gene that maps to the chromosome 1p13.3. In order to complement JPN_GWAS fin...
     
    Taro Kishi   Yasuhisa Fukuo   Tomo Okochi   Kunihiro Kawashima   Masatsugu Moriwaki   Osamu Furukawa   Giovanna M. Musso   Kiyoshi Fujita   Christoph U. Correll   Nakao Iwata   
    HUMAN PSYCHOPHARMACOLOGY-CLINICAL AND EXPERIMENTAL   28(3) 220-229   2013年5月   [査読有り]
    Objectives We investigated whether nicotine dependence affects these endophenotypes in Japanese schizophrenia patients and whether alpha4 and beta2 subunits of neuronal nicotinic acetylcholine receptor genes (alpha4 subunit of the nAChR gene (CHRN...
     
    Atsushi Takata   Yoshimi Iwayama   Yasuhisa Fukuo   Masashi Ikeda   Tomo Okochi   Motoko Maekawa   Tomoko Toyota   Kazuo Yamada   Eiji Hattori   Tetsuo Ohnishi   Manabu Toyoshima   Hiroshi Ujike   Toshiya Inada   Hiroshi Kunugi   Norio Ozaki   Shinichiro Nanko   Kazuhiko Nakamura   Norio Mori   Shigenobu Kanba   Nakao Iwata   Tadafumi Kato   Takeo Yoshikawa   
    Biological psychiatry   73(6) 532-9   2013年3月   [査読有り]
    BACKGROUND: Genome-wide association studies have successfully identified several common variants showing robust association with schizophrenia. However, individually, these variants only produce a weak effect. To identify genetic variants with lar...

    MISC

     
     
    岸 太郎   松田 勇紀   森脇 正詞   川島 邦裕   大竹 洋一郎   向井 智彦   大河内 智   平野 茂樹   田伏 英晶   赤松 拡   藤田 潔   岩田 仲生   
    Depression Journal   2(1) 28-31   2014年4月   
    日本人大うつ病性障害患者に対するエスシタロプラムの有効性、認容性について検討した。エスシタロプラム群(ESC群)21例、パロキセチン徐放製剤群(PAR群)23例を対象とした。ESC群、PAR群において、反応率は4週後57.1%、60.9%、8週後53.4%、42.4%、寛解率は4週後23.8%、17.4%、8週後40.0%、27.8%であった。ESC群、PAR群において、すべての要因による中断率は、4週後19.1%、43.5%、8週後23.8%、47.8%で、ESC群で低い傾向を認めた。副...
     
    大河内 智   古川 修   藤田 潔   岩田 仲生   
    臨床精神薬理   16(4) 555-564   2013年4月   
    初発、再発(1ヵ月以内で抗精神病薬の内服歴がない)の統合失調症患者におけるblonanserin(BNS)の単剤治療の有用性について検討した。急性期症状を呈した初発あるいは再発統合失調症患者8例を対象に、8週間のオープンラベル試験を行った。BNS投与終了時の評価において8例中6例の患者で改善効果が得られた。8週間の試験を完了できた症例は4例であった。PANSS、CGI評価において、いずれも投与開始2週目時点で改善が認められた。特にPANSS-ECにおいては、投与開始1週の時点でベースライン...
     
    岩田 仲生   大河内 智   
    Pharma Medica   30(3) 197-199   2012年3月   
    drugナイーブな急性期統合失調症患者8例(男性5例、女性3例、平均年齢37.3歳)を対象に、8週間のオープンラベル試験にてブロナンセリンの有効性と安全性を検討した。その結果、1)8週の試験を継続できたのは4例であった。残り4例中1例は症状改善で転院希望により、他の1例は効果不十分、2例は副作用により脱落となった。2)治療反応率は2週目4/8例、4週目3/5例で、8週目は継続できた4例とも改善しているため4/4例であった。だが、エンドポイントは6/8例であった。3)PANSS-ECスコアで...
     
     
    亀井 浩行   波多野 正和   宇野 準二   江崎 幸治   福生 泰久   大河内 智   岸 太郎   北島 剛司   内藤 宏   大賀 肇   藤田 潔   岩田 仲生   
    日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集   20回・40回 160-160   2010年9月   

    書籍等出版物

     

    講演・口頭発表等

     

    担当経験のある科目(授業)

     

    所属学協会

     

    Works(作品等)

     

    共同研究・競争的資金等の研究課題

     

    産業財産権

     

    学術貢献活動

     

    社会貢献活動

     

    メディア報道

     

    その他