メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 研究推進本部> 産官学連携推進センター 

産学連携推進センター

研究者リスト >> 瀬戸 孝一
 

最終確認日時:

編集

瀬戸 孝一

 
アバター
研究者氏名瀬戸 孝一
 
 
URL
所属藤田医科大学
部署研究支援推進本部 産学連携推進センター
職名
学位薬学博士
J-Global ID201901010015875519

研究分野

 
  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学 / 
  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学 / 

経歴

 
2020年2月
 - 
現在
株式会社D&P Labo.  代表取締役社長 
 
2019年4月
 - 
現在
京都大学  客員研究員 
 
2019年4月
 - 
現在
藤田医科大学 研究支援推進本部 産学連携推進センター 教授、産学連携コーディネーター 
 
2014年4月
 - 
2020年3月
立教大学理学部  兼任講師 
 
1991年4月
 - 
2019年3月
ゼリア新薬工業株式会社 中央研究所  
 

論文

 
 
Hidetsugu Fujigaki   Masao Takemura   Michiko Osawa   Aki Sakurai   Kentaro Nakamoto   Koichi Seto   Takashi Fujita   Tadayoshi Hata   Hidehiko Akiyama   Yohei Doi   Kuniaki Saito   
Heliyon   6(9) e04929-e04929   2020年9月   [査読有り]
Background: Several immunochromatographic serological test kits have been developed to detect severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2)-specific antibodies, but their relative performance and potential clinical utility is unclea...
 
Katsunuma K   Yoshinaga K   Ohira Y   Eta R   Sato T   Horii T   Tanaka T   Takei M   Seto K   
Molecular immunology   64(1) 218-227   2015年3月   [査読有り]
 
Takayuki Horii   Koji Yoshinaga   Nobuyoshi Kobayashi   Koichi Seto   Yuki Orikawa   Masahiro Okamoto   Runa Eta   Yuta Ohira   Kokichi Katsunuma   Yuko Hori   Takao Tanaka   Mineo Takei   
BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   37(4) 642-647   2014年4月   [査読有り]
Lymphatic metastasis is common in advanced-stage carcinoma and is associated with a poor prognosis. However, few effective treatments to inhibit it are available. Z-100 is an immunomodulatory extract of Mycobacterium tuberculosis strain Aoyama B t...
 
Hiroki Kato   Koichi Seto   Nobuyoshi Kobayashi   Koji Yoshinaga   Tim Meyer   Mineo Takei   
LIFE SCIENCES   89(17-18) 603-608   2011年10月   [査読有り]
Aims: As activation and overexpression of the cholecystokinin-2 (CCK-2)/gastrin receptor can lead to carcinogenesis, it has been explored as a therapeutic target in pancreatic cancer. We demonstrated that Z-360, a CCK-2/gastrin receptor antagonist...
 
Nobuyoshi Kobayashi   Koichi Seto   Takahiro Sasaki   Kokichi Katsunuma   Yuki Orikawa   Makoto Yoshimura   Yoshihiro Shiomi   Yuta Ohira   Minco Takei   Koichiro Tanaka   
GASTROENTEROLOGY   140(5) S603-S603   2011年5月   [査読有り]

MISC

 
 
ヒューマンサイエンス振興財団 日本医療研究開発機構研究費(創薬基盤推進研究事業)創薬技術調査報告書(Part 1)      2019年3月   
 
ヒューマンサイエンス振興財団 日本医療研究開発機構研究費(創薬基盤推進研究事業) 創薬資源調査報告書(平成28年度)      2017年3月   
 
ヒューマンサイエンス振興財団 日本医療研究開発機構研究費(創薬基盤推進研究事業) 創薬資源調査報告書(平成27年度)      2016年3月   
 
ヒューマンサイエンス振興財団 厚生労働科学研究委託費(創薬基盤推進研究事業) 創薬資源調査報告書(平成26年度)      2015年3月   
 
ヒューマンサイエンス振興財団 HSレポート No.83 創薬技術調査報告書(平成25年度)      2014年3月   

担当経験のある科目(授業)

 
2020年6月
 - 
現在
アントレプレナーシップ概論 (藤田医科大学)

所属学協会

 
 
   
 
CBI(シービーアイ)学会
 
   
 
日本オミックス医学会
 
   
 
日本癌学会
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
日本生化学会