メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 研究推進本部> 国際再生医療センター 

国際再生医療センター

研究者リスト >> 伊庭 善孝
 

最終確認日時:2016/09/17 10:01

編集

伊庭 善孝

 
アバター
研究者氏名伊庭 善孝
 
 
所属藤田医科大学
部署研究支援推進本部・国際再生医療センター
職名助教
学位農学修士
J-Global ID200901043723886081

プロフィール

ヒト由来抗インフルエンザ抗体の解析を行っている。

研究キーワード

 
チトクロ-ムC ,組換えDNA ,CDR移植 ,抗原の抗体反応 ,フレ-ムワ-ク ,抗体レパートリー ,エントロピ- ,ヒト型抗体 ,人工抗体 ,抗体-抗体反応 ,抗原=抗体反応 ,抗原相補性決定領域 ,抗原特異性 ,抗原抗体反応 ,γ-グロブリン製剤 ,モデル構築 ,ヒト抗体 ,ステロイド ,ファージディスプレー系 ,ステロイド抗原 ,抗体ライブラリ- ,ファージ抗体 ,CDR ,チトクロ-ムC抗原 ,error-prone PCR

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 

経歴

 
1999年
   
 
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所  助手 
 
1997年
 - 
1998年
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所  研究員 
 

論文

 
 
Sumitomo-Kondo M   Ukai Y   Iba Y   Ohshima N   Miura K   Takasaki A   Kurosawa Y   Kurosawa G   
Biochemical and biophysical research communications   503(2) 1141-1147   2018年7月   [査読有り]
 
Hideyuki Arimitsu   Keiko Sasaki   Yoshitaka Iba   Yoshikazu Kurosawa   Toshiyasu Shimizu   Takao Tsuji   
MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY   59(2) 71-81   2015年2月   [査読有り]
Shiga toxin 2 (Stx2)-specific mAb-producing hybridoma clones were generated from mice. Because mice tend to produce small amounts of B subunit (Stx2B)-specific antibodies at the polyclonal antibody level after immunization via the parenteral route...
 
Yoshitaka Iba   Yoshifumi Fujii   Nobuko Ohshima   Tomomi Sumida   Ritsuko Kubota-Koketsu   Mariko Ikeda   Motoaki Wakiyama   Mikako Shirouzu   Jun Okada   Yoshinobu Okuno   Yoshikazu Kurosawa   Shigeyuki Yokoyama   
JOURNAL OF VIROLOGY   88(13) 7130-7144   2014年7月   [査読有り]
Neutralizing antibodies that target the hemagglutinin of influenza virus either inhibit binding of hemagglutinin to cellular receptors or prevent the low-pH-induced conformational change in hemagglutinin required for membrane fusion. In general, t...
 
Peter S. Lee   Nobuko Ohshima   Robyn L. Stanfield   Wenli Yu   Yoshitaka Iba   Yoshinobu Okuno   Yoshikazu Kurosawa   Ian A. Wilson   
NATURE COMMUNICATIONS   5 3614   2014年4月   [査読有り]
Influenza viruses present a significant health challenge each year, as in the H3N2 epidemic of 2012-2013. Here we describe an antibody, F045-092, that possesses broadly neutralizing activity against the entire H3 subtype and accommodates the natur...
 
Nobuko Ohshima   Ritsuko Kubota-Koketsu   Yoshitaka Iba   Yoshinobu Okuno   Yoshikazu Kurosawa   
PLOS ONE   9(2) e87305-10   2014年2月   [査読有り]
Many people have a history of catching the flu several times during childhood but no additional flu in adulthood, even without vaccination. We analyzed the total repertoire of antibodies (Abs) against influenza A group 1 viruses induced in such a ...

MISC

 
 
K Higo-Moriguchi   Y Akahori   Y Iba   Y Kurosawa   K Taniguchi   
JOURNAL OF VIROLOGY   78(10) 5534-5534   2004年5月   
 
宮崎 千絵   伊庭 善孝   高橋 治雄   山田 幸生   黒沢 良和   
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   21 327-327   1998年12月

その他

 
 
タンパク質の発現および生産技術(目的とするタンパク質の遺伝子を、大腸菌、バキュロウイルス、動物細胞の発現系で発現させ、タンパク質を精製する技術。)
*本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進セン
ター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで