メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  中分類 
> 総合医科学研究所 

総合医科学研究所

研究者リスト >> 上田洋司
 

最終確認日時:

編集

上田洋司

 
アバター
研究者氏名上田洋司
所属藤田保健衛生大学
部署総合医科学研究所 難病治療学
職名助教
学位理学博士(九州大学)
科研費研究者番号40416649

プロフィール

2001年九州大学大学院医学系研究科修了。理学博士。2001~2005年三菱化学生命科学研究所・記憶形成精神疾患研究グループ・特別研究員。 2005~2009年三菱化学生命科学研究所・分子加齢医学研究グループ・副主任研究員。2009年4月藤田保健衛生大学・助教。

研究キーワード

 
memory , E3 Ubiquitin ligase , Ubiquitin , Follistatin , Activin

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経科学一般 / 

経歴

 
2010年
   
 
藤田保健衛生大学 助教
 

論文

 
A Comprehensive Proteomics Analysis of Blood Sera from Patients of Osteoarthritis-Comparative Study before and after Total Joint Replacement Surgery
Chikako Kimura, Hiroshi Ageta, Hisateru Yamaguchi, Takashi Kuroiwa, Daiki Ikeda, Mitsuhiro Morita, Kazue Hayakawa, Kunihiro Tsuchida, Harumoto Yamada
Journal of Orthopedic Research and Therapy   7    2017年4月   [査読有り]
Quantification of serum levels of two potential biomarkers and clinical features in
Takashi Kuroiwa, Hiroshi Ageta, Daiki Ikeda, Mitsuhiro Morita, Kunihiro Tsuchida, Harumoto Yamada
Clinics in Surgery   2(1378)    2017年3月   [査読有り]
Methods for immunoblot detection and electron microscopic localization of septin subunits in mammalian nervous systems.
Laxmi Kumar Parajuli, Natsumi Ageta-Ishihara, Hiroshi Ageta, Yugo Fukazawa, Makoto Kinoshita.
Methods Cell Biol   136 285-294   2016年   [査読有り]
Ikeda D, Ageta H, Tsuchida K, Yamada H
Biomarkers : biochemical indicators of exposure, response, and susceptibility to chemicals   18(7) 565-572   2013年8月   [査読有り]
Ageta H, Tsuchida K
Vitamins and hormones   85 185-206   2011年   [査読有り]

書籍等出版物

 
The role of myostatin and related factors in muscle hypertrophy and atrophy. Myostatin: Structure, Role in Muscle Development and Health Implications
Kunihiro Tsuchida, Keisuke Hitachi, Masashi Nakatani, Akiyoshi Uezumi, Hiroshi Ageta
Nova Science publishers   2016年   
The ubiquitin proteasome system in nervous system: from physiology to pathology.
Ikuko Yao, Hiroshi Ageta, Mitsutoshi Setou
NOVA Publishers   2009年3月   ISBN:978-1-60741-694-4
Role of synapse-localized E3 ubiquitin ligase in regulating neural transmission.
質量顕微鏡法(イメージングマススペクトロメトリー実験プロトコール)
Mitsutoshi Setou, Hiroshi Ageta, Naoko Inoue, Hisaharu Kudo, Tetsuo Kokaji, Nobuhiro Zaima, Yuki Sugiura, Takahiro Hayasaka, Masaru Furuta, Naofumi Hosokawa, Daisuke  Horigome, Ikuko Yao, Hyunjeong Yang
Springer publisher Japan   2008年11月   ISBN:978-4-431-10032-4

講演・口頭発表等

 
An endocrine activin regulates anxiety-related behavior and postnatal neurogenesis [招待有り]
Hiroshi Ageta, Kaoru Inokuchi
第48回日本神経化学会大会   2005年11月   
脳におけるアクチビンの多様な機能 [招待有り]
上田洋司、村山明子、高嶋記子、笠井陽子、池上司郎、井ノ口馨
第28回日本神経科学大会   2005年8月   

所属学協会

 
北米神経科学学会 , 日本分子生物学会 , 日本神経科学学会

競争的資金等の研究課題

 
新規翻訳後修飾因子UBL3によるタンパク質輸送機構の解析
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 上田洋司
難治性疾患の新規診断治療法の創出に向けた疾患遺伝子網羅的解析センターの構築」
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業: 
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 倉橋浩樹 (分担:上田洋司)
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 上田 洋司
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 上田 洋司
躁鬱病に関連する翻訳後修飾制御の探索
財団法人 医科学応用研究財団: 生活習慣病における医学、薬学の萌芽的研究
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 上田洋司
ユビキチン様新規翻訳後修飾因子UBL3の機能解析
文部科学省: 科学研究費補助金(若手B)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 上田洋司
新たな躁鬱病モデル動物を用いたプロテオミクス解析
日本私立学校振興・共済事業団: 若手研究奨励金
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 上田洋司
アクチビン依存性躁鬱病モデルマウスに対する網羅的解析
藤田学園: 教員研究助成金
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 上田洋司
顕微質量分析装置の開発
科学技術振興機構 (JST): 先端計測分析技術部門
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 瀬藤光利 分担:上田洋司

その他

 
教育内容・方法の工夫(授業評価を含む):
2011-2013年、 藤田保健衛生大学医療科学部 学生への卒業研究の指導。
2011年-2012年、藤田保健衛生大学医学部整形外科学 博士課程学生への指導。

2012年より医療科学部学生の実験上のケアレスミスを減らすために、ワーキングメモリーを鍛える訓練を行う。この訓練により、ケアレスミスが見られなくなった。
2012年より医療科学部学生の自主性を伸ばすために、質問の訓練を行う。その結果、研究室内での研究発表において、積極的に質問をするようになった。
作成した教科書、教材、参考書:
なし
教育方法・教育実施に関する発表、講演等:
2013年6月21、関西大倉高校、「効果的な学習方法と最近の知見」
2011年2月1日、関西大倉高校、「記憶のメカニズムと効果的な学習方法」
2011年、CYCAS 関西大倉高校同窓会雑誌第21号、OB研究紹介
その他教育活動上特記すべき事項:
2013年、藤田保健衛生大学オープンキャンパス、研究紹介
2011年、藤田保健衛生大学オープンキャンパス、研究紹介