メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 大宮 直木
 

最終更新日時:

編集

大宮 直木

 
アバター
研究者氏名大宮 直木
 
オオミヤ ナオキ
URL
学位博士(医学)
J-Global ID200901011108502975

プロフィール

患者さんの立場にたって、安全かつ最高の医療を提供できるよう努力します。

研究キーワード

 
炎症性腸疾患の早期診断法、バイオマーカーの開発 ,炎症性腸疾患の診断と治療 ,共焦点レーザー内視鏡による診断 ,大腸癌の早期診断法、バイオマーカーの開発 ,腸内微生物叢・糞便移植に関する研究 ,カプセル内視鏡 ,消化管(特に小腸・大腸)疾患の内視鏡診断と治療

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 消化器内科学 / 消化管

委員歴

 
 
 - 
現在
日本消化管学会  総務委員会委員、倫理委員会委員
 
 
 - 
現在
日本消化器病学会  専門医制度審議会東海支部委員
 
 
 - 
現在
日本消化器内視鏡学会  Digestive Endoscopy Associate Editor
 
 
 - 
現在
日本消化器内視鏡学会  和文誌編集委員会査読委員
 
 
 - 
現在
日本大腸肛門病学会  評議員
 

論文

 
 
Toshihiro Kita   Shinya Ashizuka   Teruyuki Takeda   Takayuki Matsumoto   Naoki Ohmiya   Hiroshi Nakase   Satoshi Motoya   Hidehisa Ohi   Keiichi Mitsuyama   Tadakazu Hisamatsu   Shuji Kanmura   Naoya Kato   Shunji Ishihara   Masanao Nakamura   Tomohiko Moriyama   Masayuki Saruta   Ryoichi Nozaki   Shojiro Yamamoto   Haruhiko Inatsu   Koji Watanabe   Kazuo Kitamura   
Journal of gastroenterology and hepatology      2022年7月
BACKGROUND AND AIM: Adrenomedullin is a bioactive peptide with many pleiotropic effects, including mucosal healing and immunomodulation. Adrenomedullin has shown beneficial effects in rodent models of inflammatory bowel disease and, more important...
 
Kohei Funasaka   Hyuga Yamada   Noriyuki Horiguchi   Hayato Osaki   Dai Yoshida   Tsuyoshi Terada   Keishi Koyama   Masaaki Okubo   Tomomitsu Tahara   Mitsuo Nagasaka   Yoshihito Nakagawa   Tomoyuki Shibata   Naoki Ohmiya   
Medicine   101(28) e29386   2022年7月
Gastric endoscopic submucosal dissection (ESD) is increasingly performed in patients receiving antithrombotic therapy. Second-look endoscopy (SLE) has been performed empirically in several clinical settings. We investigated whether SLE omission wa...
 
Hiroshi Nakase   Yuki Hayashi   Daisuke Hirayama   Takayuki Matsumoto   Minoru Matsuura   Hideki Iijima   Katsuyoshi Matsuoka   Naoki Ohmiya   Shunji Ishihara   Fumihito Hirai   Daiki Abukawa   Tadakazu Hisamatsu   
Journal of gastroenterology   57(3) 174-184   2022年3月
BACKGROUND: The spread of coronavirus disease 2019 (COVID-19) had a major impact on the health of people worldwide. The clinical background and clinical course of inflammatory bowel disease (IBD) among Japanese patients with COVID-19 remains uncle...
 
大森 崇史   鎌野 俊彰   舩坂 好平   長坂 光夫   中川 義仁   柴田 知行   大宮 直木   
消化器内視鏡   33(増刊) 167-173   2021年11月
 
山田 日向   柴田 知行   小山 恵司   寺田 剛   吉田 大   尾崎 隼人   堀口 徳之   大久保 正明   舩坂 好平   中川 義仁   大宮 直木   
Gastroenterological Endoscopy   63(Suppl.2) 2017-2017   2021年10月

MISC

 
 
大宮 直木   中村 正直   柴田 知行   
Gastroenterological Endoscopy   63(7) 1323-1335   2021年7月
 
尾崎 隼人   城代 康貴   大宮 直木   
臨牀と研究   98(5) 584-587   2021年5月
 
大森 崇史   鎌野 俊彰   舩坂 好平   長坂 光夫   中川 義仁   柴田 知行   大宮 直木   
消化器内視鏡   33(5) 884-891   2021年5月
 
大宮 直木   
胃と腸   56(5) 738-739   2021年5月
 
大森 崇史   堀口 徳之   大宮 直木   
Gastroenterological Endoscopy   63(Suppl.1) 724-724   2021年4月

書籍等出版物

 
 
舩坂好平, 大宮直木(担当:共編者(共編著 者), 範囲:Ⅱ主要な消化器症状へのアプローチ 3.吐血、下血、血便)
南江堂   2021年2月15日   
 
大宮直木(担当:分担執筆, 範囲:第4章 消化管疾患 (6)腸疾患 ((2))機能異常 (1)蛋白漏出性胃腸症、吸収不良症候群 1.腸リンパ管拡張症 2.蛋白漏出性胃腸症 3.吸収不良症候群)
医学書院   2020年3月25日   
 
大宮直木(担当:分担執筆, 範囲:Ⅱ疾患編 3.消化器疾患 吸収不良症候群・蛋白漏出性胃腸症)
医学書院   2020年3月25日   
 
大宮直木(担当:分担執筆, 範囲:Ⅲ章 消化管疾患 C. 腸 4 蛋白漏出性胃腸症)
南江堂   2019年3月5日   
 
大宮直木(担当:分担執筆, 範囲:14 内視鏡検査が困難な場合の大腸がんスクリーニング ②大腸カプセル内視鏡)
監修:日本消化器内視鏡学会 発行所:医学図書出版株式会社   2018年5月10日   

講演・口頭発表等

 
 
Ohmiya N   Oka S   Nakayama Y   Shimizu H   Iwama I   Abe N   Kudo T   Honma H   Okuhira T   Mitsufuji S   Imaeda H   Ota K   Inoue M   Tajiri H   Tanaka S   
virtual APDW2021   2021年8月19日   
 
大宮直木   
愛知県保険医協会 第142回内科臨床研究会   2021年7月3日   
 
 
河村岳史   堀口徳之   和田悠良   高原頌子   村島健太郎   小山恵司   寺田剛   吉田 大   尾﨑隼人   大森崇史   前田晃平   城代康貴   小村成臣   鎌野俊彰   舩坂好平   長坂光夫   中川義仁   柴田知行   大宮直木   
第134回日本消化器病学会東海支部例会   2021年6月12日   
 

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
がんセミナー 内視鏡診断・治療概論
 
   
 
吐下血
 
   
 
消化管総論
 
   
 
腫瘍 内視鏡診断
 
   
 
胃ポリープ 胃非上皮性腫瘍

所属学協会

 
 
   
 
日本消化器がん検診学会
 
   
 
日本カプセル内視鏡学会
 
   
 
アメリカ消化器病学会
 
   
 
日本消化器内視鏡学会
 
   
 
日本消化器病学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
磁気誘導全消化管カプセル内視鏡の消化管腫瘍描出率の無作為割付対照比較試験
一般財団法人 愛知健康増進財団: 医学研究・健康増進活動等助成金
研究期間: 2020年1月
 
磁気誘導全消化管カプセル内視鏡の消化管腫瘍描出率の無作為割付対照比較試験
公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団: 令和元年度調査研究助成金
研究期間: 2019年12月
 
磁気誘導全消化管カプセル内視鏡の消化管腫瘍描出率の無作為割付対照比較試験
公益財団法人 大川情報通信基金: 2019年度 研究助成 応用分野(B)
研究期間: 2019年10月
 
研究期間: 2019年4月
 
早期大腸癌と大腸腺腫の診断に有用な血液バイオマーカーの探索
公益財団法人愛知県がん研究振興会: 第43回がんその他の悪性新生物研究助成金
研究期間: 2018年7月

メディア報道

 
 
中日新聞朝刊   生活面「変わる 大腸検査㊦」   2021年8月   [新聞・雑誌]
 
 
桜の花出版編集部   国民のための名医ランキング 2021-2023   2020年9月   [会誌・広報誌]
 
産経新聞 大阪本社版朝刊   千里ライフサイエンス市民公開講座   2019年4月   [新聞・雑誌]
 
TBS   「名医のTHE太鼓判!」SP8 腸こそ健康長寿の決め手!腸寿フローラを手に入れろ!   2018年5月   [テレビ・ラジオ番組]