メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 研究推進本部> 治験・臨床研究支援センター 

治験・臨床研究支援センター

研究者リスト >> 古関 竹直
 

最終確認日時:2020/09/24 15:10

編集

古関 竹直

 
アバター
研究者氏名古関 竹直
 
 
URL
J-Global ID202001007661048523

研究キーワード

 
医薬品開発 ,神経精神薬理学 ,臨床薬学 ,レギュラトリーサイエンス

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 

受賞

 
2011年9月
JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP
 

論文

 
 
Hidetsugu Fujigaki   Yasuko Yamamoto   Takenao Koseki   Sumi Banno   Tatsuya Ando   Hiroyasu Ito   Takashi Fujita   Hiroyuki Naruse   Tadayoshi Hata   Saya Moriyama   Yoshimasa Takahashi   Tadaki Suzuki   Takahiro Murakami   Yukihiro Yoshida   Yo Yagura   Takayoshi Oyamada   Masao Takemura   Masashi Kondo   Mitsunaga Iwata   Kuniaki Saito   
Microbiology spectrum   10(1) e0118121   2022年2月
To fight severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2), which causes coronavirus disease 2019 (COVID-19), mass vaccination has begun in many countries. To investigate the usefulness of a serological assay to predict vaccine efficacy...
 
Takenao Koseki   Kazuki Nakajima   Hitoshi Iwasaki   Shigeki Yamada   Kazuo Takahashi   Yohei Doi   Tomohiro Mizuno   
International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   115 218-223   2022年2月
OBJECTIVES: Favipiravir is an antiviral that is being evaluated for the treatment of COVID-19. Use of favipiravir is associated with elevation of serum uric acid levels. Risk factors for the occurrence of hyperuricemia are unclear. METHODS: Specim...
 
Koki Kato   Tomohiro Mizuno   Takenao Koseki   Yoshimasa Ito   Kazuo Takahashi   Naotake Tsuboi   Shigeki Yamada   
Frontiers in pharmacology   13 803706-803706   2022年
Information on immune checkpoint inhibitor-induced vasculitides is limited, and predictors for this condition have not been identified. Therefore, we have examined the frequency of immune checkpoint inhibitor-induced vasculitides by analyzing the ...
 
Koki Kato   Tomohiro Mizuno   Takenao Koseki   Yoshimasa Ito   Masakazu Hatano   Kazuo Takahashi   Shigeki Yamada   Naotake Tsuboi   
IN VIVO   35(5) 2831-2840   2021年9月
Background/Aim: Concomitant proton pump inhibitor (PPI) and immune checkpoint inhibitor (ICPI) were determined as risk factors of acute kidney injury. To identify the type of PPI associated with ICPI-induced nephritis, we used the Japanese Adverse...
 
Masanori Nakanishi   Tomohiro Mizuno   Fumihiro Mizokami   Takenao Koseki   Kazuo Takahashi   Naotake Tsuboi   Michael Katz   Jeannie K Lee   Shigeki Yamada   
Journal of clinical pharmacy and therapeutics   46(1) 114-120   2021年2月
WHAT IS KNOWN AND OBJECTIVE: Hypertension (HTN) and chronic kidney disease (CKD) are recognized as silent killers because they are asymptomatic conditions that contribute to the burden of multiple comorbidities. The achievement of a blood pressure...

MISC

 
 
古関 竹直   
ファルマシア   57(3) 231-231   2021年3月
 
 
中林 哲夫   古関 竹直   
精神科治療学   30(11) 1515-1522   2015年11月
精神神経疾患領域の医薬品開発は活発であり、国際的にも数多くの臨床試験が実施されている。これまでの統合失調症の治療薬の開発は非定型抗精神病薬が中心であり、本邦においても数多くの非定型抗精神病薬が承認され治療の選択肢は拡大した。しかし、既存治療薬は、治療反応性や回復率(recovery rate)を大きく向上させたとまでは言えず、効果に限界があることが臨床的課題(unmet medical needs)の1つと言える。近年、統合失調症の認知機能障害(cognitive impairment a...
 
古関 竹直   中林 哲夫   
分子精神医学   15(4) 259-265   2015年10月
統合失調症治療薬の臨床開発は新たな作用機序の薬剤開発を中心に活発である。最近、グルタミン酸作動性神経系を標的とした薬剤がいくつか第III相試験に進み、新規作用機序の統合失調症治療薬として期待されたが、第III相試験で有効性が確認できずに開発中止に至っている。また、近年では統合失調症の認知機能障害に対する薬剤開発も盛んであるが、すでにいくつかの候補薬剤は開発中止に至るなどその開発は容易ではない。本稿ではこのような統合失調症治療薬の臨床開発状況を踏まえ、臨床試験計画および開発戦略の課題について...
 
古関 竹直   山田 成樹   鍋島 俊隆   
Cognition and Dementia   11(4) 320-325   2012年10月
豊から環境(EE)とは、大きなサイズのケージにランニングホイール、トンネル、シーソーなどのさまざまなオブジェクトを設置した環境のことを指し、EEで飼育された動物は運動や視覚・感覚機能の刺激により神経機能、認知機能が促進されることが多く報告されている。また、正常動物の認知機能の促進だけでなく、神経・精神疾患モデル動物に認められる認知機能障害も改善するとの報告が多数あることから、EEは認知機能の維持、促進、そして疾患治療および予防のツールとして期待できる。本稿では、EEの正常動物での神経機能お...

その他

 
 
医薬品開発(非臨床・臨床データパッケージ戦略)
 
 
特になし