メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 江崎 悠一
 

最終更新日時:

編集

江崎 悠一

 
アバター
研究者氏名江崎 悠一
 
エサキ ユウイチ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部
職名客員講師
科研費研究者番号60793693
ORCID ID0000-0001-5165-6171
J-Global ID202101019417935408

研究キーワード

 
疫学 ,睡眠 ,時間生物学 ,アクチグラフィ ,概日リズム ,光曝露 ,気分障害 ,双極性障害

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 精神神経科学 / 

学歴

 
 
 - 
2007年3月
藤田保健衛生大学 医学部 
 

受賞

 
2021年
日本精神神経学会, 国際学会発表賞(個人発表部門)
 
2021年
日本精神神経学会, 優秀発表賞
 
2020年
日本時間生物学会, 奨励賞
 
2020年
日本精神神経学会, 精神神経学雑誌投稿奨励賞
 
2019年
日本時間生物学会, 優秀ポスター賞
 

論文

 
 
Akari Fujita   Yuichi Esaki   Kenji Obayashi   Keigo Saeki   Kiyoshi Fujita   Nakao Iwata   Tsuyoshi Kitajima   
Journal of psychiatric research   145 190-196   2021年12月   [査読有り]
BACKGROUND: Sleep disturbance is a core feature of bipolar disorder; hence, sleep must be accurately assessed in patients with bipolar disorder. Subjective sleep assessment tools such as sleep diary and questionnaires are often used clinically for...
 
Yuichi Esaki   Kenji Obayashi   Keigo Saeki   Kiyoshi Fujita   Nakao Iwata   Tsuyoshi Kitajima   
Translational psychiatry   11(1) 525-525   2021年10月   [査読有り]
A significant proportion of patients with bipolar disorder experience mood episode relapses. We examined whether circadian activity rhythms were associated with mood episode relapses in patients with bipolar disorder. This prospective cohort study...
 
Yuichi Esaki   Kenji Obayashi   Keigo Saeki   Kiyoshi Fujita   Nakao Iwata   Tsuyoshi Kitajima   
Acta psychiatrica Scandinavica   143(4) 328-338   2021年4月   [査読有り]
OBJECTIVE: Light therapy has been suggested to have a curative effect on bipolar depression; however, preventive effects of light exposure on depressive episodes remain unclear. This study evaluated whether daytime light exposure in real-life situ...
 
Yuichi Esaki   Kenji Obayashi   Keigo Saeki   Kiyoshi Fujita   Nakao Iwata   Tsuyoshi Kitajima   
The Australian and New Zealand journal of psychiatry   55(3) 305-313   2021年3月   [査読有り]
OBJECTIVE: Sleep disturbance, a core feature of bipolar disorder, is associated with residual mood symptoms, mood episode recurrence and suicide ideation. We investigated the effect of evening light exposure on sleep in patients with bipolar disor...
 
Yuichi Esaki   Kenji Obayashi   Keigo Saeki   Kiyoshi Fujita   Nakao Iwata   Tsuyoshi Kitajima   
Physiology & behavior   230 113281-113281   2021年3月   [査読有り]
Obesity and overweight are highly prevalent in individuals with bipolar disorder and are associated with a risk of developing not only physical but also mental problems. The current study aimed to determine the association between bedroom light ex...

MISC

 
 
Yuichi Esaki   Kenji Obayashi   Keigo Saeki   Kiyoshi Fujita   Nakao Iwata   Tsuyoshi Kitajima   
BIPOLAR DISORDERS   23 48-48   2021年6月
 
江崎 悠一   
精神神経学雑誌   123(5) 241-247   2021年5月
近年,光曝露環境は大きな変化を遂げている.現代人の多くは,日中は屋内で過ごすために日中光曝露量が低下し,スマートフォン,タブレット,パソコンの使用によって夜間光曝露量が増加している.このような不適切な光曝露環境が人体に負の影響を及ぼすことが報告され始めている.他方,双極性障害は以前より光曝露との密接な関連が指摘されている.例えば,高照度光療法がうつ症状を改善させることや,暗闇療法が躁症状を改善させることが報告されている.しかし,現代社会における光曝露環境が双極性障害の病状にどのような影響を...
 
江崎 悠一   
時間生物学   27(1) 38-41   2021年5月
 
熊谷 怜子   廣瀬 真里奈   北島 剛司   江崎 悠一   山本 真太郎   小野 義明   寺部 基   舟橋 孝太   岩田 仲生   
不眠研究   2020 24-24   2021年3月
 
江崎 悠一   大林 賢史   佐伯 圭吾   藤田 潔   岩田 仲生   北島 剛司   
精神神経学雑誌   (2020特別号) S446-S446   2020年9月

所属学協会

 
 
   
 
日本睡眠学会
 
   
 
日本時間生物学会
 
   
 
日本精神神経学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
日常生活における光曝露環境が双極性障害の病状に及ぼす影響の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
江崎 悠一 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月