メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部総合医科学研究所研究支援推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部
> 医学部> 外科系> 脳卒中科 

脳卒中科

研究者リスト >> 松本 省二
 

最終確認日時:

編集

松本 省二

 
アバター
研究者氏名松本 省二
 
マツモト ショウジ
所属藤田医科大学病院
部署脳卒中科
職名教授
学位博士 (医学)(九州大学)
その他の所属九州大学
J-Global ID201801011682533471

経歴

 
2020年7月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 脳卒中科 教授 
 
2018年10月
 - 
2020年6月
藤田医科大学病院 脳卒中科 教授   
 
2018年4月
 - 
2018年9月
藤田保健衛生大学病院 脳卒中科 教授   
 
2016年10月
 - 
2018年3月
小倉記念病院 脳神経内科部長 脳卒中センター長   
 
2016年4月
 - 
2016年9月
小倉記念病院 脳神経外科部長 脳卒中センター長   
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1996年3月
富山医科薬科大学 医学部 医学科  
 

論文

 
 
松本 省二   安田 あゆ子   中原 一郎   小山 裕司   吉良 潤一   
日本内科学会雑誌   109(Suppl.) 181-181   2020年2月   [査読有り]
 
Koji Tanaka   Shoji Matsumoto   Konosuke Furuta   Takeshi Yamada   Sukehisa Nagano   Kei-Ichiro Takase   Taketo Hatano   Ryo Yamasaki   Jun-Ichi Kira   
Journal of thrombosis and thrombolysis      2019年12月   [査読有り]
Early neurological deterioration (END) following intravenous recombinant tissue plasminogen activator (rt-PA) treatment is a serious clinical event that can be caused by hemorrhagic or ischemic insult. We investigated the differences in predictive...
 
Koji Tanaka   Shoji Matsumoto   Konosuke Furuta   Takeshi Yamada   Sukehisa Nagano   Kei-Ichiro Takase   Taketo Hatano   Ryo Yamasaki   Jun-Ichi Kira   
Journal of thrombosis and thrombolysis      2019年11月   [査読有り]
The Alberta Stroke Program Early Computed Tomography Score (ASPECTS) is widely used for the assessment of early ischemic changes (EICs) before thrombolysis. However, for symptomatic intracerebral hemorrhage (sICH) following intravenous recombinant...
 
Koji Tanaka   Shoji Matsumoto   Takeshi Yamada   Sukehisa Nagano   Kei-Ichiro Takase   Taketo Hatano   Ryo Yamasaki   Jun-Ichi Kira   
Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   28(11) 104305-104305   2019年11月   [査読有り]
BACKGROUND: Intravenous recombinant tissue plasminogen activator (rt-PA) has become a common treatment for acute ischemic stroke and has highly time-dependent benefits. We aimed to clarify temporal trends regarding the frequency and characteristic...
 
松本 省二   小山 裕司   中原 一郎   石井 暁   波多野 武人   太田 剛史   古田 興之介   田中 弘二   須山 嘉雄   沖田 晋平   永田 泉   吉良 潤一   
脳血管内治療   4(Suppl.) S35-S35   2019年11月   [査読有り]

MISC

 
 
田中 弘二   古田 興之介   松本 省二   山田 猛   長野 祐久   高瀬 敬一郎   波多野 武人   山崎 亮   吉良 潤一   
臨床神経学   59(Suppl.) S292-S292   2019年11月   
 
田中 弘二   松本 省二   山田 猛   長野 祐久   高瀬 敬一郎   波多野 武人   山崎 亮   吉良 潤一   
臨床神経学   58(Suppl.) S228-S228   2018年12月   
 
田中 弘二   松本 省二   山田 猛   長野 祐久   高瀬 敬一郎   波多野 武人   山崎 亮   吉良 潤一   
臨床神経学   58(Suppl.) S228-S228   2018年12月   
 
田中 弘二   松本 省二   山田 猛   近藤 大祐   古賀 誉久   千原 英夫   波多野 武人   宮城 知也   山崎 亮   吉良 潤一   
Neurosonology   31(増刊) 82-82   2018年6月   
 
松本 省二   小山 裕司   青木 満   大橋 博明   徐 向陽   波多野 武人   永田 泉   吉良 潤一   
Neurosurgical Emergency   22(3) 267-267   2018年2月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2016年 - 2019年
 
研究期間: 2013年 - 2016年
 
研究期間: 2010年 - 2012年