メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 

医科学研究センター

研究者リスト >> 船橋 靖広
 

最終確認日時:

編集

船橋 靖広

 
アバター
研究者氏名船橋 靖広
 
フナハシ ヤスヒロ
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所
職名講師
学位博士(医学)(名古屋大学)
その他の所属名古屋大学大学院医学系研究科 神経情報薬理学講座
科研費研究者番号00749913
J-Global ID201101096079196642

研究キーワード

 
神経細胞 ,シグナル伝達 ,プロテオミクス ,情動 ,報酬 ,シナプス可塑性 ,グルタミン酸 ,遺伝子発現 ,ドーパミン ,記憶・学習 ,リン酸化 ,神経極性

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
藤田医科大学 総合医科学研究所 神経・腫瘍のシグナル解析プロジェクト研究部門 講師 
 
2016年4月
 - 
2020年3月
名古屋大学 大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 先端領域支援部門 助教 
 
2013年4月
 - 
2016年3月
名古屋大学大学院医学系研究科 附属神経疾患・腫瘍分子医学研究センター 研究員 
 

論文

 
 
Rijwan Uddin Ahammad   Tomoki Nishioka   Junichiro Yoshimoto   Takayuki Kannon   Mutsuki Amano   Yasuhiro Funahashi   Daisuke Tsuboi   Md Omar Faruk   Yukie Yamahashi   Kiyofumi Yamada   Taku Nagai   Kozo Kaibuchi   
Cells   11(1)    2021年12月
Protein phosphorylation plays critical roles in a variety of intracellular signaling pathways and physiological functions that are controlled by neurotransmitters and neuromodulators in the brain. Dysregulation of these signaling pathways has been...
 
Md Omar Faruk   Daisuke Tsuboi   Yukie Yamahashi   Yasuhiro Funahashi   You-Hsin Lin   Rijwan Uddin Ahammad   Emran Hossen   Mutsuki Amano   Tomoki Nishioka   Anastasios V Tzingounis   Kiyofumi Yamada   Taku Nagai   Kozo Kaibuchi   
Journal of neurochemistry      2021年12月
The nucleus accumbens (NAc) plays critical roles in emotional behaviors, including aversive learning. Aversive stimuli such as an electric foot shock increase acetylcholine (ACh) in the NAc, and muscarinic signaling appears to increase neuronal ex...
 
Anthony Ariza   Yasuhiro Funahashi   Sachi Kozawa   Md. Omar Faruk   Taku Nagai   Mutsuki Amano   Kozo Kaibuchi   
Journal of Neurochemistry   157(6) 1774-1788   2021年6月
 
Koki Nagaoka   Takuya Nagashima   Nozomi Asaoka   Hiroki Yamamoto   Chihiro Toda   Gen Kayanuma   Soni Siswanto   Yasuhiro Funahashi   Keisuke Kuroda   Kozo Kaibuchi   Yasuo Mori   Kazuki Nagayasu   Hisashi Shirakawa   Shuji Kaneko   
JCI insight   6(10)    2021年5月
Antipsychotics often cause tardive dyskinesia, an adverse symptom of involuntary hyperkinetic movements. Analysis of the US Food and Drug Administration Adverse Event Reporting System and JMDC insurance claims revealed that acetaminophen prevented...
 
Yasuhiro Funahashi   Takashi Watanabe   Kozo Kaibuchi   
Current opinion in cell biology   63 76-87   2020年2月   [査読有り]
Neurons are highly polarized cells that have structurally and functionally distinct processes called axons and dendrites. How neurons establish polarity is one of the fundamental questions of neuroscience. In the last decade, significant progress ...

書籍等出版物

 
 
中牟田 信一, 難波 隆志, 船橋 靖広, 貝淵 弘三(担当:共著)
第7巻 神経系 (岡野栄之・出澤真理 編) 朝倉書店   2012年      
 
船橋 靖広, 中牟田 信一, 難波 隆志, 貝淵 弘三(担当:共著)
生体の科学 医学書院   2012年      

所属学協会

 
 
   
 
日本生化学会
 
   
 
北米神経科学会
 
   
 
日本薬理学会
 
   
 
日本神経化学会
 
   
 
日本神経科学学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
グルタミン酸シグナルによる忌避学習・記憶の制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般)
船橋靖広 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2020年 - 2023年
 
研究期間: 2021年1月 - 2022年4月
 
カルシウム/Rhoシグナルによるシナプス可塑性の制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
船橋靖広 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
細胞内シグナルによる神経活動と情動行動・学習の制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究 (A)
貝淵弘三 永井拓 天野睦紀 黒田啓介 西岡朋生 船橋靖広 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月

学歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学大学院 医学系研究科 細胞情報医学専攻 博士課程