メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 

医科学研究センター

研究者リスト >> 船橋 靖広
 

最終確認日時:

編集

船橋 靖広

 
アバター
研究者氏名船橋 靖広
 
フナハシ ヤスヒロ
所属藤田医科大学
部署医科学研究センター 神経・腫瘍のシグナル解析プロジェクト研究部門
職名講師
学位博士(医学)(名古屋大学)
その他の所属精神・神経病態解明センター 細胞生物学部門, 名古屋大学大学院医学系研究科 神経情報薬理学講座
科研費研究者番号00749913
J-Global ID201101096079196642

研究キーワード

 
神経細胞 ,シグナル伝達 ,プロテオミクス ,リン酸化 ,ドーパミン ,情動 ,報酬 ,薬物依存 ,グルタミン酸 ,シナプス可塑性 ,記憶・学習 ,遺伝子発現 ,神経極性

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
藤田医科大学 医科学研究センター 神経・腫瘍のシグナル解析プロジェクト研究部門 講師   
 
2021年4月
 - 
現在
藤田医科大学 精神・神経病態解明センター 細胞生物学部門 (兼任) 講師 
 
2020年4月
 - 
現在
藤田医科大学 総合医科学研究所 神経・腫瘍のシグナル解析プロジェクト研究部門 講師 
 
2016年4月
 - 
2020年3月
名古屋大学 大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 先端領域支援部門 助教 
 
2013年4月
 - 
2016年3月
名古屋大学大学院医学系研究科 附属神経疾患・腫瘍分子医学研究センター 研究員 
 

受賞

 
2022年7月
藤田医科大学 医科学研究センター, 奨励賞
 

論文

 
 
Daisuke Tsuboi   Takeshi Otsuka   Takushi Shimomura   Md Omar Faruk   Yukie Yamahashi   Mutsuki Amano   Yasuhiro Funahashi   Keisuke Kuroda   Tomoki Nishioka   Kenta Kobayashi   Hiromi Sano   Taku Nagai   Kiyofumi Yamada   Anastasios V Tzingounis   Atsushi Nambu   Yoshihiro Kubo   Yasuo Kawaguchi   Kozo Kaibuchi   
Cell reports   40(10) 111309-111309   2022年9月
Dysfunctional dopamine signaling is implicated in various neuropsychological disorders. Previously, we reported that dopamine increases D1 receptor (D1R)-expressing medium spiny neuron (MSN) excitability and firing rates in the nucleus accumbens (...
 
Mengya Wu   Yasuhiro Funahashi   Tetsuya Takano   Emran Hossen   Rijwan Uddin Ahammad   Daisuke Tsuboi   Mutsuki Amano   Kiyofumi Yamada   Kozo Kaibuchi   
Neurochemical Research      2022年5月
 
Rijwan Uddin Ahammad   Tomoki Nishioka   Junichiro Yoshimoto   Takayuki Kannon   Mutsuki Amano   Yasuhiro Funahashi   Daisuke Tsuboi   Md Omar Faruk   Yukie Yamahashi   Kiyofumi Yamada   Taku Nagai   Kozo Kaibuchi   
Cells   11(1)    2021年12月
Protein phosphorylation plays critical roles in a variety of intracellular signaling pathways and physiological functions that are controlled by neurotransmitters and neuromodulators in the brain. Dysregulation of these signaling pathways has been...
 
Md Omar Faruk   Daisuke Tsuboi   Yukie Yamahashi   Yasuhiro Funahashi   You-Hsin Lin   Rijwan Uddin Ahammad   Emran Hossen   Mutsuki Amano   Tomoki Nishioka   Anastasios V Tzingounis   Kiyofumi Yamada   Taku Nagai   Kozo Kaibuchi   
Journal of neurochemistry   160(3) 325-341   2021年12月
The nucleus accumbens (NAc) plays critical roles in emotional behaviors, including aversive learning. Aversive stimuli such as an electric foot shock increase acetylcholine (ACh) in the NAc, and muscarinic signaling appears to increase neuronal ex...
 
Anthony Ariza   Yasuhiro Funahashi   Sachi Kozawa   Md. Omar Faruk   Taku Nagai   Mutsuki Amano   Kozo Kaibuchi   
Journal of Neurochemistry   157(6) 1774-1788   2021年6月

書籍等出版物

 
 
渡辺 崇, 柳 久乃, 船橋 靖広
Medical Technology 50(1) 64-68   2022年1月   
 
中牟田 信一, 難波 隆志, 船橋 靖広, 貝淵 弘三
第7巻 神経系 (岡野栄之・出澤真理 編) 朝倉書店   2012年      
 
船橋 靖広, 中牟田 信一, 難波 隆志, 貝淵 弘三
生体の科学 医学書院   2012年      

所属学協会

 
 
   
 
北米神経科学会
 
   
 
日本薬理学会
 
   
 
日本神経化学会
 
   
 
日本神経科学学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
多階層的解析を基盤とした薬物依存症の解明
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 脳とこころの研究推進プログラム(精神・神経疾患メカニズム解明プロジェクト): 
永井拓 船橋靖広 笠井淳司 吉本潤一郎 
研究期間: 2021年7月 - 2025年3月
 
グルタミン酸シグナルによる忌避学習・記憶の制御機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般)
船橋靖広 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2022年4月 - 2023年3月
 
研究期間: 2020年 - 2023年
 
研究期間: 2021年1月 - 2022年4月

学歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学大学院 医学系研究科 細胞情報医学専攻 博士課程