メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 

医科学研究センター

研究者リスト >> 萩原 英雄
 

最終確認日時:

編集

萩原 英雄

 
アバター
研究者氏名萩原 英雄
 
 
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~smedsci/
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 システム医科学
職名講師
学位博士(医学)(藤田保健衛生大学)
科研費研究者番号80514504
J-Global ID201101037600319555

プロフィール

モデル動物を活用した精神神経疾患の脳内中間表現型の解析

研究キーワード

 
遺伝子改変マウス ,うつ病 ,双極性障害 ,統合失調症 ,歯状回 ,海馬

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
藤田医科大学医療科学部 講師(兼任)   
 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学(大学の名称変更による) 総合医科学研究所システム医科学 講師 
 
2020年4月
 - 
2021年3月
藤田医科大学医療科学部 兼任准教授   
 
2016年9月
 - 
2018年9月
藤田保健衛生大学総合医科学研究所システム医科学 講師   
 

受賞

 
2017年4月
日本神経精神薬理学会, JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2017 Bali
萩原英雄 
 
2016年10月
藤田学園医学会奨励賞
萩原英雄 
 
2016年7月
日本神経精神薬理学会, JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2016 Seoul
萩原英雄 
 
2015年11月
日本神経精神薬理学会, JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2015 Taipei
萩原英雄 
 
2014年6月
日本神経精神薬理学会, JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2014 Vancouver
萩原英雄 
 

論文

 
 
Masayoshi Nagai   Kenji Iemura   Takako Kikkawa   Sharmin Naher   Satoko Hattori   Hideo Hagihara   Koh ichi Nagata   Hayato Anzawa   Risa Kugisaki   Hideki Wanibuchi   Takaya Abe   Kenichi Inoue   Kengo Kinoshita   Tsuyoshi Miyakawa   Noriko Osumi   Kozo Tanaka   
Brain Communications      2022年8月   [査読有り]
Abstract

CHAMP1 is a gene associated with intellectual disability, which was originally identified as being involved in the maintenance of kinetochore–microtubule attachment. To explore the neuronal defects caused by CHAMP1 deficiency, we establ...
 
Daiki X Sato   Yukiko U Inoue   Nahoko Kuga   Satoko Hattori   Kensaku Nomoto   Yuki Morimoto   Giovanni Sala   Hideo Hagihara   Takefumi Kikusui   Takuya Sasaki   Yuji Ikegaya   Tsuyoshi Miyakawa   Takayoshi Inoue   Masakado Kawata   
iScience   25(8) 104800-104800   2022年8月   [査読有り]
The human vesicular monoamine transporter 1 (VMAT1) harbors unique substitutions (Asn136Thr/Ile) that affect monoamine uptake into synaptic vesicles. These substitutions are absent in all known mammals, suggesting their contributions to distinct a...
 
Hiroko Kotajima-Murakami   Hideo Hagihara   Atsushi Sato   Yoko Hagino   Miho Tanaka   Yoshihisa Katoh   Yasumasa Nishito   Yukio Takamatsu   Shigeo Uchino   Tsuyoshi Miyakawa   Kazutaka Ikeda   
Frontiers in Psychiatry   13 821354-821354   2022年2月   [査読有り]
Autism spectrum disorder (ASD) is a neurodevelopmental disorder that is characterized by impairments in social interaction and restricted/repetitive behaviors. The neurotransmitter γ<italic>-</italic>aminobutyric acid (GABA) through GABAA</su...
 
Hideo Hagihara   Hirotaka Shoji   Hikari Otabi   Atsushi Toyoda   Kaoru Katoh   Masakazu Namihira   Tsuyoshi Miyakawa   
Cell Reports   37(2) 109820-109820   2021年10月   [査読有り]
 
Ryuichi Nakajima   Hideo Hagihara   Tsuyoshi Miyakawa   
Molecular brain   14(1) 135-135   2021年9月   [査読有り]
AIM: Experimental animals, such as non-human primates (NHPs), mice, Zebrafish, and Drosophila, are frequently employed as models to gain insights into human physiology and pathology. In developmental neuroscience and related research fields, infor...

MISC

 
 
中島龍一   服部聡子   萩原英雄   昌子浩孝   芳本玲   船坂哲平   FREESIA Huang   宮川剛   
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   50th    2020年
 
萩原英雄   宮川剛 他   
International Behavioural and Neural Genetics Society      2019年5月   
 
永井正義   永井正義   家村顕自   服部聡子   吉川貴子   萩原英雄   安澤隼人   木下賢吾   大隅典子   宮川剛   田中耕三   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   42nd    2019年
 
萩原英雄   
第41回 日本神経科学大会, 神戸      2018年7月   
 
萩原英雄   
The International College of Neuropsychopharmacology World Congress, Vienna      2018年6月   

講演・口頭発表等

 
 
萩原英雄   
文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成 先端モデル動物支援プラットフォーム 若手支援技術講習会   2020年9月   [招待有り]
 
萩原英雄   
6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology   2019年10月   [招待有り]
 
萩原英雄   
2018年度 遺伝研研究会   2018年9月   [招待有り]
 
萩原英雄   
つくばブレインサイエンスセミナー   2018年5月   [招待有り]
 
萩原英雄   
ConBio2017 (2017年度 生命科学系学会合同年次大会)   2017年12月   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2020年
 - 
現在
疾患モデル管理学
2020年
 - 
現在
生命科学特論II(大学院医学研究科)
2017年
 - 
現在
ヒト疾患モデル研究 (アセンブリ教育) (藤田医科大学)
 
   
 
人の行動と心理II (2017, 2018年度) (藤田医科大学医学部)

所属学協会

 
 
   
 
日本神経精神薬理学会
 
   
 
北米神経科学会
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
アジア神経精神薬理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
精神神経疾患モデル動物の包括的解析による疾患横断的脳内乳酸化タンパク質病態の抽出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
萩原 英雄 
研究期間: 2021年7月 - 2024年3月
 
脳のpH変化の機能的意義と分子メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
萩原 英雄 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
精神疾患モデルマウスにおけるアストロサイト成熟異常の分子機序と機能的意義の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
萩原 英雄 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
 
双方向性神経成熟度変化のメカニズム解明とその制御
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
宮川 剛 高雄 啓三 大平 耕司 萩原 英雄 小清水 久嗣 梅森 十三 
研究期間: 2013年10月 - 2018年3月
 
幼若期マウスで生じる神経細胞成熟異常の分子メカニズムと制御法の探索
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
萩原 英雄 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月

委員歴

 
2022年9月
 - 
現在
Frontiers in Behavioral Neuroscience Associate Editor
 
2022年4月
 - 
現在
病態モデル先端医学研究センター運営委員
 
2022年4月
 - 
現在
藤田医科大学  医学部広報委員
 
2021年4月
 - 
現在
藤田医科大学アセンブリ教育センター  アセンブリII運営委員会委員
 
2018年11月
 - 
現在
日本神経精神薬理学会 (The Japanese Society of Neuropsychopharmacology)  評議員
 

産業財産権

 
 
大西新   南本敬史   永井裕司   須原哲也   宮川剛   萩原英雄   

その他

 
 
第222回医学セミナー
 
 
大学院医学研究科・医学セミナー(第16回総医研•研究交流セミナー)
 
 
大学院医学研究科・医学セミナー(第8回総医研•研究交流セミナー)
 
 
BaseSpaceを活用したトランスクリプトームデータのバイオインフォマティクス解析

(Nakajima et al. Similarities of developmental gene expression changes in the brain between human and experimental animals: rhesus monkey, mouse, Zebrafish, and Drosophila. Molecular Brain. 2021.14(1):135;

Hagihara et al. Transcriptomic evidence for immaturity induced by antidepressant fluoxetine in the hippocampus and prefrontal cortex. Neuropsychopharmacology Reports. 2019. 39(2):78-89;

Murano et al. Transcriptomic immaturity inducible by neural hyperexcitation is shared by multiple neuropsychiatric disorders. Communications Biology. 2019. 2:32;

Hagihara et al. Transcriptomic evidence for immaturity of the prefrontal cortex in patients with schizophrenia. Molecular Brain. 2014. 7:41)