メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 佐藤 美信
 

最終更新日時:

編集

佐藤 美信

 
アバター
研究者氏名佐藤 美信
 
サトウ ハルノブ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 総合消化器外科学
職名教授
学位博士(医学)(藤田保健衛生大学)
科研費研究者番号50329736
ORCID ID0000-0003-4637-8853
J-Global ID200901029590935073

研究キーワード

 
消化器外科 ,一般外科 ,大腸外科 ,肛門外科

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 消化器外科学 / 
  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学 / 
  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学 / 

受賞

 
2017年
日本がん転移学会, 第26回日本がん転移学会学術総会優秀演題賞
佐藤美信 
 
2012年
日本外科系連合学会, 平成23年度日本外科系連合学会最優秀論文賞
佐藤美信 
 
2010年
日本外科系連合学会, 平成21年度日本外科系連合学会最優秀論文賞
佐藤美信 
 
2008年
日本がん転移学会, 第17回日本がん転移学会学術総会優秀演題賞
佐藤美信 
 
2003年
日本外科系連合学会, 第28回日本外科系連合学会学術集会優秀ポスター賞
佐藤美信 
 

論文

 
 
Harunobu Sato   Kotaro Maeda   Yusuke Kinugasa   Hiroyasu Kagawa   Shunsuke Tsukamoto   Keiichi Takahashi   Hiroaki Nozawa   Yasumasa Takii   Tsuyoshi Konishi   Yoshito Akagi   Takeshi Suto   Shigeki Yamaguchi   Heita Ozawa   Koji Komori   Masayuki Ohue   Junichiro Hiro   Seiichi Shinji   Kazuhito Minami   Tomoharu Shimizu   Kazuhiro Sakamoto   Kay Uehara   Hiroshi Takahashi   Kenichi Sugihara   
Colorectal disease : the official journal of the Association of Coloproctology of Great Britain and Ireland      2022年5月   [査読有り]
AIM: The surgical treatment of inguinal lymph node (ILN) metastases secondary to anorectal adenocarcinoma remains controversial. This study aimed to clarify the surgical treatment and management of ILN metastasis according to its classification. M...
 
Gaku Inaguma   Yosuke Tajima   Junichiro Hiro   Tsunekazu Hanai   Hidetoshi Katsuno   Koji Masumori   Yoshikazu Koide   Hiroshi Matsuoka   Tomoyoshi Endo   Tadahiro Kamiya   Yongchol Chong   Harunobu Sato   Kotaro Maeda   Ichiro Uyama   Koichi Suda   
Asian journal of endoscopic surgery      2021年12月   [査読有り]
Obesity has been considered a risk factor for postoperative complications following colorectal cancer surgery. However, the usefulness of a combination of intracorporeal anastomosis and preoperative weight reduction for severely obese patients wit...
 
Harunobu Sato   Koji Masumori   Yoshikazu Koide   Junichiro Hiro   Yosuke Tajima   Tadahiro Kamiya   Yeongcheol Cheong   Kunihiro Toyama   Koichi Suda   
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48(13) 1944-1946   2021年12月   [査読有り]
We reviewed clinical records of 73 cases with anal canal adenocarcinoma who underwent bilateral inguinal lymph node (ILN)dissection. Eleven patients with positive ILN metastasis(ILNM)were compared with 62 patients with negative ILNM in clinicopath...
 
Harunobu Sato   Kenjiro Kotake   Kotaro Maeda   Hirotoshi Kobayashi   Hiroshi Takahashi   Kenichi Sugihara   
Journal of the anus, rectum and colon   5(4) 355-365   2021年11月   [査読有り]
Objectives: This study aimed to explore the risk factors associated with cancer cell exfoliation in Stage II and III colorectal cancer (CRC). Methods: This multicenter, prospective, observational study targeted 1,698 patients with cStage II and II...
 
Harunobu Sato   Miho Shiota   Makoto Urano   Tetsuya Tsukamoto   Katsuyuki Honda   Kunihiro Toyama   Ichiro Uyama   
Clinical journal of gastroenterology   14(4) 1136-1141   2021年8月   [査読有り]
A variety of histologies is often mixed in neuroendocrine carcinoma (NEC) called mixed neuroendocrine-non-neuroendocrine neoplasm (MiNEN). However, tumors consisting of both large-cell NEC and squamous cell carcinoma (SCC) are rare. NEC of the lar...

MISC

 
 
鄭 栄哲   神谷 忠宏   田島 陽介   小出 欣和   升森 宏次   佐藤 美信   花井 恒一   宇山 一朗   廣 純一郎   須田 康一   
日本腹部救急医学会雑誌   41(5) 375-378   2021年7月
 
佐藤 美信   小出 欣和   遠山 邦宏   守瀬 善一   宇山 一朗   
癌と化学療法   47(13) 1753-1755   2020年12月   [査読有り]
腹膜反転部以下に腫瘍下縁を有し、根治度Aの手術を施行した直腸癌のうちstage II再発例(23例)をstage II無再発例(126例)と比較し、次にstage III再発例89例と比較した。多変量解析で男性と術前血清CA19-9高値がstage IIの再発危険因子であった。stage IIの初再発形式は局所の占める割合(47.8%)がstage III(29.2%)に比べて多い傾向にあった。stage II再発例の発見動機はstage IIIに比べて血清腫瘍マーカー値の割合が低かった。...
 
小出 欣和   前田 耕太郎   花井 恒一   佐藤 美信   升森 宏次   松岡 宏   勝野 秀稔   遠藤 智美   鄭 栄哲   蘆田 啓吾   田島 陽介   神谷 忠宏   宇山 一郎   
臨床外科   75(11) 220-224   2020年10月
<文献概要>直腸病変に対する,経肛門的切除術の術式選択は,肛門縁から5cm以下の病変では,従来法による経肛門的局所切除を行い,5cm以上の高位の病変にはminimally invasive transanal surgery(MITAS)による局所切除術を選択する.本稿では,これらの術式の縫合を中心に,手技の実際と工夫,コツなどについて概説する.
 
小出 欣和   前田 耕太郎   花井 恒一   佐藤 美信   升森 宏次   松岡 宏   蘆田 啓吾   田島 陽介   神谷 忠宏   鄭 栄哲   宇山 一郎   
外科   82(10) 1055-1059   2020年9月
<文献概要>ストーマ脱出は,ストーマ合併症の晩期合併症の一つであり,患者の生活の質(QOL)を著しく低下させうる疾患である.ストーマ脱出の病態は,過長な移動性のある腸管があって,ストーマと腹壁の間にある程度の大きさの間隙が存在し,その間隙に腹圧がかかるとストーマ脱出が引き起こされる.ストーマ脱出の手術治療法には,低侵襲の順に,(1)脱出腸管巾着縫縮法,(2)脱出腸管粘膜縫縮法,(3)Delorme変法,(4)ボタン固定法,(5)縫合器を用いた脱出腸管切除法,(6)脱出腸管腹壁固定法などの手...
 
水野 真広   佐藤 美信   島 寛太   中川 満   黒田 誠   赤松 北斗   花井 恒一   
日本消化器外科学会雑誌   53(9) 740-748   2020年9月   [査読有り]
症例は22歳の男性で,右下腹部痛を主訴に来院した.腹部造影CTで骨盤腔内に10cm大の腫瘤性病変と右水腎症を認め,右尿管と右外腸骨動静脈への浸潤が疑われた.Volume rendering画像で内腸骨動脈と回結腸動脈から腫瘍への多数の流入血管を認めた.CT下生検でデスモイド腫瘍と診断され腫瘍摘出術,回盲部,右尿管および右内外腸骨動静脈の合併切除,左右大腿動脈血管バイパス,尿路再建術,小腸結腸瘻造設を行うことで,剥離断端を確保し腫瘍を摘出した.病理組織学的検査所見では,腫瘍細胞は均一な紡錘形...

書籍等出版物

 
 
日本消化器外科学会, 消化器外科専門医テキスト制作委員会(担当:分担執筆, 範囲:肛門良性疾患)
日本消化器外科学会   2020年2月   (ISBN:9784991132100)
 
武藤, 徹一郎, 渡辺, 英伸, 杉原, 健一, 多田, 正大(担当:分担執筆, 範囲:StageⅡ大腸癌に対する補助化学療法-臨床試験からみたハイリスク因子)
日本メディカルセンター   2010年1月   (ISBN:4888751560)

講演・口頭発表等

 
 
神谷 忠宏   花井 恒一   佐藤 美信   升森 宏次   松岡 宏   小出 欣和   蘆田 啓吾   廣 純一郎   田島 陽介   鄭 栄哲   勝野 秀稔   遠藤 智美   前田 耕太郎   宇山 一朗   
日本外科学会定期学術集会抄録集   2021年4月   (一社)日本外科学会   
 
佐藤 美信   花井 恒一   升森 宏次   小出 欣和   蘆田 啓吾   田島 陽介   神谷 忠宏   鄭 栄哲   宇山 一朗   
日本外科学会定期学術集会抄録集   2021年4月   (一社)日本外科学会   
 
伊藤 綾香   鄭 栄哲   花井 恒一   佐藤 美信   升森 宏次   小出 欣和   蘆田 啓吾   廣 純一郎   松岡 宏   田島 陽介   神谷 忠弘   前田 耕太郎   宇山 一朗   
日本腹部救急医学会雑誌   2021年2月   (一社)日本腹部救急医学会   
 
川瀬 貴久   神谷 忠宏   花井 恒一   佐藤 美信   升森 宏次   松岡 宏   小出 欣和   蘆田 啓吾   廣 純一郎   田島 陽介   鄭 栄哲   勝野 秀稔   遠藤 智美   宇山 一郎   
日本腹部救急医学会雑誌   2021年2月   (一社)日本腹部救急医学会   
 
神谷 忠宏   花井 恒一   佐藤 美信   升森 宏次   松岡 宏   小出 欣和   蘆田 啓吾   廣 純一郎   田島 陽介   鄭 栄哲   勝野 秀稔   遠藤 智美   宇山 一朗   
日本腹部救急医学会雑誌   2021年2月   (一社)日本腹部救急医学会   

所属学協会

 
 
   
 
日本外科系連合学会
 
   
 
日本大腸肛門病学会
 
   
 
日本消化器外科学会
 
   
 
内痔核治療法研究会
 
   
 
大腸肛門機能障害研究会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
新規大腸がんモデル動物を用いたエストロゲンの大腸がん抑制メカニズム解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 科研費 基盤研究 (C)
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月