メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 

医科学研究センター

研究者リスト >> 昌子 浩孝
 

最終確認日時:

編集

昌子 浩孝

 
アバター
研究者氏名昌子 浩孝
 
ショウジ ヒロタカ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00466278
所属藤田医科大学
部署研究推進本部 総合医科学研究部門 医科学研究センター システム医科学研究部門
職名助教
学位行動科学(筑波大学)
科研費研究者番号00466278
J-Global ID201101086288639254

プロフィール

遺伝子改変マウスの行動解析を基点として精神疾患モデルマウスを確立し、精神疾患の脳内機序の解明を試みています。

研究キーワード

 
マウスモデル ,産後うつ ,うつ病 ,双極性障害 ,統合失調症 ,歯状回 ,海馬 ,遺伝子改変マウス ,精神疾患 ,遺伝-環境要因 ,母性・父性行動 ,脳・神経 ,加齢・老化 ,ストレス ,情動 ,行動解析

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 行動薬理学
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 行動神経科学
  • 人文・社会 / 実験心理学 / 動物心理学

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
藤田医科大学 研究推進本部 総合医科学研究部門 医科学研究センター システム医科学研究部門 助教   
 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学総合医科学研究所システム医科学研究部門 助教   
 
2013年4月
 - 
2018年9月
藤田保健衛生大学総合医科学研究所システム医科学研究部門 博士研究員   
 
2010年4月
 - 
2013年3月
藤田保健衛生大学総合医科学研究所システム医科学研究部門  CREST研究員 
 
2007年8月
 - 
2010年3月
国立長寿医療センター研究所老年病研究部  流動研究員 
 

受賞

 
2020年8月
Neuropsychopharmacology Reports (NPPR) Article Award 2020 (for the most cited article)
 
2019年10月
Neuropsychopharmacology Reports (NPPR) Article Award 2019 (for the most cited article)
 
2018年9月
Molecular Brain Award 2018 (for the most cited article)
 

論文

 
 
Hirotaka Shoji   Hiroshi Kunugi   Tsuyoshi Miyakawa   
Neuropsychopharmacology reports   42(1) 59-69   2022年3月
AIM: Capric acid (also known as decanoic acid or C10) is one of the fatty acids in the medium-chain triglycerides (MCTs) commonly found in dietary fats. Although dietary treatment with MCTs is recently of great interest for the potential therapeut...
 
Hideo Hagihara   Hirotaka Shoji   Hikari Otabi   Atsushi Toyoda   Kaoru Katoh   Masakazu Namihira   Tsuyoshi Miyakawa   
Cell reports   37(2) 109820-109820   2021年10月
Lactate has diverse roles in the brain at the molecular and behavioral levels under physiological and pathophysiological conditions. This study investigates whether lysine lactylation (Kla), a lactate-derived post-translational modification in mac...
 
Kazuo Nakajima   Mizuho Ishiwata   Adam Z Weitemier   Hirotaka Shoji   Hiromu Monai   Hiroyuki Miyamoto   Kazuhiro Yamakawa   Tsuyoshi Miyakawa   Thomas J McHugh   Tadafumi Kato   
Human molecular genetics   30(18) 1762-1772   2021年6月
A report of a family of Darier's disease with mood disorders drew attention when the causative gene was identified as ATP2A2 (or SERCA2), which encodes a Ca2+ pump on the ER membrane and is important for intracellular Ca2+ signaling. Recently, it ...
 
Hideo Hagihara   Hirotaka Shoji   Tsuyoshi Miyakawa et al   
bioRxiv      2021年2月
 
Hirotaka Shoji   Tsuyoshi Miyakawa   
Molecular Brain   14(1) 34-34   2021年2月   [査読有り]
<title>Abstract</title>The elevated plus maze test is a widely used test for assessing anxiety-like behavior and screening novel therapeutic agents in rodents. Previous studies have shown that a variety of internal factors and procedural variables...

MISC

 
 
 
中島龍一   服部聡子   萩原英雄   昌子浩孝   芳本玲   船坂哲平   FREESIA Huang   宮川剛   
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   50th    2020年
 
宮川 剛   昌子浩孝   
日本基礎心理学会 監修/坂上貴之, 河原純一郎, 木村英司, 三浦佳世, 行場次朗, 石金浩史 編 朝倉書店      2018年7月   
 
 
昌子浩孝   萩原英雄   高雄啓三   Noah M. WALTON   松本光之   宮川 剛   
基礎心理学研究   32(1) 101-119   2013年9月   
Maturation and integration of neurons and grial cells in the hippocampus is considered to be essential for regulating endocrine, affective, and congnitive functions, and the disruption of such process may cause mental illness. Previously, we have ...

講演・口頭発表等

 
 
昌子浩孝   
B6J Aged 研究会   2018年9月20日   

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
生命科学特論II (藤田医科大学)
2020年4月
 - 
現在
アセンブリ1 (藤田医科大学)

所属学協会

 
 
   
 
Society for Neuroscience
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
日本動物心理学会

学歴

 
2002年4月
 - 
2007年3月
筑波大学 人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻
 
1998年4月
 - 
2002年3月
筑波大学 第二学群人間学類 心理学専攻