メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 
> 医学部 

医学部

研究者リスト >> 伊藤 哲哉
 

最終更新日時:

編集

伊藤 哲哉

 
アバター
研究者氏名伊藤 哲哉
 
イトウ テツヤ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 医学科 小児科学
職名教授
学位博士(医学)(名古屋市立大学)
J-Global ID200901068397108270

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学 / 先天代謝異常症

論文

 
 
山下 大紀   村松 秀城   今屋 雅之   山森 彩子   若松 学   片岡 伸介   濱田 太立   谷口 理恵子   川島 希   西川 英里   成田 敦   奥野 友介   西尾 信博   小島 大英   中島 葉子   柘植 郁哉   中村 冨美子   酒井 好美   伊藤 哲哉   高橋 義行   
日本小児科学会雑誌   126(2) 281-281   2022年2月
 
Tomomi Kondoh   Yoko Nakajima   Katsuyuki Yokoi   Yuji Matsumoto   Hidehito Inagaki   Takema Kato   Yoichi Nakajima   Tetsuya Ito   Tetsushi Yoshikawa   Hiroki Kurahashi   
The Tohoku journal of experimental medicine   256(1) 37-41   2022年1月
Maturity-onset diabetes of the young (MODY) is a form of diabetes mellitus characterized by autosomal dominant inheritance, early onset, and the absence of pancreatic autoimmune markers. MODY-causing mutations have been identified in 14 genes, and...
 
Katsuyuki Yokoi   Yoko Nakajima   Toshihiro Yasui   Makoto Yoshino   Tetsushi Yoshikawa   Hiroki Kurahashi   Tetsuya Ito   
Human Genome Variation   8(1)    2021年12月
<title>Abstract</title>We report a case of a 13-year<bold>-</bold>old boy with arginase 1 deficiency carrying a new variant in <italic>ARG1</italic>. Sanger sequencing identified the compound heterozygous variants: NM_000045.4: c.365G&gt;A (p.Trp1...
 
佐々木 典子   中島 葉子   日比野 ゆかり   佐藤 労   伊藤 哲哉   大江 瑞恵   
日本先天代謝異常学会雑誌   37 153-153   2021年9月
 
Yasuhiko Ago   Hiroki Otsuka   Hideo Sasai   Elsayed Abdelkreem   Mina Nakama   Yuka Aoyama   Hideki Matsumoto   Ryoji Fujiki   Osamu Ohara   Kazumasa Akiyama   Kaori Fukui   Yoriko Watanabe   Yoko Nakajima   Hidenori Ohnishi   Tetsuya Ito   Toshiyuki Fukao   
Experimental and therapeutic medicine   20(5) 39-39   2020年11月
Mitochondrial 3-hydroxy-3-methylglutaryl-CoA synthase (HMGCS2) deficiency is a metabolic disorder caused by mutations in the HMGCS2 gene. The present study describes the identification of four cases of HMGCS2 deficiency in Japan. Hepatomegaly and ...

MISC

 
 
笹井 英雄   伊藤 哲哉   但馬 剛   中村 公俊   濱崎 考史   深尾 敏幸   松本 英樹   吾郷 耕彦   細川 淳一   藤木 亮次   小原 收   原 圭一   中島 葉子   小林 正久   市野井 那津子   坂本 修   城戸 淳   松本 志郎   小林 弘典   長谷川 有紀   
日本マス・スクリーニング学会誌   29(2) 198-198   2019年10月   
 
和田 陽一   菊池 敦生   市野井 那津子   坂本 修   岩澤 伸哉   竹澤 祐介   新堀 哲也   入月 浩美   中島 葉子   小川 えりか   石毛 美夏   平井 洋生   笹井 英雄   藤木 亮次   伊藤 哲哉   小原 收   青木 洋子   深尾 敏幸   呉 繁夫   
日本先天代謝異常学会雑誌   35 114-114   2019年9月   [査読有り]
 
神野 重光   池住 洋平   熊谷 直憲   近藤 朋実   横井 克幸   中島 葉子   伊藤 哲哉   吉川 哲史   西村 直子   
日本小児科学会雑誌   123(8) 1336-1336   2019年8月   
 
 
中島 葉子   前田 康博   伊藤 哲哉   
臨床薬理の進歩   (40) 131-139   2019年6月   
dihydropyrimidine dehydrogenase(DPD)欠損症患者のスクリーニング法として、肝臓におけるDPD活性と相関があるヒト末梢血リンパ球中DPDを用い、酵素反応後の生成物をUPLC-MS/MSで定量する方法について検討した。確立した定量法により、健常人9名と5-Fluorouracil(5-FU)投与患者17名のDPD活性を測定した。健常人のリンパ球を利用した酵素反応では、DHT生成量(平均値±標準偏差)は13.5±2.5pmol/4h/μg proteinであり、...

講演・口頭発表等

 
 
Tetsuya Ito   Sayaka Kato   Yoko Nakajima   
Society of Asia inborn rrors ofometabolism   2013年   
 
 
伊藤哲哉   
日本小児神経学会   2012年5月   

所属学協会

 
 
   
 
Society for the study of inborn errors of metabolism
 
   
 
日本マススクリーニング学会
 
   
 
日本小児科学会
 
   
 
日本先天代謝異常学会
 
   
 
日本医用マススペクトル学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月