メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 保健衛生学部> 基礎教育 

保健衛生学部 基礎教育

研究者リスト >> 三浦 惠二
 

三浦 惠二

 
アバター
研究者氏名三浦 惠二
 
 
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20199946
所属藤田医科大学
部署保健衛生学部 自然科学
職名講師
学位理学博士(名古屋大学)
科研費研究者番号20199946
J-Global ID201101052461367514

プロフィール

自己免疫疾患を対象に研究を行っています。 自己免疫疾患患者の血清を調べると、血管内皮細胞の細胞表面に結合する抗体(抗血管内皮細胞抗体;AECA)が高頻度で見つかってきます。細胞への抗体の結合が病態に直接関係してくると考えられ、結合している分子すなわち自己抗原を特定するための研究が行われてきました。徐々に見つかってきてはいるものの、まだまだ未知の自己抗原が多いと考えられます。それらの分子を特定し、病態との関連を解明すること、そして新たな診断法開発を目標にしています。 その基盤技術となる方法として、CSP-ELISA法を独自に開発し、特許を取得しています。(特開2014-081365)この方法により、立体構造が不安定になりやすい膜タンパク質と抗体との結合を検出することが可能になりました。膜タンパク質に対する抗体取得は、抗がん剤としての利用に繋がる可能性もあり、がん研究の分野での発展も目指しています。 教育では、保健衛生学部1年生を対象に生命科学と化学の講義を担当しています。生物学と化学は医療系専門科目につながる重要な基礎科学ですが、受験に生物や化学を選択しなかった学生もいるため、生物学や化学の基礎を確認しつつ、生命の不思議・おもしろさ・身の回りで起こる自然現象を話題に挙げ、生物であるヒトすなわち自分を見つめる機会にして欲しいと思っています。

研究キーワード

 
自己免疫疾患 ,自己抗体 ,自己抗原 ,細胞表面抗原 ,膜タンパク ,バイオマーカー ,診断法 ,抗血管内皮細胞抗体 ,血管内皮細胞 ,血管炎 ,全身性エリテマト-デス ,腎炎 ,混合性結合組織病 ,全身性強皮症

研究分野

 
  • その他 / その他 / 病態検査学
  • ライフサイエンス / 膠原病、アレルギー内科学 / 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
藤田医科大学 保健衛生学部基礎教育自然科学 講師 
 
2012年
 - 
2014年3月
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所  講師 
 
2007年
 - 
2012年
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所  助教 
 
1996年
 - 
2006年
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所  助手 
 

論文

 
 
Sumitomo-Kondo M   Ukai Y   Iba Y   Ohshima N   Miura K   Takasaki A   Kurosawa Y   Kurosawa G   
Biochemical and biophysical research communications   503(2) 1141-1147   2018年6月   [査読有り]
 
Ayako Kondo   Kazuo Takahashi   Tomohiro Mizuno   Akihiro Kato   Daisuke Hirano   Naoki Yamamoto   Hiroki Hayashi   Shigehisa Koide   Hiroshi Takahashi   Midori Hasegawa   Yoshiyuki Hiki   Shunji Yoshida   Keiji Miura   Yukio Yuzawa   
PLoS One   11(10) e0163085   2016年10月   [査読有り]
Anti-endothelial cell antibodies (AECA) are frequently detected in patients with systemic lupus erythematosus (SLE), but their pathological role remains unclear. We recently developed a solubilized cell surface protein capture enzyme-linked immuno...
 
近藤 亜矢子   高橋 和男   秋山 真一   林 宏樹   小出 滋久   富田 亮   長谷川 みどり   比企 能之   三浦 惠二   湯澤 由紀夫   
日本腎臓学会誌   55(3) 332-332   2013年4月   [査読有り]
 
Keiji Miura   Keiko Aoun   Shunji Yoshida   Yoshikazu Kurosawa   
JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS   382(1-2) 32-39   2012年8月   [査読有り]
This article describes a novel method for detecting anti-endothelial cell antibodies (AECAs). Sera from patients with systemic vasculitis or inflammatory conditions have been reported to contain antibodies (Abs) that bind to endothelial cells (EC)...
 
Gene Kurosawa   Naofumi Takamatsu   Masayoshi Takahashi   Mariko Sumitomo   Emi Sanaka   Kouji Yamada   Kazuhiro Nishii   Masaru Matsuda   Shuichi Asakawa   Hiroshi Ishiguro   Keiji Miura   Yoshikazu Kurosawa   Nobuyoshi Shimizu   Yuji Kohara   Hiroshi Hori   
GENE   376(2) 298-299   2006年7月   [査読有り]

MISC

 
 
市野 直浩   前野 芳正   南 一幸   村田 幸則   堀場 文彰   大田 真由美   柳田 隆正   三浦 惠二   鈴木 康司   齋藤 邦明   秋山 秀彦   松井 俊和   
臨床検査学教育   9(2) 156-162   2017年9月   
本学では建学以来、多職種連携教育プログラムとして「アセンブリ」を実施している。平成27年度より医学部医学科と医療科学部6学科の全7学科の2年生を対象として、チームワークと地域連携強化を意識したプロジェクト活動を実践するアセンブリIIを開始した。平成28年度は合計611名の学生を対象とし、各学科の学生で構成される混成チーム96チーム(5〜8名/1チーム)を編成して、学外にて地域連携やボランティア活動を行うプロジェクト、またキャンパス内あるいは大学病院内で多様な活動を支援するプロジェクトなど計...
 
市野 直浩   前野 芳正   南 一幸   村田 幸則   堀場 文彰   大田 真由美   柳田 隆正   三浦 惠二   鈴木 康司   齋藤 邦明   秋山 秀彦   松井 俊和   
臨床検査学教育   9(2) 156-162   2017年9月   
本学では建学以来、多職種連携教育プログラムとして「アセンブリ」を実施している。平成27年度より医学部医学科と医療科学部6学科の全7学科の2年生を対象として、チームワークと地域連携強化を意識したプロジェクト活動を実践するアセンブリIIを開始した。平成28年度は合計611名の学生を対象とし、各学科の学生で構成される混成チーム96チーム(5〜8名/1チーム)を編成して、学外にて地域連携やボランティア活動を行うプロジェクト、またキャンパス内あるいは大学病院内で多様な活動を支援するプロジェクトなど計...
 
岩田 洋平   三浦 惠二   小寺 雅也   吉田 俊治   田中 紅   矢上 晶子   松永 佳世子   
日本臨床免疫学会会誌   37(4) 378-378   2014年8月   
 
Takahashi Kazuo   Kondo Ayako   Hirano Daisuke   Akiyama Shinichi   Hayashi Hiroki   Koide Shigehisa   Hasegawa Midori   Yoshida Shunji   Hiki Yoshiyuki   Miura Keiji   Yuzawa Yukio   
NEPHROLOGY   19 149-149   2014年5月   
 
近藤 亜矢子   高橋 和男   平野 大介   水野 智博   飯田 忠行   秋山 真一   林 宏樹   小出 滋久   富田 亮   長谷川 みどり   比企 能之   吉田 俊治   三浦 惠二   湯澤 由紀夫   
日本腎臓学会誌   56(3) 311-311   2014年5月   

講演・口頭発表等

 
 
Ayako Kondo   Kazuo Takahashi   Tomohiro Mizuno   Daisuke Hirano   Shinichi Akiyama   Hiroki Hayashi   Shigehisa Koide   Hiroshi Takahashi   Midori Hasegawa   Yoshiyuki Hiki   Keiji Miura   Yukio Yuzawa   
American Society of Nephrology, Anuual Meeting   2014年11月13日   
 
Kazuo Takahasi   Ayako Kondo   Daisuke Hirano   Shinichi Akiyama   Hiroki Hayashi   Shigehisa Koide   Midori Hasegawa   Shunji Yoshida   Yoshiyuki, Hiki   Keiji Miura   Yukio Yuzawa   
American Society of Nephrology, Annual Meeting   2013年11月5日   
 
Keiji Miura   Ayako Kondo   Kazuo Takahashi   Daisuke Hirano   Yoshiyuki Hiki   Shunji Yoshida   Yukio Yuzawa   Yoshikazu Kurosawa   
American College of Rheumatology, Annual Meeting   2013年10月26日   
 
高橋和男   近藤亜矢子   比企能之   三浦惠二   湯澤由紀夫   
日本腎臓学会学術総会   2013年5月10日   
 
高橋和男   近藤亜矢子   平野大介   秋山真一   林宏樹   小出滋久   富田亮   長谷川みどり   吉田俊治   比企能之   三浦惠二   湯澤由紀夫   
日本腎臓学会学術総会   2013年5月10日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
生物学 (藤田保健衛生大学、医療科学部)
 
   
 
基礎科学実験(生物学) (藤田保健衛生大学・医療科学部)
 
   
 
化学 (藤田医科大学・保健衛生学部)
 
   
 
生命科学 (藤田医科大学・保健衛生学部)

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本生化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
自己免疫性腎炎の病態に関係する細胞表面上の自己抗原複合体の解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
三浦 惠二 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
ループス腎炎のバイオマーカーの同定と新たな診断法の開発
独立行政法人科学技術振興機構: A-STEP FSステージ 探索タイプ
三浦惠二 
研究期間: 2013年8月 - 2014年3月
 
脆弱な抗原性を示す細胞表面新奇自己抗原の解析と新たな自己抗体検査法の開発
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
三浦惠二 
研究期間: 2011年 - 2013年
 
研究期間: 2007年 - 2009年
 
新しい組織化学「酵素抗原法」の技術開発:組織切片において特異抗体産生細胞を染める
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
堤 寛 稲田 健一 鴨志田 伸吾 三浦 惠二 有沢 富康 
研究期間: 2006年 - 2007年

産業財産権

 
 
 
赤堀 泰   杉岡 篤   林 宣宏   森野 和彦   鈴木 和宏   森田 美和   黒澤 仁   住友 万里子   浜田 進   高崎 昭彦   森野 智幸   黒澤 良和   三浦 惠二   
 
赤堀 泰   杉岡 篤   林 宣宏   森野 和彦   鈴木 和宏   森田 美和   黒澤 仁   住友 万里子   浜田 進   高崎 昭彦   森野 智幸   黒澤 良和   三浦 惠二   
 
赤堀 泰   杉岡 篤   林 宣宏   森野 和彦   鈴木 和宏   森田 美和   黒澤 仁   住友 万里子   浜田 進   高崎 昭彦   森野 智幸   黒澤 良和   三浦 惠二   
 
窪田 哲朗   金井 芳之   三浦 惠二   黒沢 良和   粟屋 昭   

その他

 
 
細胞表面タンパクを抗原とする抗体を測定する方法(CSP-ELISA法)
自己抗体の中には、細胞表面の膜タンパクに結合するものがあり、病態を理解するためには標的抗原を同定して解析する必要がある。膜タンパクの抗原性を保持した形で抗原抗体反応を検出する方法がCSP-ELISA法であり、それを利用することで疾患の新たなバイオマーカーの同定が可能になる。国内特許取得済(特許6327662)
*本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは、藤田医科大学産学連携推進センター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで