メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 基礎> 解剖学Ⅰ 

医学部 解剖学Ⅰ

研究者リスト >> 八幡 直樹
 

最終更新日時:

編集

八幡 直樹

 
アバター
研究者氏名八幡 直樹
 
ヤハタ ナオキ
URL
所属藤田医科大学
部署医学部 解剖学I
職名講師
学位博士(理学)(大阪大学)
科研費研究者番号60450607
J-Global ID200901060668151915

研究キーワード

 
TALEN ,蛋白質 ,電子伝達 ,ミトコンドリア ,アルツハイマー病 ,神経変性疾患 ,iPS細胞

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 生物物理学 / 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
藤田医科大学 医学部 解剖学I  
 
2013年6月
   
 
藤田保健衛生大学 医学部 解剖学I  
 
2010年4月
   
 
京都大学 iPS細胞研究所   
 
2009年12月
   
 
京都大学 物質-細胞統合システム拠点 iPS細胞研究センター   
 
2006年4月
   
 
国立精神・神経センター 神経研究所   
 

学歴

 
2002年
 - 
2005年
大阪大学大学院 理学研究科 生物科学専攻
 
2000年
 - 
2002年
横浜国立大学大学院 工学研究科 物質工学専攻
 
1997年
 - 
2000年
横浜国立大学 工学部 物質工学科
 

受賞

 
2018年10月
藤田学園医学会, 奨励賞
八幡 直樹 
 

論文

 
 
Naoki Yahata   Hiroko Boda   Ryuji Hata   
Molecular therapy. Methods & clinical development   20 54-68   2021年3月
Various mitochondrial diseases, including mitochondrial encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes (MELAS), are associated with heteroplasmic mutations in mitochondrial DNA (mtDNA). Herein, we refined a previously generated G13513A ...
 
Tsuneyoshi Seki   Motoi Kanagawa   Kazuhiro Kobayashi   Hisatomo Kowa   Naoki Yahata   Kei Maruyama   Nobuhisa Iwata   Haruhisa Inoue   Tatsushi Toda   
The Journal of biological chemistry   295(11) 3678-3691   2020年3月   [査読有り]
Alzheimer's disease (AD) is the most common type of dementia, and its pathogenesis is associated with accumulation of β-amyloid (Aβ) peptides. Aβ is produced from amyloid precursor protein (APP) that is sequentially cleaved by β- and γ-secretases....
 
関 恒慶   金川 基   小林 千浩   古和 久朋   八幡 直樹   丸山 敬   岩田 修永   井上 治久   戸田 達史   
Dementia Japan   33(4) 516-516   2019年10月   [査読有り]
 
関 恒慶   金川 基   小林 千浩   古和 久朋   八幡 直樹   丸山 敬   岩田 修永   井上 治久   戸田 達史   
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回 [2T17m-02]   2019年9月   [査読有り]
 
Naoki Yahata   Yuji Matsumoto   Minoru Omi   Naoki Yamamoto   Ryuji Hata   
SCIENTIFIC REPORTS   7 15557   2017年11月   [査読有り]
Induced pluripotent stem cells (iPSCs) are suitable for studying mitochondrial diseases caused by mitochondrial DNA (mtDNA) mutations. Here, we generated iPSCs from a patient with mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke...

MISC

 
 
Tsuneyoshi Seki   Motoi Kanagawa   Kazuhiro Kobayashi   Hisatomo Kowa   Naoki Yahata   Kei Maruyama   Nobuhisa Iwata   Haruhisa Inoue   Tatsushi Toda   
NEUROLOGY   94(15)    2020年4月
 
八幡直樹   
藤田学園医学会誌   43(1) 15-18   2019年12月   
 
岩田 修永   松尾 和哉   森田 知樹   渡辺 かおり   八田 大典   浅井 将   八幡 直樹   近藤 孝之   井上 治久   関 恒慶   小林 千浩   戸田 達史   城谷 圭朗   
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [2P-355]   2016年9月   
 
関恒慶   小林千浩   八幡直樹   浅井将   岩田修永   井上治久   戸田達史   
55th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology, Fukuoka.      2014年5月   
 
浅井 将   中野 梨絵   荒木 希   渡邊 かおり   八幡 直樹   関 恒慶   小林 千浩   戸田 達史   城谷 圭朗   井上 治久   岩田 修永   
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   86回 3S15a-3   2013年9月   

書籍等出版物

 
 
八幡直樹, 井上治久(担当:分担執筆, 範囲:iPS細胞作製技術を利用した神経疾患病因機構の解明と創薬開発への取り組み)
メディカルドゥ   2012年      
 
八幡直樹, 井上治久(担当:分担執筆, 範囲:人工多能性幹細胞(iPS細胞))
日本臨牀社   2011年      

講演・口頭発表等

 
 
八幡 直樹   
第20回日本ミトコンドリア学会年会   2021年12月9日   [招待有り]
 
八幡 直樹   帽田   仁子 秦 龍二   
日本ゲノム編集学会 第6回大会   2021年6月17日   
 
八幡 直樹   
第126回日本解剖学会総会・全国学術集会 第98回日本生理学会大会 合同大会   2021年3月30日   
 
八幡直樹   松本祐嗣   尾身 実   山本直樹   秦 龍二   
第18回日本ミトコンドリア学会年会   2018年12月8日   
 
八幡直樹   松本祐嗣   尾身 実   山本直樹   秦 龍二   
日本ゲノム編集学会 第3回大会   2018年6月20日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
人体の構造II (藤田医科大学)
 
   
 
人体の構造I (藤田医科大学)
 
   
 
解剖学B (藤田保健衛生大学)
 
   
 
解剖学A (藤田保健衛生大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本ゲノム編集学会
 
   
 
日本解剖学会
 
   
 
日本再生医療学会
 
   
 
北米神経科学学会
 
   
 
日本神経科学学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ゲノム編集技術を駆使したミトコンドリアDNA変異iPS細胞病態モデルの確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
iPS細胞を用いたミトコンドリア病病態発症閾値の解明学術研究助成基金助成金:若手研究B
八幡 直樹 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
研究期間: 2019年
 
2013年度第23回研究助成
堀科学芸術振興財団: 
八幡 直樹 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
 
アルツハイマー病患者iPS細胞由来コリン作動性神経の解析学術研究助成基金助成金:若手研究B
八幡 直樹 
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月

その他

 
 
特になし
 
 
変異ミトコンドリアDNAを標的としたTALEN(変異ミトコンドリアDNAの割合を改変する部位特的変異ヌクレアーゼ。Yahata et al. Sci Rep. 7:15557, 2017; Mol Ther Methods Clin Dev. 20:54-68, 2021)
*本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進センター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで