メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター研究統括監理部

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 

医科学研究センター

研究者リスト >> 貝淵 弘三
 

最終確認日時:

編集

貝淵 弘三

 
アバター
研究者氏名貝淵 弘三
 
カイブチ コウゾウ
URL
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所
職名所長
学位医学(神戸大学)
J-Global ID200901055799485238

プロフィール

成長因子やホルモン、神経伝達物質などの細胞外シグナルは、G蛋白質や蛋白質リン酸化酵素(キナーゼ)などの細胞内シグナル分子を介して種々の細胞活動や生理機能、高次脳機能を制御する。また、これらのシグナルネットワークは、癌や循環器疾患、内分泌疾患、精神・神経疾患等の病態に密接に関与していると考えられている。貝淵教授は、低分子量G蛋白質Rhoの標的蛋白質であるRho-キナーゼを発見し、細胞骨格、収縮、運動、接着、極性を制御するシグナル伝達機構の解明に貢献してきた。また、Rho-キナーゼが狭心症や肺高血圧症、脳血管攣縮などの病態に関与することを見出し、これら平滑筋の異常収縮を伴う疾患の新たな治療法開発への道を開いた(ファスジル:商品名エリル)。近年、Rho-キナーゼ阻害薬(リパスジル:商品名グラナテック)が緑内障の治療薬として上市された。一方、Rho-キナーゼの脳内基質としてCRMP-2 を同定し、CRMP-2が神経細胞の軸索伸長と極性形成を制御することを明らかにし、神経細胞の極性形成機構の分野でブレークスルーを果たした。近年、Rho-キナーゼを含む任意のリン酸化酵素(キナーゼ)の基質を同定するために、新たなリン酸化プロテオミクス法(KISS法、KIOSS法等)を開発した。この方法を駆使して、ドーパミンやアセチルコリンなどの神経伝達物質の下流で惹起されるリン酸化反応を包括的に解析し、ドーパミンが低分子量G蛋白質Rap1を活性化して快情動行動を促進する仕組みを明らかにした。

研究キーワード

 
cardiovascular diseases ,psychiatric diseases ,neuroscience ,cell adhesion ,cytoskeleton ,Cell polarity

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 
  • ライフサイエンス / 機能生物化学 / 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
藤田医科大学・総合医科学研究所  所長 
 
2000年4月
 - 
2021年3月
名古屋大学大学院・医学系研究科  教授 
 
1994年4月
 - 
2000年3月
奈良先端科学技術大学院大学・バイオサンエンス研究科  教授 
 
1992年
 - 
1993年
神戸大学 医学部  助教授 
 
1991年
   
 
神戸大学 医学部・生化学第一  助教授 
 

受賞

 
2017年11月
日本国政府, 紫綬褒章,生化学および細胞生物学分野への貢献
貝淵弘三 
 
2015年3月
日本薬理学会, 江橋節郎賞
 
2011年5月
中日新聞社, 中日文化賞
 
2009年9月
日本神経科学会, 時實利彦記念賞
 
2008年3月
読売新聞, 読売東海医学賞
 

論文

 
 
Yasuhiro Funahashi   Takashi Watanabe   Kozo Kaibuchi   
Current opinion in cell biology   63 76-87   2020年2月   [査読有り]
Neurons are highly polarized cells that have structurally and functionally distinct processes called axons and dendrites. How neurons establish polarity is one of the fundamental questions of neuroscience. In the last decade, significant progress ...
 
Yasuhiro Funahashi   Anthony Ariza   Ryosuke Emi   Yifan Xu   Wei Shan   Ko Suzuki   Sachi Kozawa   Rijwan Uddin Ahammad   Mengya Wu   Tetsuya Takano   Yoshimitsu Yura   Keisuke Kuroda   Taku Nagai   Mutsuki Amano   Kiyofumi Yamada   Kozo Kaibuchi   
Cell reports   29(10) 3235-3252   2019年12月   [査読有り]
Dopamine (DA) activates mitogen-activated protein kinase (MAPK) via protein kinase A (PKA)/Rap1 in medium spiny neurons (MSNs) expressing the dopamine D1 receptor (D1R) in the nucleus accumbens (NAc), thereby regulating reward-related behavior. Ho...
 
Mutsuki Amano   Tomoki Nishioka   Daisuke Tsuboi   Keisuke Kuroda   Yasuhiro Funahashi   Yukie Yamahashi   Kozo Kaibuchi   
Journal of biochemistry   165(4) 301-307   2019年4月   
Accumulating information on eukaryotic protein phosphorylation implies a large and complicated phospho-signalling network in various cellular processes. Although a large number of protein phosphorylation sites have been detected, their physiologic...
 
Xinjian Zhang   Taku Nagai   Rijwan Uddin Ahammad   Keisuke Kuroda   Shinichi Nakamuta   Takashi Nakano   Naoto Yukinawa   Yasuhiro Funahashi   Yukie Yamahashi   Mutsuki Amano   Junichiro Yoshimoto   Kiyofumi Yamada   Kozo Kaibuchi   
Neurochemistry international   122 8-18   2019年1月   
Medium spiny neurons (MSNs) expressing dopamine D1 receptor (D1R) or D2 receptor (D2R) are major components of the striatum. Stimulation of D1R activates protein kinase A (PKA) through Golf to increase neuronal activity, while D2R stimulation inhi...
 
Tetsuya Takano   Mengya Wu   Shinichi Nakamuta   Honda Naoki   Naruki Ishizawa   Takashi Namba   Takashi Watanabe   Chundi Xu   Tomonari Hamaguchi   Yoshimitsu Yura   Mutsuki Amano   Klaus M. Hahn   Kozo Kaibuchi   
NATURE COMMUNICATIONS   8(1) 33   2017年6月   
A long-standing question in neurodevelopment is how neurons develop a single axon and multiple dendrites from common immature neurites. Long-range inhibitory signaling from the growing axon is hypothesized to prevent outgrowth of other immature ne...

MISC

 
 
髙野哲也   貝淵弘三   
医学のあゆみ 細胞の極性化がもたらす生命現象   268(6)    2019年2月   
 
永井 拓   貝淵 弘三   山田 清文   
分子精神医学   18(1) 29-35   2018年1月   
依存性薬物を摂取すると側坐核を含む線条体でドパミンが大量に放出される。線条体にはドパミンD1受容体(D1R)とドパミンD2受容体(D2R)を発現する異なる2種類の中型有棘細胞が存在する。ドパミンはD1Rを刺激してプロテインキナーゼA(PKA)を活性化し、D2Rの刺激は逆にPKAを抑制する。PKAの下流では中型有棘細胞の興奮性や可塑性などの機能を担うシグナル分子のリン酸化や転写調節を介して薬物依存症に認められる報酬関連行動が惹起される。本稿ではドパミン神経伝達に関連する細胞内シグナルとしてP...
 
中井 剛   永井 拓   王 蕊   山田 真之亮   黒田 啓介   貝淵 弘三   山田 清文   
日本薬理学雑誌   141(3) 21P-21P   2013年3月   
 
船橋靖広   中牟田信一   難波隆志   貝淵弘三   
生体の科学   63(3) 152-162   2012年6月   

所属学協会

 
 
   
 
日本神経科学会
 
   
 
日本細胞生物学会
 
   
 
日本薬理学会