メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部
教養基礎内科学内科系外科学外科系寄付講座共同研究講座
医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター
> 医学部> 基礎> 微生物学 

医学部 微生物学

研究者リスト >> 塚本 健太郎
 

最終確認日時:2018/10/17 10:13

編集

塚本 健太郎

 
アバター
研究者氏名塚本 健太郎
 
Tsukamoto Kentaro
所属藤田医科大学
部署医学部 微生物学講座
職名講師
学位博士(獣医学)(大阪府立大学)
科研費研究者番号80434596
J-Global ID201301004212130288

研究キーワード

 
BafA ,血管新生 ,VEGF ,猫ひっかき病 ,バルトネラ ,ガングリオシド ,ボツリヌス神経毒素 ,ボツリヌス菌 ,細菌 ,P19 ,Clostridium botulinum ,細菌毒素

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学(現・藤田医科大学) 医学部 講師 
 
2007年4月
 - 
2010年3月
藤田保健衛生大学 医学部 助教 
 
2006年4月
 - 
2007年3月
藤田保健衛生大学 医学部 助手 
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2006年3月
大阪府立大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻 博士課程
 
1995年4月
 - 
2001年3月
大阪府立大学 農学部 獣医学科
 
1991年4月
 - 
1994年3月
大阪府立北野高等学校  
 

委員歴

 
2021年5月
 - 
現在
藤田医科大学  共用試験運営委員
 
2017年2月
 - 
現在
藤田医科大学  組換えDNA実験安全委員
 
2011年10月
 - 
現在
日本細菌学会中部支部  評議員
 
2017年4月
 - 
2020年3月
藤田医科大学  アセンブリ教育センター 活動推進室員
 
2015年4月
 - 
2018年3月
藤田保健衛生大学医学部  ブラッシュアップ委員
 

受賞

 
2020年10月
学校法人 藤田学園, ふじた産学連携奨励賞,「細菌が産生する血管新生因子の発見とその実用化に向けた検討」
塚本 健太郎 
 
2009年8月
毒素シンポジウム, 毒素シンポジウム奨励賞,「ボツリヌス神経毒素重鎖C末端領域の脂質受容体に対する結合活性」
塚本 健太郎 
 

論文

 
 
Kentaro Tsukamoto   Naoaki Shinzawa   Akito Kawai   Masahiro Suzuki   Hiroyasu Kidoya   Nobuyuki Takakura   Hisateru Yamaguchi   Toshiki Kameyama   Hidehito Inagaki   Hiroki Kurahashi   Yasuhiko Horiguchi   Yohei Doi   
Nature Communications   11(1)    2020年7月   [査読有り]

MISC

 
 
塚本 健太郎   亀山 俊樹   山口 央輝   鈴木 匡弘   堀口 安彦   土井 洋平   
日本細菌学雑誌   73(1) 112-112   2018年2月   
 
塚本 健太郎   亀山 俊樹   山口 央輝   鈴木 匡弘   堀口 安彦   土井 洋平   
日本細菌学雑誌   73(1) 112-112   2018年2月   
 
塚本健太郎   亀山俊樹   山口央輝   鈴木匡弘   堀口安彦   土井洋平   
日本細菌学雑誌(Web)   73(1)    2018年
 
塚本健太郎   尾関千賀子   幸田知子   辻孝雄   
日本細菌学雑誌   70(1) 225   2015年2月   
 
塚本健太郎   尾関千賀子   幸田知子   辻孝雄   
トキシンシンポジウム予稿集   61st 98-100   2014年8月   

講演・口頭発表等

 
 
塚本 健太郎   
第94回日本細菌学会総会   2021年3月24日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
統合基礎医学 (藤田医科大学)
 
   
 
アセンブリⅡ (藤田医科大学)
 
   
 
アセンブリⅠ (藤田医科大学)
 
   
 
読書ゼミナール (藤田医科大学)
 
   
 
微生物学(実習) (藤田医科大学)

所属学協会

 
2019年6月
 - 
現在
日本分子生物学会
 
   
 
日本獣医学会
 
   
 
毒素シンポジウム
 
   
 
日本細菌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
バルトネラ由来新規分泌タンパク質BafAによる血管新生促進機構の解明と創薬応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
塚本 健太郎 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
細菌性血管新生因子BafAによるVEGF受容体活性化機構の解明
公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団: 第35回基礎医学医療研究助成金
研究期間: 2020年10月 - 2021年9月
 
バルトネラ属細菌が産生する血管新生促進因子BafAの受容体探索
大阪大学微生物病研究所: 平成31年度大阪大学微生物病研究所共同研究課題
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
 
バルトネラ由来新規オートトランスポーターに応答す る宿主因子の解析
大阪大学微生物病研究所: 平成30年度大阪大学微生物病研究所共同研究課題
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月

その他

 
 
① タンパク質の徐放技術
②人工臓器やオルガノイド構築技術
③mRNA医薬品の設計
④虚血モデルにおける血流改善効果検証
*本研究ニーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進セン
ター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで
 
 
① 細菌由来VEGF様血管新生因子の創薬利用(バルトネラ属細菌から発見された血管新生因子BafAを血流改善の治療や再生医療などに応用)。日本特許出願済み。関連論文:Nature Communications 2020, https://www.nature.com/articles/s41467-020-17391-2)
*本研究シーズに関する産学共同研究の問い合わせは藤田医科大学産学連携推進セン
ター(fuji-san@fujita-hu.ac.jp)まで
 

教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

 
 
 

その他教育活動上特記すべき事項