メニュー/MENU

お知らせ・マニュアル全教員検索医学部医療科学部保健衛生学部研究推進本部サージカルトレーニングセンター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  小分類 

医科学研究センター

研究者リスト >> 倉橋 浩樹
 

最終確認日時:

編集

倉橋 浩樹

 
アバター
研究者氏名倉橋 浩樹
 
クラハシ ヒロキ
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~genome/mg/
所属藤田医科大学
部署総合医科学研究所 分子遺伝学研究部門
職名教授
学位医学博士(大阪大学)
科研費研究者番号30243215
J-Global ID200901098214871015

プロフィール

ヒト生殖細胞系列の染色体異常(トリソミーなどの異数体、転座や欠失・重複などの構造異常)の発生メカニズムの研究をしています。非B型DNA(十字架型DNA、グアニン四重鎖など)と染色体機能との関連にも興味があります。臨床に近い分野では、次世代シーケンスによる着床前診断の開発研究を行っています。バックグラウンドは小児科医で、現在は大学病院・臨床遺伝科で、染色体異常症や不妊・習慣流産、出生前診断、着床前診断などの遺伝カウンセリングもおこなっています。大学院遺伝カウンセラー養成課程で人材育成も行っています。

研究キーワード

 
PGT-M ,PGT-SR ,PGT-A ,着床前診断 ,グアニン四重鎖 ,非B型DNA ,異数体 ,異数性 ,習慣流産 ,PATRR ,染色体構造異常 ,不育症 ,不妊症 ,染色体再構成 ,反復配列 ,t(11;22) ,回文配列 ,十字架型 ,パリンドローム ,22q11 ,染色体転座 ,切断点 ,染色体欠失

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学 / 
  • ライフサイエンス / 医化学 / 

経歴

 
2003年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学(現・藤田医科大学) 総合医科学研究所  教授 
 
2001年7月
 - 
2003年3月
大阪大学 医学(系)研究科(研究院)  助手 
 
1998年9月
 - 
2001年6月
フィラデルフィア小児病院  研究員 
 
1991年9月
 - 
1998年8月
大阪大学 医学部  助手 
 

受賞

 
2007年1月
愛知県医師会, 難病研究者表彰
倉橋浩樹 
 

論文

 
 
Hikari Yoshizawa   Haruki Nishizawa   Hidehito Inagaki   Keisuke Hitachi   Akiko Ohwaki   Yoshiko Sakabe   Mayuko Ito   Kunihiro Tsuchida   Takao Sekiya   Takuma Fujii   Hiroki Kurahashi   
Journal of clinical medicine   11(15)    2022年8月
BACKGROUND: FLT1 is one of the significantly overexpressed genes found in a pre-eclamptic placenta and is involved with the etiology of this disease. METHODS: We conducted genome-wide expression profiling by RNA-seq of placentas from women with pr...
 
Yui Shichiri   Yoshimi Kato   Hidehito Inagaki   Takema Kato   Naoko Ishihara   Masafumi Miyata   Hiroko Boda   Arisa Kojima   Misa Miyake   Hiroki Kurahashi   
Congenital anomalies      2022年6月
GATA4 is known to be a causative gene for congenital heart disease, but has also now been associated with disorders of sexual development (DSD). We here report a pathogenic variant of GATA4 in a 46,XY DSD patient with an atrial septal defect, iden...
 
奥野 桜子   藤江 里衣子   河村 理恵   倉橋 浩樹   大江 瑞恵   佐藤 労   
日本遺伝カウンセリング学会誌   43(2) 137-137   2022年6月
 
Kaori Maruwaka   Yoko Nakajima   Takaharu Yamada   Taihei Tanaka   Rika Kosaki   Hidehito Inagaki   Kenjiro Kosaki   Hiroki Kurahashi   
American journal of medical genetics. Part A      2022年3月
Noonan syndrome-like disorder with loose anagen hair (NSLH) is a rare disease characterized by typical features of Noonan syndrome with additional findings of relative or absolute macrocephaly, loose anagen hair, and a higher incidence of intellec...
 
Yoshinari Muto   Hitomi Sasaki   Makoto Sumitomo   Hidehito Inagaki   Maki Kato   Takema Kato   Shunsuke Miyai   Hiroki Kurahashi   Ryoichi Shiroki   
Human genome variation   9(1) 5-5   2022年2月
Tuberous sclerosis complex (TSC) is an autosomal dominant disease caused by loss-of-function mutations in either of two tumor suppressor genes, TSC1 and TSC2. These mutations lead to the growth of benign tumors and hamartomas in many organs, inclu...

MISC

 
 
加藤武馬   杉本岳   倉橋浩樹   
BIO Clinica   36(2) 108-112   2021年2月
 
倉橋浩樹   
遺伝子医学35号   11(1) 55-61   2021年1月   [招待有り]
 
倉橋浩樹   
遺伝子医学35号   11(1) 18-19   2021年1月   [招待有り]
 
七里由衣   加藤武馬   倉橋浩樹   
産科と婦人科   88(1) 45-51   2021年1月   [招待有り]
 
倉橋浩樹   
IASR   41(12) 220-221   2020年12月   [査読有り][招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
臨床遺伝学 (藤田保健衛生大学医学部)

所属学協会

 
 
   
 
日本産科婦人科遺伝診療学会
 
   
 
日本産科婦人科学会
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本小児遺伝学会
 
   
 
日本遺伝カウンセリング学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
染色体微細欠失重複症候群の包括的診療体制の構築
厚生労働科学研究費補助金: 難治性疾患政策研究事業
倉橋浩樹 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
希少未診断疾患に対する診断プログラムの開発に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 難治性疾患実用化研究事業
水澤英洋 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
ヒト疾患を招く性染色体ゲノム脆弱性決定因子の解明
科学研究費補助金: 基盤研究B
深見真紀 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
がん領域における臨床ゲノム情報データストレージの整備に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業
堀部敬三 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
不育症の原因解明、予防治療に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 成育疾患克服等総合研究事業
齋藤 滋 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  理事
 
2015年8月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  GMRC制度委員会
 
2015年4月
 - 
現在
日本小児遺伝学会  評議委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  認定遺伝カウンセラー制度委員会委員
 
2014年1月
 - 
現在
Journal of Human Genetics,  Assiciate Editor
 

その他

 
 
(1)1分子レベルでのt(11;22)(q23;q11.2)転座の検出
(2)習慣流産炉関連するANXA5プロモーター多型の解析