メニュー/MENU

お知らせ全教員検索医学部医療科学部総合医科学研究所産学連携推進センター研究支援推進センター

研究者業績検索

 
研究分野絞り込み大分類  中分類 
> 総合医科学研究所 

総合医科学研究所

研究者リスト >> 倉橋浩樹
 

最終確認日時:

編集

倉橋浩樹

 
アバター
研究者氏名倉橋浩樹
 
クラハシヒロキ
ハンドルkura
eメールkurafujita-hu.ac.jp
URLhttp://www.fujita-hu.ac.jp/~genome/mg/
所属藤田保健衛生大学
部署総合医科学研究所 分子遺伝学研究部門
職名教授
学位医学博士(大阪大学)
科研費研究者番号30243215

プロフィール

ヒト生殖細胞系列の染色体異常(トリソミーなどの異数体、転座や欠失・重複などの構造異常)の発生メカニズムの研究をしています。非B型DNA(十字架型DNA、グアニン四重鎖など)のエピジェネティックな機能に興味があります。また、産婦人科との共同研究で、次世代シーケンスによる着床前診断・着床前スクリーニングの開発研究を行っています。バックグラウンドは小児科医で、現在は遺伝カウンセリング室で、染色体異常症や不妊・習慣流産、出生前診断、着床前診断などの診療もおこなっています。大学院遺伝カウンセラー養成課程で人材育成も行っています。

研究キーワード

 
着床前スクリーニング , 着床前診断 , 非B型DNA , グアニン四重鎖 , 異数体 , 異数性 , 習慣流産 , 染色体欠失 , 切断点 , 染色体転座 , 22q11 , パリンドローム , 十字架型 , 回文配列 , t(11;22) , 反復配列 , 染色体再構成 , 不妊症 , 不育症 , 染色体構造異常 , PATRR

研究分野

 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 
  • 基礎医学 / 人類遺伝学 / 
  • 内科系臨床医学 / 小児科学 / 

経歴

 
2003年4月
 - 
現在
藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 教授
 
2001年7月
 - 
2003年3月
大阪大学 医学(系)研究科(研究院) 助手
 
1998年9月
 - 
2001年6月
フィラデルフィア小児病院 研究員
 
1991年9月
 - 
1998年8月
大阪大学 医学部 助手
 

受賞

 
2007年1月
愛知県医師会 難病研究者表彰
 

論文

 
Nakae S, Kato T, Murayama K, Sasaki H, Abe M, Kumon M, Kumai T, Yamashiro K, Inamasu J, Hasegawa M, Kurahashi H, Hirose Y
Oncotarget   8(49) 84729-84742   2017年10月   [査読有り]
Rinaldi VD, Bolcun-Filas E, Kogo H, Kurahashi H, Schimenti JC
Molecular cell   67(6) 1026-1036.e2   2017年9月   [査読有り]
Kawamura Y, Ohye T, Miura H, Ihira M, Kato Y, Kurahashi H, Yoshikawa T
The Journal of general virology   98(7) 1823-1830   2017年7月   [査読有り]
Azuma Y, Töpf A, Evangelista T, Lorenzoni PJ, Roos A, Viana P, Inagaki H, Kurahashi H, Lochmüller H
Neurology. Genetics   3(3) e152   2017年6月   [査読有り]
Nagasaka M, Taniguchi-Ikeda M, Inagaki H, Ouchi Y, Kurokawa D, Yamana K, Harada R, Nozu K, Sakai Y, Mishra SK, Yamaguchi Y, Morikoka I, Toda T, Kurahashi H, Iijima K
Journal of human genetics      2017年4月   [査読有り]
Inoue Y, Sakamoto Y, Sugimoto M, Inagaki H, Boda H, Miyata M, Kato H, Kurahashi H, Okumoto T
The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association      2017年1月   [査読有り]
Kato M, Kato T, Hosoba E, Ohashi M, Fujisaki M, Ozaki M, Yamaguchi M, Sameshima H, Kurahashi H
Human genome variation   4 17021   2017年   [査読有り]
Kato T, Ouchi Y, Inagaki H, Makita Y, Mizuno S, Kajita M, Ikeda T, Takeuchi K, Kurahashi H
Cytogenetic and genome research   153(1) 1-9   2017年   [査読有り]
Kohmoto T, Okamoto N, Naruto T, Murata C, Ouchi Y, Fujita N, Inagaki H, Satomura S, Okamoto N, Saito M, Masuda K, Kurahashi H, Imoto I
Molecular cytogenetics   10 15   2017年   [査読有り]
Tsutsumi M, Yokoi S, Miya F, Miyata M, Kato M, Okamoto N, Tsunoda T, Yamasaki M, Kanemura Y, Kosaki K, Saitoh S, Kurahashi H
European journal of human genetics : EJHG   24(12) 1702-1706   2016年12月   [査読有り]

Misc

 
出生前診断におけるマイクロアレイ検査とNGS
加藤武馬、西澤春紀、倉橋浩樹
産婦人科の実際   66(4) 497-502   2017年4月   [依頼有り]
乳癌遺伝カウンセリングに関する患者意識調査―遺伝カウンセリングの普及をめざして―
岡村春江、村田 透、佐藤 労、藤井正宏、不破嘉崇、田中顕一郎、大瀬戸久美子、倉橋浩樹
乳癌の臨床   32(2) 167-172   2017年2月
ゲノム医療の現状と遺伝カウンセリング
倉橋浩樹
日本血栓止血学会誌   28(1) 9-15   2017年1月   [依頼有り]
染色体異常発生のメカニズム
宮﨑純、西澤春紀、倉橋浩樹
産科と婦人科   84(1) 49-54   2017年1月   [依頼有り]
遺伝カウンセリングって何?
倉橋浩樹
難病と在宅ケア   22(1) 57-59   2016年4月   [依頼有り]
【先天異常症候群】 ピンポイント小児医療 染色体異常の発生メカニズム
加藤 武馬, 稲垣 秀人, 堤 真紀子, 倉橋 浩樹
小児内科   47(10) 1813-1815   2015年10月   [依頼有り]
<Key Points>(1)染色体異常は数的異常と構造異常に分けられる。(2)数的異常は母親由来が多く、構造異常は父親由来が多い。(3)卵子形成過程で第一減数分裂の停止期間が長いことが、数的異常は女性由来が多く、加齢により頻度が増加する原因である。(4)精子形成過程で精原細胞の分裂回数が多いことが、構造異常や遺伝子変異は父親由来が多い原因である。(著者抄録)
【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 先天異常/先天奇形 染色体異常・先天奇形症候群 11/22混合トリソミー(Emanuel症候群)
大江 瑞恵, 倉橋 浩樹
日本臨床   別冊(神経症候群IV) 370-372   2014年9月   [依頼有り]
【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 先天異常/先天奇形 染色体異常・先天奇形症候群 Cat eye症候群
大江 瑞恵, 倉橋 浩樹
日本臨床   別冊(神経症候群IV) 400-403   2014年9月   [依頼有り]
【遺伝子医療の現状とゲノム医療の近未来】 ゲノム医療を支える技術開発 ゲノム構造解析の変革
稲垣 秀人, 倉橋 浩樹
医学のあゆみ   250(5) 331-335   2014年8月
ゲノム構造解析の主体は顕微鏡下での観察によるG分染法やFISH解析からマイクロアレイ解析に移行し、微細なコピー数変動が高感度に検出できるようになった。マイクロアレイ解析は、新しいゲノム疾患の同定や、構造異常の発生メカニズムの解明に貢献したが、その一方で、ゲノムコピー数の量的解析という性質上、均衡型の構造異常が検出できず、用途が限定される。次世代シーケンス(NGS)技術は定量と定性が同時に可能であるという利点があり、マイクロアレイを凌駕する可能性を秘めている。近年、染色体破砕現象のような構造...
家族性腫瘍における遺伝子診断の問題点
大江瑞恵、倉橋浩樹
日本外科学会雑誌   115(1) 34-38   2014年1月   [依頼有り]
染色体異常の発生メカニズムと生物の多様性
堤真紀子,倉橋浩樹
こころの科学,遺伝子診断の未来と罠   28-33   2014年9月
宮村 浩徳、西澤 春紀、宇田川 康博、倉橋 浩樹
検査と技術   39(11) 1042-1044   2011年10月   [依頼有り]
産婦人科臨床で扱われる染色体異常
西山 幸江、西澤 春紀、大江 瑞恵、宇田川 康博、倉橋 浩樹
産婦人科の実際   60(9) 1277-1285   2011年9月   [依頼有り]
絨毛検査で偶然見つかり切断点の解析を必要とした胎児t(11;22)新生転座
大江 瑞恵, Livija Medne, Beverly S. Emanuel, 倉橋 浩樹
日本遺伝カウンセリング学会誌   31(3) 169-173   2010年12月
大江 瑞恵, 倉橋 浩樹
小児科   51(4) 443-450   2010年4月
ここまでわかった染色体異常症の発生メカニズム
倉橋浩樹、大江瑞恵、ボロル・ハスバイラ、加藤武馬
小児内科   41(6) 919-925   2009年6月   [依頼有り]
染色体転座が精子に多い人,少ない人
加藤 武馬, 倉橋 浩樹
実験医学   24(9) 1318-1321   2006年9月   [依頼有り]
単一遺伝子疾患
谷口 真理子, 倉橋 浩樹
日本臨床   63 Suppl 12 57-63   2005年12月   [査読有り]
ゲノム解析の方法論 〜ポストゲノムと呼ばれる時代を迎えて〜
稲垣 秀人, 倉橋 浩樹
腎と骨代謝   17(1) 7-19   2004年1月

担当経験のある科目

 
  • 臨床遺伝学 (藤田保健衛生大学医学部)

所属学協会

 
日本産科婦人科遺伝診療学会 , 日本産科婦人科学会 , 日本分子生物学会 , 日本小児遺伝学会 , 日本遺伝カウンセリング学会 , 日本小児科学会 , ヨーロッパ人類遺伝学会 , アメリカ人類遺伝学会 , 日本人類遺伝学会

競争的資金等の研究課題

 
がん領域における臨床ゲノム情報データストレージの整備に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 堀部敬三
不育症の原因解明、予防治療に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 成育疾患克服等総合研究事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 齋藤 滋
マイクロアレイ染色体検査でみつかる染色体微細構造異常症候群の診療ガイドラインの確立
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 倉橋浩樹
全染色体解析による着床前診断実用化プロジェクト
独立行政法人科学技術振興機構(JST): 医療研究開発推進事業費補助金(橋渡し研究加速ネットワークプログラム)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 倉橋浩樹
小児科・産科領域疾患の大規模遺伝子解析ネットワークとエビデンス解析拠点整備
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 松原洋一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 倉橋 浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 倉橋 浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 倉橋 浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究, 特定領域研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 倉橋 浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 倉橋 浩樹
エマヌエル症候群の疾患頻度とその自然歴の実態調査
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 大江瑞恵
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 倉橋浩樹
エマヌエル症候群の疾患頻度とその自然歴の実態調査
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 大江瑞恵
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1998年 - 1998年    代表者: 倉橋浩樹, 三好康雄
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 小山公美子
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 倉橋浩樹
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 西庄勇, 西圧勇
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 西庄勇
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1994年    代表者: 倉橋浩樹

委員歴

 
2015年10月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  理事
 
2015年8月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  GMRC制度委員会
 
2015年4月
 - 
現在
日本小児遺伝学会  評議委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  認定遺伝カウンセラー制度委員会委員
 
2014年1月
 - 
現在
Journal of Human Genetics,  Assiciate Editor
 
2013年11月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  臨床細胞遺伝学セミナー実行委員
 
2012年7月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  臨床細胞遺伝学認定士制度委員
 
2008年11月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  遺伝医学セミナー実行委員
 
2008年2月
 - 
現在
Clinical Genetics, Editorial Board
 
2007年1月
 - 
現在
日本人類遺伝学会  Journal of Human Genetics編集委員
 

その他

 
教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

2004年〜2005年「統合基礎医学」、2006年〜「臨床遺伝学」の講義をM2の学生に対し行い、基礎医学の講義でありながら、遺伝カウンセリングや疾患を中心とした内容でおこない、学生の評判は良かった。

2009年〜 医学研究科分子医学系専攻の大学院生のための分子生物学技術セミナーを開講

2013年〜 医学研究科大学院生のための分子生物学技術講座を開講

2014年〜 保健学研究科大学院、認定遺伝カウンセラー養成課程を開講
作成した教科書、教材、参考書

2011年〜 300人規模で毎年行われる遺伝医学セミナーのテキストを作成している。
教育方法・教育実践に関する発表、講演等

2012年〜 日本人類遺伝学会・臨床細胞遺伝学認定士制度委員として、染色体検査に携わる人材育成・知識や技術の向上などの教育に関する活動を行っている。
その他教育活動上特記すべき事項

藤田保健衛生大学大学院・保健学研究科・臨床検査学領域に遺伝カウンセリング分野を新規開設し、2014年度に開講した。